2008年12月30日

静岡・舘山寺「遠鉄ホテルエンパイア」1/6から6月下旬まで休業

 静岡県浜松市にある舘山寺温泉の「遠鉄ホテルエンパイア」が大規模な改装工事に取り掛かるため2009年1月6日から休業する。リニューアル・グランドオープンは6月下旬の予定。

 リニューアルに伴い、庭園を囲んだ客室80室を新設するほか、静岡県内で最大級となる日帰り温泉施設も設ける計画。

【参考】遠鉄ホテルエンパイアの公式サイト

【過去の関連記事】
静岡・舘山寺「遠鉄ホテルエンパイア」2009年大規模リニューアル(2008年3月26日)
静岡・舘山寺「遠鉄ホテルエンパイア」天然温泉の利用を開始(2006年10月4日)

2008年12月25日

三重・紀北「ホテル季の座」が自家源泉の利用を開始

 三重県紀北町の「ホテル季の座」が敷地内で掘り当てた天然温泉の利用を2008年12月24日に開始した。

 泉質はナトリウム−炭酸水素塩温泉で加水・加温・循環併用式で利用する。泉温や湧出量は公式サイトには記載されていない。内湯と露天風呂のほか、足湯と貸切風呂も設けた。日帰り入浴も可能で利用料は大人1050円、子ども400円だが、12月24日付の中日新聞によると、12月30日までは開湯記念で大人500円、子ども300円で入浴できる。日帰り入浴で貸切風呂が利用できるかどうかは未確認。

【参考】ホテル季の座の公式サイト
(12月30日までの入浴料割引については記載がない)

2008年12月21日

岐阜・高山「ひだホテルプラザ」温泉導入を公式発表

 岐阜県高山市のJR高山駅近くにある「ひだホテルプラザ」は2008年12月21日から温泉を公式に導入した。

 温泉導入に先立ち、展望露天風呂を6月に整備した。10月中旬に現地を訪問した際フロントで「公式発表は12月になるが、既に温泉は利用している」とうかがっており、12月20日以前と変わるのは1人当たり150円の入湯税が課されることだけだ。

 30度の塩化物泉で湧出量は毎分405リットル。源泉名は飛天の湯。立ち寄り入浴は受け付けていない。

 高山駅周辺ではホテルによる温泉開発があちこちで進められており、2008年9月9日には「スパホテルアルピナ」がオープンした。2009年春には共立メンテナンスが高層ホテル「飛騨花里の湯 高山桜庵」をオープンさせる見通し。

【参考】ひだホテルプラザの公式サイト

【過去の関連記事】
岐阜・高山「スパホテルアルピナ飛騨高山」9月9日オープン(2008年7月16日)
岐阜・高山で共立メンテナンスの温泉掘削に地元の同業者が反発(2007年8月8日)

2008年12月11日

愛知・蒲郡「ホテル明山荘」が日経平均株価を宿泊料に

 愛知県蒲郡市にある三谷温泉「ホテル明山荘」は、宿泊料金を当日の日経平均の終値とする宿泊プランを期間限定で始めた。2009年1月29日までの月曜から木曜(祝日・年末年始除く)に実施している。

 利用は大人2名からで1日5組限定。通常は最低でも1万1000円する宿泊料金が当日の株価終値(東証は午後3時が大引け)となる。予約は前日の午後6時までで当日のキャンセルは不可(キャンセル料100%)。

 ちなみに12月11日の日経平均は4日続伸して終値は8720.55円。宿泊料に適用する際は1円未満は切り捨て。

【参考】ホテル明山荘の公式サイト

2008年12月09日

岐阜・新穂高の新「中崎山荘」2009年秋オープンへ

 岐阜県高山市の奥飛騨温泉郷・新穂高温泉で移転新築工事中の「中崎山荘」は、新施設のオープンが2009年秋になる見通し。宿泊営業は行わず、日帰り入浴施設となる。

 中崎山荘は井上靖の名作「氷壁」に登場、新穂高温泉発祥の宿として知られる有名旅館で、蒲田川の治水工事のため川の反対側に移転することになった。2007年10月20日の閉館時の話では、「約1年後に新施設をオープンする」という予定だった。

 2008年11月20日頃観光協会に確認したところ(多忙で出稿を忘れていました)、新施設のオープンは2009年秋の予定ということなので、当初計画よりも1年ほど遅れることになりそうだ。

【追記】2009年2月23日付の中日新聞夕刊によると、日帰り施設「中崎山荘 奥飛騨の湯」としての営業再開は2010年1月になる見通し。

【過去の関連記事】
岐阜・新穂高「中崎山荘」移転のため現行施設10月20日で閉館(2007年10月7日)
岐阜・新穂高「中崎山荘」蒲田川の反対側に移転へ−源泉も別物に(2007年1月23日)

愛知・豊田「おいでんの湯」12月10日オープン−人工温泉を利用



 愛知県豊田市にスーパー銭湯の新規出店が続く。2008年12月10日には司町の愛知環状鉄道・新上挙母駅近くに「おいでんの湯」がオープンする。「豊田挙母温泉」は天然温泉ではなく人工温泉で露天の岩風呂で利用。これとは別に露天に人工炭酸泉の浴槽(テレビ付)も備えられている。

 国道155号沿いにあり、愛知環状鉄道・新上挙母駅ホームから西側に見える。名鉄三河線・上挙母駅にも徒歩5分強と便利なロケーションだ。

 日本で初登場となる運動エステ浴(アクアバイクとアクアツイスター)があり、浴槽内で体への負担を軽減しながら運動負荷を高めてシェイプアップがはかれるのが特徴。内湯にある軟水風呂は倒壊地区初登場。経営するミズプラは水処理機の総合メーカーだけあり、人工温泉、炭酸泉、軟水風呂ともに天然温泉に勝るとも劣らない感触の湯となっている。

【住所】愛知県豊田市司町1−1−1
   (新上挙母駅から徒歩3分、上挙母駅から徒歩5分強)

【電話】0565−37−1126

【営業時間】午前10時から翌午前3時

【入浴料】平日:大人600円、子ども200円
     土日祝日:大人650円、子ども250円
     (3歳以下は無料。午後10時以降は割引料金)

【岩盤浴】入浴料とは別に平日500円、土日祝日550円
     (午後10時以降は50円引き)

【会員制度】登録料200円(12/29まで100円)で、入浴料、岩盤浴料がそれぞれ50円引きになる。

【浴室の設備】露天(挙母温泉美人の湯、高濃度炭酸風呂、座り湯、替わり湯、寝湯、壷風呂)、内湯(軟水風呂、電気風呂、運動エステ浴、圧注浴、冷水風呂、ジェット浴、高温サウナ)、岩盤浴(2房、冷気房1、癒房1)

【公式サイト】http://www.oiden.info/

2008年12月08日

岐阜・大垣「ユートピア大垣店」閉館

 岐阜県大垣市のスーパー銭湯「ユートピア大垣店」が2008年11月25日で閉店した。入浴券を持っている人は、岐阜市芥見にある「ユートピア芥見店」にて利用可能。

 上記閉館情報はカッパさんから教えてもらい、芥見店に確認しました。

【参考】MAXグループ公式サイトのユートピアのページ
(12月8日現在、閉館情報は掲載されていない)

2008年12月07日

愛知・豊田「竜泉寺の湯豊田浄水店」12月8日オープン

 愛知県豊田市の名鉄豊田線・浄水駅前に2008年12月8日午前10時、温泉を利用したスーパー銭湯「竜泉寺の湯豊田浄水店」がオープンする。

【住所】愛知県豊田市浄水町伊保原

【電話】0565−43−3050

【営業時間】午前6時から翌午前3時(最終受付午前2時半)

【定休日】年中無休(メンテナンス休業不明)

【入浴料】大人500円、子ども300円、幼児(4歳以上)100円

【朝風呂】午前6時から午前9時まで大人400円(子ども、幼児は同じ)

【岩盤浴】入浴料とは別に200円(岩盤浴は午前8時から午前2時半営業)

【泉質】ナトリウム−塩化物温泉

【公式サイト】http://www.ryusenjinoyu.com/josui/index.htm

2008年12月06日

岐阜・養老「グリーンハイツ養老」閉館

 岐阜県の養老町にある国民年金健康保養センター「グリーンハイツ養老」が2008年12月6日で閉館した。同日付の中日新聞が伝えた。

 黒字経営が続いていたが、社会保険庁改革の一環として競売にかけられた。大垣共立銀行が取得し、研修施設として利用する見通し。

 (注)グリーンハイツ養老の公式サイトには「12月7日で営業停止」と出ているが、中日新聞の記事は「6日の午後5時まで営業する」と具体的なので、公式サイトの情報よりも新聞報道の日付を使った。 

2008年11月21日

愛知・幡豆「グリーンホテル三ヶ根」が温泉導入−岐阜から輸送

 愛知県幡豆郡幡豆町の三ヶ根山山頂にあるJA共済宿泊施設「グリーンホテル三ヶ根」が3カ月間のリニューアル工事を終え、2008年11月21日に営業を再開した。

 リニューアルオープンに伴い、岐阜県のいけだゆげ温泉から源泉を輸送、露天風呂で利用を開始した。源泉に加水・加温の上、循環ろ過して利用している。

【参考】グリーンホテル三ヶ根の公式サイト

2008年11月19日

静岡・伊豆市営「天城温泉会館」2009年3月末で閉鎖

 静岡県の伊豆市が経営する温泉施設「天城温泉会館」が2009年3月末で閉鎖されることになった。2008年11月17日の菊地市長の会見内容を静岡第一テレビ毎日新聞が伝えた。

 天城温泉会館は1996年に開業。運営していた第三セクター企業が解散してからは伊豆市の直営となっていたが、赤字経営が続いて財政圧迫要因となっていた。食堂や劇場ホールは4月以降も営業を継続する。

2008年11月17日

静岡・伊豆長岡「さかなや別館本陣」の風呂で女性が全身やけど

 静岡県伊豆の国市の伊豆長岡温泉にある旅館「さかなや別館本陣」の温泉浴場で2008年11月16日未明、入浴しようとした女性が全身やけどの重症を負った。11月17日付の産経ニュースが伝えた。

 報道によると、浴槽内の湯は通常は40度前後に調節されているが事故のあった時は約49度もあった。女性は浴槽に足を入れたところでバランスを崩して浴槽内に倒れ込んだもよう。湯温が高かった理由は不明で、ボイラーの故障などが疑われている。

【参考】さかなや別館本陣の公式サイト
    (関連情報は掲載されていない)

2008年11月15日

静岡・白岩温泉「希望園」木曜と金曜が定休日に

 静岡県伊豆市の白岩温泉にある入浴施設「希望園」が2008年8月から毎週木曜と金曜日が定休日になった。

 「当分の間」ということで、いつまで週休2日制?を続けるかは不明。

 この情報と画像もアーニーさんに提供してもらいました。たくさんの情報と画像をありがとうございます(アーニーさんの情報はまだ続きます)。


 

静岡・白岩温泉「白岩の湯」平日は午後4時から営業−12/26まで

 静岡県伊豆市の白岩温泉にある入浴施設「白岩の湯」が2008年12月26日まで平日は午後4時から営業する。

 施設の一部を保育用に使っているためで、土日祝日は通常通りに午前10時から営業している。最終受付は午後8時で午後9時頃まで利用可。定休日は毎週火曜日。

 この情報と画像もアーニーさんに提供してもらいました。どうもありがとうございます。

静岡・白岩温泉「小川温泉共同浴場」が休業中

 共同浴場マニアには気がかりなニュース。静岡県伊豆市の白岩温泉にある「小川温泉共同浴場」が2008年11月現在休業している。

 アーニーさんから画像と情報の提供を受けて直接電話してみたところ電話は通じず、観光協会に問い合わせても「休業しているようだ」以上の情報は得られなかった。いつから休業しているか、再開の予定はあるのか、など一切確認できていない。

 アーニーさん、どうもありがとうございました。



【追記】下記コメント欄に寄せられた情報によると、11月23日に営業を再開したとのこと。観光協会でも「営業を再開したらしい」ことと新しい電話番号を教えてもらったのだが、何回電話しても電話がつながらず、営業再開を直接確認できていない。

2008年11月06日

愛知・蒲郡「たつき荘」自主再建を断念−民事再生法申請

 愛知県蒲郡市の西浦温泉にある「ホテルたつき」と「たつき別館葵」を経営する「たつき荘」が自主再建を断念し、2008年10月31日に名古屋地裁に民事再生法の適用を申請した。2008年11月5日付の毎日新聞が伝えた。

 両施設合計で700人の収容人員を誇った「たつき荘」は団体客の客足が遠のいて売り上げが低迷。2008年7月には「たつき別館葵」を閉館して「ホテルたつき」単独での存続をはかったが、金融不況も追い討ちとなり、ここにきて自主再建を断念した。

2008年11月02日

静岡・伊東温泉が観光宣伝ポスターの原画を募集中

 静岡県伊東市の伊東観光協会は、伊東温泉を宣伝するポスターの原画を募集中だ。優秀賞1点には10万円、佳作2点にはそれぞれ3万円が贈られる。

 題材は伊東温泉のイメージ、風景、名所、旧跡、お祭りなどを題材とした絵画作品。ただし、ある季節に特化した作品は対象外で、年間を通じて掲示できるデザインであることが条件。B4判以上B2判以下の用紙を縦に使って作画する。

 締め切りは2009年1月15日。審査は1月下旬に実施し、採用されたデザインはロゴや文字を加えた上で伊東温泉を宣伝するポスターとして製作される。

 応募の詳細や応募券のダウンロードは下記リンク先で。問い合わせ先は伊東観光協会(電話0557−37−6105)へ。

【参考】伊東観光協会公式サイトのポスター原画募集関連ページ

2008年10月28日

静岡市・すんぷ夢広場、11月14日営業再開へ

【注】「すんぷ夢ひろば」は2010年2月2日で再び営業を打ちきり、閉店した。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 経営不振のため2008年9月16日から休業していた静岡県静岡市駿河区の複合アミューズメント施設「すんぷ夢ひろば」が2008年11月14日、ほぼ2カ月ぶりに営業を再開する見通しとなった。10月28日付の毎日新聞が伝えた。

 すんぷ夢ひろばの存続を望む地元の事業家らがリメイクという企業を設立、すんぷ夢ひろばを経営していたゼクスの子会社が施設と土地を所有したまま、リメイクに貸すことで営業再開にこぎつけられることになった。

 すんぷ夢ひろばは2006年11月のオープン後赤字経営が続き、2008年9月15日で休業してゼクスが売却先を探していた。営業再開後の「天下泰平の湯」に関する基本情報は以下の通り。

【営業時間】午前10時から深夜0時(最終入場午後10時)

【入浴料】平日:大人1050円、子ども(4〜12歳)525円
      土日祝日:大人1155円、子ども575円
      4歳未満は無料

【公式ホームページ】http://www.sunpu-yume-hiroba.jp/

【過去の関連記事】
静岡市・すんぷ夢ひろばが9月15日で休業、売却へ(2008年9月2日)
静岡・すんぷ夢広場「天下泰平の湯」11月17日オープン(2006年10月25日)

2008年10月20日

三重・多気クリスタルタウンSCに「多気の湯」オープン

 三重県多気町の多気クリスタルタウンショッピングセンター内に2008年10月18日、温泉スーパー銭湯「天然温泉多気の湯」がオープンした。28度の源泉を加熱循環で利用している。20日に確認した基本情報は以下の通り。

【住所】三重県多気町西山672−3
     多気クリスタルタウンショッピングセンター内

【電話】0598−38−7726

【営業時間】午前10時から深夜0時


【入浴料】平日:大人680円、子ども340円
      土日祝日:大人780円、子ども390円

【泉質】ナトリウム・カルシウム−塩化物泉

【泉温】28度

【公式ホームページ】http://www.taki-yu.com/


詳しい地図で見る

2008年10月18日

愛知・小牧の大草観音寺に「観音の湯」オープン

 愛知県小牧市大草の大草観音寺境内に「観音寺奥の院観音の湯」が2008年9月にオープンした。

 観音の湯は地下600メートルで掘り当てた冷泉を加熱して利用しているが、成分分析はしておらず温泉施設として営業しているわけではない。近いうちに成分分析をする予定もないそうだ。そのため当ブログではいったんは出稿を見送り、周辺にお住まいとみられる温泉マニア数人に個人的に情報を提供するだけにとどめるつもりだった。ところが情報を提供した皆さんがそろって興味津々の状態なので、気が変わって紹介することにした。以下は2008年10月13日に確認した基本情報。

【住所】愛知県小牧市大草4306
    (大草観音寺の境内奥)

【電話】0568−47−5822

【入浴できる時間帯】午前10時から午後7時

【定休日】毎週月曜日(祝日の場合は翌日)

【入浴料】参拝料込みで1000円(大人・子供の区別はなく一律料金)
 地図を見る


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ