2008年07月31日

宮城・松島「ホテル海風土」と「ホテル絶景の館」8/5から温泉利用

 宮城県の松島町にある「ホテル海風土」と「ホテル絶景の館」が2008年8月5日から温泉の利用を開始する。7月30日付の河北新報が伝えた。

 1月時点の報道によると、泉質はナトリウム−炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉で泉温は50.6度。湧出量は毎分約227リットル。「ホテル海風土」を経営する仙台急行が掘削し、「ホテル絶景の館」にも同時に温泉を供給する。「松島センチュリーホテル」は9月から温泉の利用を開始する。3軒の公式サイトには7月30日現在、温泉の導入に関する情報は掲載されていない。

 これとは別に、「松島一の坊」も温泉の掘削に成功した。泉温は53.3度、湧出量は1日当たり145トンあるという。泉質は明らかにされていない。2009年1月にも利用を開始する見通し。

【過去の関連記事】
宮城・松島「ホテル海風土」7月にも温泉導入(2008年1月19日)
宮城・松島で温泉掘削工事開始−ホテル海風土などで利用へ(2007年8月22日)

2008年07月23日

福島・鏡石「ホテルまるなか」8/15閉館−経営代わり改装オープンへ

 個人的にはすごくショックなニュース。B級(いや、失礼ながらC級かも)の施設にA級の温泉の組み合わせで多くの温泉マニアに愛されてきた福島県鏡石町の「不動温泉ホテルまるなか」が2008年8月15日で閉館する(写真は2006年3月撮影)。

 現地で閉館の張り紙を見たYさんからお知らせのメールをもらい、7月22日に電話で直接確認したところ「他の人が営業を引き継いで続ける」とのこと。ただし、改装工事の期間など詳細は決まっていないため、リニューアルオープンの時期は全く分からないそうだ。「料金は今と同じわけにはいかないだろう」とのことだった。そりゃそうだ。

 ホテルまるなかの公式サイトには7月22日現在、閉館のお知らせは掲載されていない。あと3週間余りのうちにもう一度行っておかなくては。急げ鏡石へ! (ただし万人向きの施設ではないので、事前にネットで情報を調べて納得した上でお出かけになることを強くお勧めする)

 Yさん、情報をどうもありがとうございました。ひょっとしたらこのブログではなく本家サイトの読者の方かもしれませんが、勝手にお名前を頭文字にした上で情報を利用させてもらいました。



【追記】8月2日に現地で話を聞いたところ、新しい経営者は1カ月半程度かけてリニューアル工事を予定しているらしいとのこと。うまくいけば10月には新経営者の下で営業を再開する可能性がありそうだ。

2008年07月14日

山形市・温泉付スポーツジム「ラ・ヴィータ」7月14日オープン

 山形県山形市に2008年7月14日、天然温泉を備えたメディカルフィットネスクラブ「ラ・ヴィータ」がオープンする。ビジター利用の可否や温泉の詳細は不明。

【住所】山形県山形市清住町2−3−51

【電話】023−647−3401

【泉質】ナトリウム−塩化物・硫酸塩温泉

【公式サイト】http://www.mf-lavita.jp/ 

2008年07月08日

【岩手・宮城内陸地震】宮城・鳴子温泉の損失5億2000万円に

 大崎市の鳴子温泉旅館組合(約70軒加盟)は、2008年6月14日に起きた岩手・宮城内陸地震に伴う損失が波及効果を含めて5億2000万円に達したと見積もっている。2008年7月8日付の毎日新聞が大崎市災害復旧本部の発表を伝えた。

 地震発生後の宿泊予約のキャンセルは1117件、5196人分に達した。旅館組合に加盟していない施設も30軒ほどあり、実際の被害はさらに大きいとみられている。鳴子温泉郷観光協会の公式サイトによると、すべての旅館・ホテルは通常通り営業中。

 これとは別に7月8日付の河北新報が伝えたところによると、鳴子温泉の7−9月の宿泊予約は例年に比べ4割も落ち込んでいる。

2008年07月02日

宮城・秋保の郷ばんじ家(旧ホールサムインばんじ)7月2日オープン

 宮城県仙台市の秋保温泉に2008年7月2日、「秋保の郷ばんじ家」がオープンした。6月29日に閉館した健康保険保養施設「ホームサムインばんじ」が生まれ変わった。

 オープンを記念して7月31日まで1泊2食付6387円からの特別料金で宿泊できる。詳細は下記リンク先の公式サイトを参照。

 ホームサムインばんじは年金・健康保険福祉施設生理機構(RFO)が4月28日に実施した入札で1億8000万円で落札されていた。RFOは落札者の名前を発表していないが、ホームサムインばんじ閉館のお知らせには、従来から食事の提供や清掃、館内の保守警備などを担当していた株式会社ビルワーク(仙台市太白区)が経営することが書かれている。

【参考】秋保の郷ばんじ家の公式サイト 

(注)当サイトは「秋保の郷ばんじ家」とは何の関係もありません。問い合わせ・予約は直接「秋保の郷ばんじ家」に連絡してください。

2008年06月30日

宮城・鳴子「早稲田桟敷湯」7/1-25休業、7/28-30無料開放

 宮城県鳴子温泉にある日帰り入浴施設「早稲田桟敷湯」が2008年7月1日から24日までメンテナンスのため休業し、7月28日から30日まで無料開放される。

 無料開放は「早稲田桟敷湯」の10周年と、桟敷湯の前身の「早稲田湯」の60周年記念イベントの一環。無料開放期間と同じ7月28日から30日にかけてJR東日本が仙台−鳴子温泉駅間で「早稲田湯60周年記念号」を運行させるほか、早稲田大学の現役学生による様々なイベントも計画されている。

 さらに7月28日午後4時からは早稲田大理工学部石山修武教授の講演(演題不明)、7月30日午後2時からはツムラライフサイエンス賞品開発部石澤太市氏による「温泉の効果をヒントにしたモノづくり」についての講演が予定されている。

【参考】鳴子温泉郷観光協会の公式サイト

宮城・鳴子こけしのイラストコンテスト実施中−賞品はペア宿泊券など

 宮城県大崎市の鳴子温泉で鳴子こけしをイメージしたキャラクターを募集する「鳴子温泉こけしイラストコンテスト」が実施されている。主催は鳴子温泉旅館組合女性委員会。

 大賞に選ばれると賞金5万円と鳴子温泉ペア宿泊券がもらえる。優秀賞はゆきむすび新米10キロと鳴子のペア宿泊券、佳作はゆきむすび新米5キロと鳴子こけしで、各賞とも1名ずつ3名に贈られる。

 作品テーマは鳴子こけしをイメージしたキャラクターで、はがきサイズ以上A4版までの大きさの用紙に作画して郵送する。送り先など詳しい応募要項は下記リンク先を参照。締め切りは2008年8月20日(必着)で結果発表は8月25日。9月7日に全国こけし祭り会場にて表彰がある。

 イラストコンテストの情報は屋代さんに教えてもらいました。どうもありがとうございました。

【参考】鳴子温泉こけしイラストコンテストの情報ページ

2008年06月28日

【岩手・宮城内陸地震】宮城・鳴子「弁天閣」地震前に湯量増加

 宮城県大崎市の鳴子温泉にある「旅館弁天閣」の源泉湧出が、2008年6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震前に大幅に増えていたことが明らかになった。6月28日付の河北新報が伝えた。

 報道によると、毎分70リットルの湧出量が地震前日の13日には通常の1.5倍に増加。さらに地震直後には2倍に膨らみ、湯の濁りもみられた。湯量は16日から徐々に減少し、現在は通常に戻っている。

 地震直後の湯量増加は周辺のほかの温泉でも見られ、川渡温泉の越後屋旅館では地震直後に湯が真っ黒になって量も2割ほど増え、10日ほどで元に戻ったという。

 地震のあとで湯が濁ったり色が変わるという話はよく聞くが、今回の地震は発生前に源泉温の上昇や低下がみられた温泉の話も伝えられている。

【過去の関連記事】
地震1カ月前から周辺温泉の泉温が変化(2008年6月20日)

2008年06月26日

【岩手・宮城内陸地震】宮城・湯ノ倉「湯栄館再開は困難」と国交省

 岩手・宮城内陸地震後による土砂崩れでせき止められた川の増水で水没した宮城県湯ノ倉温泉の「湯栄館」について、国土交通省東北地方整備局は2008年6月26日、周辺の水をすべて抜くのは困難と指摘した上で「同じ場所での旅館再開は難しい」との見方を示した。6月26日付の読売新聞が伝えた。

 せき止められている水を排出するための排水路は完工までに2年近くかかる上、たとえ水位が下がっても旅館は3メートルほど水につかったままになる見通しだという。時事通信も「湯ノ倉温泉、営業再開は絶望的」と伝えている。残念でならない。

2008年06月23日

山形市・八百坊温泉が2年半ぶり営業再開−6月末まで300円

 山形県山形市にある日帰り温泉「健康天然温泉八百坊(はっぴゃくぼう)」が2008年6月4日、約2年半ぶりに営業を再開していた(写真は休業中の2008年4月に撮影したもの)。

 2階に新たに女性専用の個室岩盤浴ができたそうだ。利用は入浴料・バスタオル・作衣・水込みで2000円。入浴だけの料金は大人500円、子ども200円で、大人料金は6月いっぱいリニューアルオープン記念で300円になっている。営業時間は午前6時半から午後11時まで。

 4月に様子を見に行った際には「新装開店準備のため休業中」という張り紙があるだけで、特に作業をしている様子もなかったため再開は難しいのだろうと思っていた。長期休業を経ての再開、何はともあれめでたい。

 源泉名は以前の「八百坊温泉」から「福神T」に変わり、泉質もナトリウム−硫酸塩・塩化物泉(従来は単純温泉)に変わっている。従来とは違う源泉を利用している様子だ。

 八百坊の営業再開はテツさんから寄せられ、八百坊に直接確認しました。情報提供ありがとうございました。

【八百坊の公式サイト】http://www.happyakubou.com/

2008年06月20日

【岩手・宮城内陸地震】船井総研が被災施設にノウハウ事例集を無料提供

 船井総合研究所の温浴チームは岩手・宮城内陸地震で被災した温浴施設に対し業績アップのためのノウハウ事例集を無料提供している。

 無料提供の対象になるのは宮城県と岩手県の被災施設で、メールで申し込むと「集客・客単価100事例テキスト」がもらえる。詳細は下記リンク先を参照。

 船井総研温浴チームからメールにて直接お知らせいただきました。どうもありがとうございました。紹介までに時間がかかってしまったことをお詫びいたします。

【参考】船井総研温浴チームの公式ブログ6月19日付の記事「岩手・宮城内陸地震」で被災された温浴施設の皆様へ

2008年06月19日

【岩手・宮城内陸地震】宮城県の休業温泉施設一覧−再開のメド不明

 宮城県の発表によると、岩手・宮城内陸地震の影響で休業している温泉施設は以下の通り。いずれも再開のメドは不明。情報の最終更新は6月18日だが、いつ時点の情報かは不明。記載のない施設は通常営業を続けている。
■温湯温泉 
 温湯山荘
 佐藤旅館

■湯浜温泉
 三浦旅館

■湯ノ倉温泉
 湯栄館

■駒の湯温泉
 駒の湯温泉=倒壊
 くりこま荘
 いこいの村栗駒
 ハイルザーム栗駒

■金成温泉
 金成温泉延年閣※
 ※金成温泉金成延年閣は被災者向けに浴場を無料開放しており、当面一般向けの入浴は実施しない。被災者の利用は午前9時から午後9時までで、事前に電話確認(022−42−1121)が必要(施設に直接問い合わせたところ、数日休業したのみで通常営業を再開した)。

 駒の湯温泉の姿をテレビで見るたびにつらくなる。土砂崩れによってせきとめられ増水した川により、湯ノ倉温泉の一階部分が水没したと伝えられている(6月19日付河北新報)。大崎市は鳴子温泉郷への地震による大きな被害はなく通常営業をしているとのプレスリリース(6月17日付)を出している。

 宮城県の発表は探しあぐねていたところ、別記事へのコメントで索さんに教えてもらいました。どうもありがとうございました。

【参考】宮城県公式サイト「みやぎ観光NAVi」の関連ページ
     栗原市公式サイトの地震関連ライフラインのページ

【追記】金成温泉金成延年閣は宮城県のサイトでは単に休業中となっていますが、ぽちさんからのコメントで被災者向けに無料開放していることが分かりましたので、その旨を加筆しました。(6月21日)その後、通常営業を再開しているとの情報をぽちさんからいただき、直接問い合わせたところ、震災後に数日休業しただけだということを確認したのでその旨を太字で書き加えました。(7月27日)

【関連記事】
【岩手・宮城内陸地震】岩手・秋田の温泉施設への影響一覧(6月18日)

2008年06月18日

【岩手・宮城内陸地震】宮城・栗駒「駒の湯温泉」で5人死亡、2人不明

 2008年6月14日午前8時43分に発生した「岩手・宮城内陸地震」により宮城県栗原市栗駒の温泉旅館「駒の湯温泉」付近で土砂崩れが起きた。同旅館が土砂に流されて1階部分が土砂に埋まり、宿泊客や従業員・経営者一家が巻き込まれた。

 6月18日夕方までに宿泊客と旅館関係者の計5人の遺体が確認された。今なお2人の行方が分かっていない。

 亡くなった方のご冥福をお祈りするとともに、被災された方にお見舞いを申し上げます。

【追記】午後5時半すぎ新たに1人の遺体が確認されたので、見出しと記事を差し替えました。

2008年05月28日

福島市・あづま小富士牧場に「あづま温泉」オープン

 福島県福島市にある「あづま小富士牧場」に2008年5月2日、温泉入浴施設「あづま温泉」がオープンしていた。

 72度近い炭酸水素塩泉を非加熱・非加水の100%源泉かけ流しで利用している(消毒の有無は確認してません)。

【住所】福島県福島市佐原字竹ノ森

【電話】024−593−1009

【営業時間】午前9時から午後9時

【定休日】木曜日

【入浴料】大人350円、子ども(3歳から小学生)170円、3歳未満は無料

【源泉名】あづま温泉

【泉質】炭酸水素塩泉

【泉温】71.8度

【湧出量】毎分113リットル

 あづま小富士牧場の公式サイトによると、以前は「足湯あづま温泉」として無料開放されていたものが、露天風呂つきの入浴施設に生まれ変わった様子だ。福島県には「一回入浴」と休憩つきの「半日入浴」や「一日入浴」の料金が分かれている施設も多いが、ここは休憩・再入浴しても同一料金だそうだ。

 あづま温泉の開業情報はカメっちさんから寄せられ、電話番号を調べてあづま温泉に直接確認しました。情報提供どうもありがとうございました。

【参考】個人サイト「温泉大好き人間」のあづま温泉のページに実際に入浴された方のレポあり。

2008年05月25日

宮城県・秋保温泉での新規温泉掘削を規制へ

 宮城県が仙台市の秋保温泉を「温泉保護地域」に設定して温泉資源を保護する方向で検討を開始した。温泉保護地域にされれば、原則として温泉の新規掘削が認められなくなる。2008年5月24日付の毎日新聞が伝えた。

 報道によると、県が財団法人・中央温泉研究所に依頼して実施した調査の結果、温泉ブームが起きた1985年以来の新規掘削により秋保温泉全体としての湯量は増えているが、85年以前からあった源泉の湯量は徐々に減少し、湯温も低下していることが明らかになった。同研究所は「開発量が限界に近づいている」と判断した。

 県は5月23日、現存する41本の源泉を管理する旅館・ホテル関係者や土地所有者などを対象に、温泉保護地域設定についての説明会を開いた。出席者からは明確な反対意見は出なかったという。

 県は2008年度中にも自然環境保全審議会・温泉部会に諮問しし、早ければ2009年度からの設定を念頭に置いているという。

 温泉保護地域に設定された場合、新規掘削は原則として認められず、既存源泉が使えなくなった場合、深さと穴の大きさが同じであれば代替掘削が可能。宮城県で既に設定されているのは小原、鎌先、遠刈田、青根、蛾々、作並、赤生木、川渡、東鳴子、鳴子、中山平、鬼首−−の各温泉地。

 個人的には日本全土を温泉保護地域に設定してもらいたいと思っている。

2008年05月21日

福島・三島町で「温泉桐手形」発売中−入浴割引



 福島県会津地方の三島町で温泉入浴が割引になる「湯っくりしらんしょ 温泉桐手形」が発売されている(写真はHACHAPPさん提供)。

 三島町の名産である桐の板を使った手形は宿泊客は500円、日帰り客は1000円で購入可能。1枚で2人有効で、有効期間は宿泊客が購入から1年間、日帰り客は3カ月。以下の6軒の温泉施設で入浴が100〜120円割引される。
■宮下温泉
ふるさと荘 420円→300円
桐の里倶楽部 420円→300円
栄光館 500円→400円
保養センターひだまり 420円→300円
■早戸温泉
つるの湯 500円→400円
竹のや旅館 400円→300円
 入浴料の割引以外に飲食店でのサービスも受けられるという。

 桐手形についてはHACHAPPさんが情報と画像を提供してくれ、三島町に確認しました。どうもありがとうございました。出稿まで時間がかかってしまったことをお詫びいたします。

2008年05月10日

山形・鶴岡「庄内おばこの里こまぎ」の温泉2008年秋オープンへ

 山形県鶴岡市日枝で温泉施設、産直市場、レストランが一体となった「庄内おばこの里 こまぎ」の建設が2008年5月9日始まった。5月10日付の山形新聞が伝えた。事業主は不動産業の豊栄商事(鶴岡市)。

 温泉は現在掘削中で、2期工事として温浴施設を建設して秋のオープンを目指す。一部3階建て延べ約1800平方メートルの施設は1階が入浴施設、2階が休憩スペース、3階はエステなど女性専用スペースになる見通し。

 温浴施設に先駆けて産直市場とレストランが入る施設が一期工事で建てられる。こちらは一足早い8月のオープンを予定している。JA鶴岡が出店して農産物を直売する。

【続報】山形・鶴岡「庄内おばこの里こまぎ」に「こまぎの湯」オープン(2008年12月20日)

2008年05月08日

山形・湯野浜「湯の浜ビュー海のホテル」事業停止、閉館

 山形県鶴岡市の湯野浜温泉にある「湯の浜ビュー海のホテル」が2008年5月6日までに事業を停止して閉館した。債務整理を弁護士に一任する6日付の掲示が張り出されている。5月8日付の毎日新聞山形新聞が伝えた。負債総額は約10億6000万円。

 1956年に「松江荘」の屋号で創業し、1977年に法人化して2003年8月期には約3億2800万円の売上高を計上した。その後は湯野浜温泉への旅行者数が減少傾向をたどり、経費削減を図ってきた。2007年暮れから客足の低迷が一段と鮮明になり、営業の継続を断念した。

 湯の浜ビュー海のホテルの公式サイトは既に削除され、閲覧できなくなっている。

2008年04月26日

宮城・鳴子「中山平温泉湯巡りスタンプラリー」5月3日スタート

 宮城県大崎市の鳴子温泉郷にある中山平温泉で2008年5月3日から「鳴子温泉郷中山平温泉 湯巡りスタンプラリー」が始まる。

 中山平温泉にある旅館・入浴施設合計13カ所を回ってすべてのスタンプを集めると、記念品として特大オリジナルバスタオルと特性湯桶がもらえる。

 スタンプ用紙のパンフレットは最初のスタンプを押してから1年間有効。つまり1年間で13カ所の温泉に入浴すればいいわけだ。このゴールデンウィーク後半に鳴子へ行く予定がある方は、早速チャレンジを開始してみてはいかが? パンフレットは各参加施設のほか、あ・ら伊達な道の駅、JR鳴子温泉駅内観光案内所で配布する。

 なお、各施設の入浴可能な時間は施設によって異なるので事前確認をお勧めする。陸羽東線湯巡りチケットも利用可能。参加施設は以下の通り。
旅館三之亟湯
なかやま山荘
鳴子やすらぎ荘
四季の宿花渕荘
名湯・秘湯・うなぎ湯の宿 琢秀※
鳴子らどん温泉
仙庄館
ふきゆ荘
星の湯旅館
菊地旅館
あすか旅館
丸進別館
しんとろの湯

※「秀」は正しくは王ヘンに秀
 上記スタンプラリーの情報は鳴子の屋代さんから教えてもらいました。どうもありがとうございました。

【参考】中山平温泉公式サイトの湯めぐりスタンプラリーのページ

【続報】宮城・中山平「丸進別館」が休業中(2008年11月2日)

2008年04月24日

エコーホテルグループが倒産、蔵王と青根のエコーホテル閉館

 山形県の蔵王温泉と宮城県の青根温泉で「エコーホテル」を経営するエコーホテルグループが2008年4月中旬に倒産、「蔵王温泉エコーホテル」と「青根温泉エコーホテル」が4月15日で閉館した。

 メディアでの報道はないものの、エコーホテルの公式サイトは既に削除されており閲覧できない。じゃらんなど一部の宿泊予約サイトからも情報が削除されている。

 エコーホテルの閉館についてはTKさんと索さんから教えてもらい、観光協会に確認しました。情報提供ありがとうございました。


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ