2006年12月06日

岐阜・スポーツクラブが入湯税24万円を過剰徴収

 岐阜県のJR岐阜駅高架下にあるスポーツクラブ「コナミスポーツクラブ岐阜」が2006年6月21日から8月31日までの2カ月あまりにわたって総額約24万円の入湯税を誤って徴収していたことが明らかになった。12月6日付の朝日新聞が伝えた。

 報道によると、同スポーツクラブでは上記期間中、揚湯ポンプが故障したため温泉の利用をやめ、水道水を沸かして利用していたが、利用者から1人150円の入湯税を延べ1600人分徴収していた。誤って徴収した入湯税は利用者に返還する。

2006年11月29日

三重・極楽湯津店オープン

 三重県津市にスーパー銭湯チェーン「極楽湯」の新規店舗が2006年11月28日オープンした。弱アルカリ性の単純温泉を利用している。

【住所】三重県津市白塚町字鎌田3678 SENOPARK津内 (ヤフー地図
     近鉄名古屋線・白塚駅から徒歩10分

【電話番号】059−236−1626

【営業時間】午前9時から翌午前2時

【入浴料】平日:大人600円、子供300円
      土日祝日:大人700円、子供350円
      (会員はそれぞれ50円引き)

 公式サイトには「かけ流し岩風呂」の項目にマルがついているが、電話で聞いたところでは「弱アルカリ性の単純温泉を循環して利用している」とのことだった。現地にて温泉利用状況を確認した方がいらしたら、ぜひ教えてください。

【参考】極楽湯公式サイトの津店のページ

2006年11月20日

静岡・稲取温泉観光協会が事務局長を全国公募

 静岡県東伊豆町にある稲取温泉の観光協会が事務局長を全国から一般公募している。企画力と実行力のある人材が求められている。

 応募資格は東伊豆町に居住できる人で、家賃無料で住居が準備される。年齢・性別・学歴は問わない。年収は700万円で社会保険あり。勤務期間は2007年4月1日から2年間で更新も可能。

 応募には履歴書、自己アピール文、論文(題材は「応募の動機」と「私が取り組みたい稲取温泉の活性化索について」が必要で、すべて自筆で書かなくてはならない。締め切りは2007年1月15日。

 詳細な募集要項は稲取温泉観光協会公式サイトの関連ページを参照のこと。

【続報】静岡・稲取温泉観光協会事務局長に東京の渡邊さん(2007年2月7日)

2006年11月19日

愛知・蟹江「尾張温泉」に足湯オープン

 愛知県蟹江町の「尾張温泉」に2006年11月18日、蟹江町が建設した「足湯かにえの郷」がオープンした。11月19日付の中日新聞が伝えた。

 尾張温泉観光ホテルが建設地とお湯を無償提供し、宝くじの地域支援制度を利用して建設費を捻出した。利用は無料で午前10時から午後8時まで年中無休で利用できる。

2006年10月30日

静岡・湯ヶ野温泉共同浴場、11月5日だけ一般開放

 静岡県賀茂郡河津町にある湯ヶ野温泉共同浴場が2006年11月5日だけ外来客に開放される。しかも無料(タオルは500円にて販売あり)。利用できるのは午前10時から午後2時の4時間のみと短いので注意が必要。

 湯ヶ野温泉共同浴場は川端康成の「伊豆の踊り子」にも登場。かつては外来客も利用できたが、マナーの悪さなどから一般開放はやめられた。現在は地元の人だけが利用できるいわゆる「ジモ専」となり、伊豆の踊り子文学祭の日だけ開放されている。

 問い合わせは河津町観光協会(電話0558−32−0290)へ。

【参考】河津町観光協会公式サイトの湯ヶ野温泉共同浴場無料開放のページ

2006年10月27日

静岡・伊豆−新宿直行バス11月1日から運行開始

 小田急箱根高速バスは新宿と静岡県の修善寺温泉を結ぶ直行バスを2006年11月1日から冬季限定で1日2往復運行する。乗車には予約が必要。乗客が1人でも運行する。運賃は片道2500円で往復4500円。

 新宿駅南口サザンタワーを出発し、伊豆長岡温泉、かんぽの宿修善寺、修善寺温泉、ラフォーレ修善寺に停車する。午前と午後にそれぞれ1往復し、新宿−ラフォーレ修善寺間の所要時間は3時間。

 運行期間は11月1日から2007年3月31日まで。ただし、11月中の土日祝日と年末年始(12月30日から1月8日)は運休する。

 問い合わせ、予約は専用ダイヤル0570−01−1255へ。

【参考】小田急箱根高速バス公式サイトの関連ページ

2006年10月25日

静岡・すんぷ夢広場「天下泰平の湯」11月17日オープン

【注】すんぷ夢ひろばは2008年9月15日で休業、2008年11月14日に営業再開する。
ーーーーーーーーーー−−−−−−−−−−−−−−−
 静岡県静岡市駿河区に2006年11月17日、「健康」「文化」「ゆとり」を総合した複合アミューズメント施設「すんぷ夢広場」が開業、温泉入浴施設の「天下泰平の湯」も同時にオープンする。

 公式サイトによると、天下泰平の湯は静岡県内最大級の天然温泉施設となる。岩風呂、檜風呂など内湯と露天を併せて23の浴槽を設けるほか、露天風呂付きの個室や宴会場、ヒーリングルームも備えるという。

 営業時間は原則的に午前11時から翌午前9時で午前2時から午前7時は入浴不可。入浴料は大人が平日2000円、土日祝日2300円、子供(4歳から12歳)は平日1000円、土日祝日1200円。深夜2時以降の滞在は別途2000円必要。4歳未満の乳幼児は入館できない。温泉はナトリウムとカルシウムを含む冷鉱泉で、加熱して3つの浴槽で利用するそうだ。

 すんぷ夢広場はこのほか、徳川家康ミュージアム、すんぷ演芸場、駿府町家(名産品市場、レストラン)、キッズパークなどがある。住所は静岡市駿河区古宿字前山294外。静岡駅と清水駅から1時間に1本シャトルバスが運行される。

【すんぷ夢広場の公式ホームページ】 http://www.sunpu-yume-hiroba.jp/

【追記】入浴料などの情報を加筆しました。(11月15日)

【続報】
静岡市・すんぷ夢ひろばが9月15日で休業、売却へ(2008年9月2日)

2006年10月22日

三重・津の市営温泉が自販機による酒類販売を中止

 三重県の津市は飲酒運転撲滅を目指し、市営の公共日帰り温泉「とことめの里一志」、「榊原自然の森温泉保養館ふれあいの里湯の瀬」と、市営宿泊施設「レークサイド君ヶ野」の日帰り利用部門にある自動販売機での酒類の販売を中止することを決めた。2006年11月1日から販売を取りやめる。

 「とことめの里一志」には2カ所3台、「ふれあいの里湯の瀬」には1カ所1台の自販機があり、このすべてが販売中止の対象。「レークサイド君ヶ野」は2カ所2台の自販機があり、このうち日帰り利用部門にある1台の利用をやめる。

 榊原自然の森温泉保養館以外の施設にはレストランが併設されており、酒類を提供しているため、「飲酒運転撲滅」ポスターなどで飲酒運転の防止を図る。

【参考】津市公共施設での酒類自動販売機の今後の取扱方針について

2006年10月07日

岐阜・不知峡倉屋温泉おんぽいの湯、10月16−20日は入浴半額に

 岐阜県中津川市にある「不知峡倉屋温泉おんぽいの湯」は2006年10月16日から20日の5日間、大人の入浴料金を半額の300円とする。子供料金は300円のまま変わらない。

 おんぽいの湯には高野槙の桶風呂があることから、秋篠宮さまのご長男・悠仁さまの「お印」が高野槙に決まったことを受けて同期間にお祝いイベントを実施することになった。桶風呂は1つしかないため、男性デーを19日と20日、女性デーは16、17、18日とする。

【参考】不知峡倉屋温泉おんぽいの湯の公式サイト

2006年10月04日

静岡・舘山寺「遠鉄ホテルエンパイア」天然温泉の利用を開始

 静岡県浜松市舘山寺にある浜名湖かんざんじ温泉の「遠鉄ホテル エンパイア」が2006年10月3日から天然温泉の利用を開始した。

 姉妹館「ホテル九重」敷地内の地下1850メートルから湧く41.6度のナトリウム・カルシウム−塩化物温泉を加温循環し、1階のダイダラボッチの湯と13階の空中露天風呂で利用する。

 日帰り入浴は午後2時半から午後5時の間に受け付ける。大人1000円、子供(小学生)500円、幼児は無料。

 またエンパイアの敷地内には誰でも無料で利用できる「ダイダラボッチの足湯」が同時にオープンした。

【参考】遠鉄ホテルエンパイアの公式ホームページ

2006年09月13日

愛知・蒲郡観光交流ウィークで10月11、12日は温泉入浴無料に

 愛知県の蒲郡市は2006年10月7日から15日まで「観光交流ウィーク」を開催、その一環として市内の4温泉地、18施設での日帰り温泉入浴が10月11日と12日の2日間無料になる。

 無料入浴できる時間帯は午前11時から午後2時半と短いので要注意。タオルは持参すること。無料入浴の対象となる施設は以下の通り。
■三谷温泉
四海波
松風園
ひがきホテル
平野屋
ホテル三河海陽閣
ホテル明山荘

■蒲郡温泉・遠望峰山
ホテル竹島
天の丸

■形原温泉・三ヶ根山
鈴岡
山田館
グリーンホテル三ヶ根

■西浦温泉
ホテル東海園
和のリゾートはづ
天空海遊の宿 末広
旬景浪漫 銀波荘
西浦グランドホテル吉慶
冨士見荘
たつき別館 葵
 【参考】蒲郡市公式サイトの蒲郡観光交流ウィーク関連ページ

2006年09月09日

静岡・熱海「山田湯」の源泉が別物に

山田湯 数年前の話だからニュースとして紹介するには適当ではないのだが、ネット上で書いている人がいない様子なので紹介しておく。静岡県・熱海温泉で個人が経営する共同浴場「山田湯」のお湯が、山田家の所有する独自源泉から町有の共同源泉に切り替わっていた。編集人が2006年9月8日に現地で確認した(写真は女湯)。

 山田湯といえば、苦味を伴う塩辛さとベタつきのある浴感が特徴だった。現在利用している源泉の泉質はカルシウム・ナトリウム−塩化物・硫酸塩泉で、ほとんど味がしない控えめなお湯になっている。変更時期ははっきりしないものの、経営者によると2002年か2003年頃のようだ。

 利用源泉切り替えの理由はコスト削減。共同源泉には価値がないなどというつもりは全くないのだが、お湯の個性という点では寂しい限り。入浴料は250円のまま変わっていない(洗髪は50円プラス)。経営者は「お湯は変わったけど、もちろん循環ろ過などしていないので、ぜひ多くのみなさんに来てもらいたい」としている。

2006年09月05日

愛知・名古屋クラウンホテル、9月10−26日に温泉利用休止

 愛知県名古屋市の中心部にある天然温泉つきビジネスホテルの「名古屋クラウンホテル」が2006年9月10日から26日までの2週間余り、温泉関連の工事により天然温泉の利用を休止する。

 源泉井戸の清掃や給湯パイプを交換するメンテナンス工事を実施するためで、期間中の利用は以下の通りとなる。
■宿泊・宴会出席者
9月10日−18日=午後5時半から翌午前9時まで
(12、14、15、18日は水道水の沸かし湯)

9月15日−25日=午後3時(宴会出席者は午前11時)から翌午前9時まで
(全期間水道水の沸かし湯)

■日帰り入浴
9月10日−18日=休業
9月19日−25日=水道水の沸かし湯にて営業
9月26日=休業
9月27日以降=通常営業 
 【参考】名古屋クラウンホテルの公式ホームページ

 上記の情報は、なおみ姉さんからメールで寄せられ、クラウンホテルに工事内容を確認しました。情報提供ありがとうございました。

2006年08月28日

愛知・常滑「霊潮温泉」10月から長期休業

 愛知県常滑市にある「霊潮温泉」が2006年9月31日までの営業をもって長期休業に入る。すでに回数券の販売や会員の新規募集・継続手続きを停止した。休業期間のメドは明らかにされていない。

 回数券を9月中に使い切れなかった場合、有効期限内ならば10月以降に持参しても1枚につき500円を払い戻してくれるという。

 それにしても、8月12日付で「念願の源泉風呂ができました」というニュースが掲載されたばかりだというのに、それから10日もたっていない21日付で長期休業のお知らせが出されたというのは残念な話だ。

【参考】霊潮温泉の公式サイト

2006年08月26日

静岡・熱海偕楽園で7人が食中毒

 静岡県熱海市の伊豆山温泉にある旅館「熱海偕楽園」で2006年8月11日に食事をした客7人が食中毒となり、飲食部門が24日から当分のあいだ営業禁止処分となった。8月25日付の毎日新聞が伝えた。

 食中毒になったのは男性1人と女性6人。11日の夜に同旅館で食事をし、翌12日の朝になって下痢、発熱、嘔吐などの症状があらわれ、2人が入院した。2人はすでに退院している。

 熱海偕楽園の公式サイトには26日午後5時半現在、関連情報は掲載されていない。

2006年07月14日

三重・伊賀に「癒しの里伊賀の湯」8月10日オープン

伊賀の湯

 三重県伊賀市に人工温泉を利用したスーパー銭湯「癒しの里 伊賀の湯」が2006年8月10日にオープンする。

【住所】三重県伊賀市久米町687 (Google地図
     近鉄伊賀線桑町駅下車徒歩5分

【営業時間】午前10時から翌午前0時(最終受付午後11時)

【定休日】年中無休(ただしメンテナンス休業あり)

【入浴料】大人700円、子供(4〜12歳)350円、 乳幼児無料
      岩盤浴600円(35分間、利用は中学生以上)
      
【浴室内設備】内湯、露天風呂、サウナ

 地元「伊賀焼」の壷湯、かけ湯壷、手洗い鉢、塩壷(塩サウナ内)が備えられているそうだ。

【公式サイト】http://www.iganoyu.com/
         http://ameblo.jp/iganoyu-k/ (ブログ)

【追記】8月16日に現地で確認したところ、地下1700メートルまで掘削して泉温25度以上、湧出量毎分120リットル以上のアルカリ性単純温泉に相当する天然温泉を掘削したものの、施設側は温泉の成分などにこだわりがあるため温泉の利用申請はせずに人工温泉を造成して浴用に供していることを確認、1行目の「温泉」に「人工」との言葉を追加、写真1枚を追加した。

2006年07月10日

東海3県の温泉に安く入れるyou湯会員募集開始

 岐阜県を中心に愛知県と三重県の温泉合計44カ所に割引料金で入れる温泉シールラリーyou湯会員の2006−2007年度会員募集が始まった。

 オンラインからyou湯会員に登録すると事務局から振替用紙が送付され、年会費1000円を払い込むと割引券が送られてくる。参加44施設で入浴料が50円から500円安くなる。年会費1000円で8500円以上の割引を受けることができるという。ただし、割引は平日に限る施設もあるので、下記リンク先の一覧表で要検討だ。

 なお7月中にインターネットから申し込むと、岐阜県のすべての温泉が掲載されている岐阜県温泉MAP(300円)がもらえる。

【参考】温泉シールラリーyou湯会員についてのサイト
     参加44施設と割引の内訳一覧表

2006年07月05日

三重・賢島で温泉湧出−12月から宝生苑で利用

 近鉄は2006年7月3日、伊勢志摩事業計画の一環として2005年10月から取り組んでいる温泉掘削工事で源泉の湧出を確認したと発表した。三重県の許可を得た上で、旅館「賢島宝生苑」で温泉を利用する。温泉の利用は2006年12月下旬からを予定している。

 源泉の詳細は以下の通り。

【源泉名】近鉄賢島温泉

【湧出地】三重県志摩市阿児町神明字カシコ723番8

【泉温】44度

【湧出量】日量173トン

【掘削深度】1800メートル

【泉質】ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩温泉(低張性アルカリ性高温泉)

 賢島宝生苑は既存の大浴場を温泉に切り替えるとともに、英虞湾を望む場所に庭園露天風呂を新設する。

【参考】近鉄のプレスリリース(PDFファイル)
     賢島宝生苑の公式ホームページ 

【追記】賢島宝生苑は2006年12月16日に伊勢志摩温泉「朝なぎの湯・夕なぎの湯」をオープンさせる。

2006年06月26日

岐阜・飛騨「ぬく森の湯すぱーふる」家族連れは子供無料に

 岐阜県の飛騨市古川町にある日帰り温泉施設「飛騨古川桃源郷温泉ぬく森の湯すぱーふる」は家族連れの利用に限り、2006年7月1日から小学生以下の子供料金を無料にする。6月26日付の中日新聞が伝えた。

 通常の子供料金は400円。両親と一緒の場合だけでなく、祖父母と一緒でも無料にするが、団体客として利用する場合は無料にならない。

 ぬく森の湯すぱーふるは午前10時から午後9時の営業で毎週水曜日(祝日の場合は翌日)が定休日。大人の入浴料は600円。

2006年06月25日

静岡・大滝「天城荘」7月11−13日休館

 静岡県の河津温泉郷・大滝(おおだる)温泉にある温泉旅館「天城荘」は2006年7月11日の午前10時から7月13日の午後2時まで全館休業する。

 館内施設の点検・整備のためで、11日と12日は宿泊できない。日帰り入浴は11日から13日の午後2時まで不可。昼食は11日から13日まで休業となる。

【参考】天城荘の公式サイト


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ