2005年11月26日

長野・湯田中渋温泉郷でスタンプラリー、巡回バス運行

 長野県山ノ内町にある山ノ売内観光連盟は、湯田中渋温泉郷にある6カ所の外湯・共同浴場「大湯」を巡るスタンプラリー「温泉すごろく」を始め、巡回シャトルバスを運行させる。

 シャトルバスは山ノ内町内に宿泊した人は無料で利用できる。宿泊者以外は1000円。対象期間は12月中は1、3、4、10、11,17、18、23、24、25日となっており、年末を除く土日祝日が中心。2006年に入ると1月4日から3月26日まで毎日が対象となる。

 シャトルバスは1時間に1本運行される予定で、ルートは以下の通り。
湯田中駅前の楓の湯−湯田中大湯−厄除け三体めぐり・湯田中ロープウエー乗り場−安代大湯−渋大湯−地獄谷野猿公苑入口(上林)−角間大湯−穂波大湯−星川大湯−楓の湯
 現段階の計画では午前10時半から午後4時半の間毎時30分に出発するようだ。詳しい時刻表は近くブログ「信州 湯田中渋温泉郷 温泉すごろく 大湯巡り 」に掲載されるはずなので要チェック。問い合わせ先は山ノ内観光連盟(電話0269−33−1106)。

 これまで長いこと『お猿さんの入浴姿を見たい』と思っていたのだが、交通が不便で諦めていた。シャトルバスが運行されるこの冬は、湯田中渋に出かける良いチャンスかも。 

2005年11月22日

長野・昼神温泉で12月3日に「温泉で健康づくり」フォーラム

 長野県の信濃毎日新聞社と信毎文化事業財団は2005年12月3日(土)、「温泉で健康づくり」をテーマとして第44回信毎健康フォーラムを昼神温泉で開催する。

 フォーラムが開かれる場所は昼神温泉の伊那華(住所:下伊那郡阿智村智里503−294)で、時間は午後1時から4時(開場は午後0時半)。
パネリスト
植田 理彦氏(日本温泉療法医会顧問)「温泉はなぜ体にいいのか」
岡田 真平氏(身体教育医学研究所研究部長) 「水中運動をめぐって」
岡庭 一雄氏(阿智村長)「温泉を活用した健康づくりへの取り組み」

コーディーネーター
飯島 裕一(信濃毎日新聞編集委員)
 入場は無料だが聴講券が必要。聴講券をオンラインで取得するには、信毎Events & Ticketsの上部にある信毎健康フォーラム<阿智>の「詳細・参加お申し込みはこちらからどうぞ」をクリック、さらに■購入・申し込み方法にある「こちらのフォームからお申し込みください」をクリックする。問い合わせは信毎健康フォーラム係まで。電話0263−25−2153(代)

 上記の情報はノースさんからメールで教えていただいたものです。情報提供どうもありがとうございました。

長野・下諏訪南小に露天風呂完成

 長野県下諏訪町の下諏訪南小学校の校庭に2005年11月21日、温泉露天風呂「友情の湯」が完成、オープニングセレモニーが開かれた。22日付の長野日報が伝えた。

 友情の湯を造ったのは4年2組で、浴槽は3.6メートル×1.8メートルの大きさがあり、深さは60センチ。同校に引かれている温泉を利用し、浴槽の泉温は42度あるという。

 下諏訪南小学校のホームページには、残念ながらこの話は掲載されていない。もちろん一般には公開されないんだろうな。

2005年11月21日

長野・乗鞍高原「湯けむり館」12月22日まで休業中

 長野県・乗鞍高原温泉の日帰り入浴施設「湯けむり館」は男女浴室の改修工事のため、2005年12月22日まで休業中だ。

 11月19日に自ら訪問したところ、外壁に足場が組んであって内部も暗かったため、初めて休業中であることを知った次第。

【参考】湯けむり館の公式ホームページ

2005年10月24日

新潟・道の駅国上に足湯オープン

 24日付の新潟日報によると、新潟県西蒲原郡分水町の「道の駅国上(くがみ)」に10月23日、足湯がオープンした。縦0.9−1.8メートルで横は4.5メートルあり、無料で利用できる。

 「道の駅国上」には日帰り温泉のふれあいパークてまりの湯もある。営業は午前10時から午後8時(11月から3月は午後7時まで)。毎週月曜日と年末年始休業。大人500円、小中学生300円で、ナトリウム・カルシウム―塩化物冷鉱泉と単純イオウ冷鉱泉の2種類の源泉を持っている。

【参考】ふれあいパークてまりの湯の公式サイト
     北陸道の駅の国上のページ

2005年10月16日

長野・上諏訪すわっこランド、第3日曜は子ども無料に

 長野県・諏訪市の温浴・運動施設「すわっこランド」は、第3日曜日を「こどもワイワイデー」として子ども(中学生以下)の利用を無料にした。期間は2006年3月までを予定している。

 すわっこランドは上諏訪温泉を利用した温浴施設のほか、下水処理場の余熱を利用した温水プール、トレーニングルームなどがある。利用料金は大人600円、子ども400円で4歳未満の幼児はもともと無料。

 なお、10月20日から27日は設備点検のため休館する。

【参考】公式サイト

2005年10月07日

長野県が14日から「ふらっと信州キャンペーン」

 長野県は10月7日、観光ブランド“信州”の確立を目指し「シンシューベリーマッチ。ふらっと信州キャンペーン」を14日から開始すると発表した。第1弾として温泉のキャンペーンを10−11月に行う。

 白骨温泉の入浴剤投入事件をきっかけに、「日本でもっとも厳しい温泉表示認定制度」を導入したことを強調。県内の温泉を大々的にPRしていく考え。具体的な計画は以下のとおり。

(1)テレビCMや首都圏JR主要駅、東京メトロ車内での広告掲出

(2)ウェブサイトSinshuu.com立ち上げ(10月14日)

(3)東京モザイク阪急での温泉イベント(10月29日)

(4)文化放送で毎週木曜12:30から15分間「聞き耳パンチ シンシューベリーマッチ」放送

(5)宿泊券(25組)や入浴券(250組)が当たるクイズの実施(10月14−31日)

【参考サイト】10月7日付長野県プレスリリース(PDFファイル)

2005年10月03日

新潟・妙高高原周遊バス「ぶらっと妙高」運行

 新潟県の妙高市観光協会は、2005年10月8日から30日にかけて妙高高原周遊バス「ぶらっと妙高」を運行する。料金は1日乗り放題で大人500円、子ども300円。

 バスは休暇村妙高と苗名滝間を1日3往復する。途中で通過する温泉は関温泉、燕温泉、赤倉温泉、新赤倉温泉、杉野沢温泉。紅葉の見ごろ予想は燕温泉周辺が10月下旬ごろ、関温泉、赤倉温泉、苗名滝周辺が11月上旬から中旬となっている。紅葉のリアルタイム情報は紅葉状況のページ(PDFファイル)にある。

 「ぶらっと妙高」乗車券は乗車前に観光協会窓口、観光案内所、宿泊施設のフロントで購入する必要がある。運行ダイヤは観光協会のページ(PDFファイル)を参照のこと。


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ