2006年05月12日

新潟・六日町の旅館10軒で6月6日に温泉を無料開放

 新潟県南魚沼市にある六日町温泉は、2006年6月6日の「温泉感謝の日」に10軒の旅館で日帰り入浴客向けに温泉を無料開放する。

 6月6日は平日(火曜日)だし、開放される時間帯も午前10時から午後4時までと日中なので利用しにくいが、通常は日帰り入浴客を受け入れていない「龍言」の湯にも無料で入れるという嬉しい企画だ。行くことができる人はぜひ私の分も入ってきてください。

 無料開放されるのは六日町温泉旅館組合に加盟する12軒の旅館のうちの10軒の温泉浴場。10軒の内訳は以下の通り。
いろりあん
越前屋旅館
金誠館
ニューホテル越路荘
ホテル魚とし
ホテル木の芽坂
ホテル坂戸城
龍氣
龍言
日章館
 問い合わせは南魚沼市観光協会(電話025−772−7171)へ。

【参考】南魚沼市観光協会の公式サイト
     六日町温泉旅館組合の公式サイト
    (ただし、いずれも5月12日現在は無料開放の情報を掲載していない) 

2006年05月11日

長野・温泉スタンプラリー「湯〜らり〜南信州」開催中

 長野県の南信州広域連合は飯田・下伊那地方の温泉施設26カ所が参加するスタンプラリー「湯〜らり〜南信州2006」を開始した。期間は2007年3月18日までと長いので、南信州に住んでいない人でも十分参加できそうだ。

 参加施設のうち5カ所のスタンプを集めると南信州の特産品が当たるファミリー賞に応募できる。26カ所すべて回れば「パーフェクト賞」、13カ所回れば「ハーフ賞」として全員に証明書と賞品が贈られる。証明書を参加施設に持参すると、さまざまなサービスが受けられる。

 「湯〜らり〜南信州」はことしで5回目になる。スタンプ用紙付きのパンフレットは南信州広域連合事務局、市町村窓口、湯〜らり〜南信州参加温泉施設、道の駅(信濃路下條・信州平谷・新野千石平・遠山郷)で配布するほか、今年から南信州ナビ(http://www.ii-s.net/)からダウンロードすることも可能になった(トップページ左側の下にあるパンフコーナーをクリックする)。参加する26施設の名称は以下の通り。
国民年金健康保養センター ひるがみ
リフレッシュ in ひるがみの森
公営保養センター 鶴巻荘
保養センター尾張あさひ苑
飯伊森林組合 昼神荘 
湯ったり〜な昼神
宿り木の湯
信州平谷温泉 ひまわりの湯
湯元 久米川温泉
花果山 水廉洞温泉
飯田市健康増進施設 ほっ湯アップル
満願成就の湯
殿岡温泉 湯元 湯〜眠
名勝天竜峡温泉 温泉宿舎天竜峡
下條温泉郷 コスモスの湯
阿南温泉 かじかの湯
うるぎ温泉 こまどりの湯
ふれあいステーション龍泉閣「龍泉の湯」
天龍温泉 おきよめの湯
天龍おきよめの郷「リフレッシュおきよめ」
遠山温泉郷 かぐらの湯
ハイランドしらびそ
JAアスティたかぎ
小渋温泉 赤石荘
信州まつかわ温泉 清流苑
信州たかもり温泉 御大の館
 上記の情報は最初ノースさんから寄せられました。南信州広域連合に直接問い合わせたところ、担当の方がパンフレットを送ってくれた上、南信州ナビの存在も教えてくれました。情報提供ありがとうございました。

2006年05月08日

長野・中房温泉に日帰り入浴用「湯原の湯」オープン

 これまで立ち寄り入浴ができなかった長野県安曇野市の秘湯「中房温泉」に日帰り入浴施設「湯原の湯」がオープンした。

 男女別の露天風呂で営業時間は午前10時から午後4時。入浴料は1人700円(大人も子供も一緒)。中房温泉では「きょう(5月8日)から営業を始めた」と説明しているが、早くもゴールデンウィーク中に入浴された方もいる(きよちゃんの湯めぐり記録)様子だ。

 上記の情報は4月18日にONKENさんから本家サイトの掲示板へ寄せられました。その日のうちに問い合わせた冬季事務所では詳しい話が分からず、5月8日に中房温泉に直接確認したものです。情報提供ありがとうございました。

【参考】中房温泉の公式サイト

2006年04月28日

山梨・北杜に「尾白の湯」4月29日オープン

 山梨県北杜市の「尾白の森名水公園べるが」に日帰り温泉「尾白の湯」が2006年4月29日オープンする。地下1500メートルから湧く39.5度の塩化物泉を利用し、露天風呂は八ヶ岳を望める絶好のロケーションにあるそうだ。基本情報は以下の通り。

【住所】山梨県北杜市白州町白須8077−1

【電話】0551−35−2800

【営業時間】午前10時から午後9時(最終入場午後8時半)

【定休日】毎週火曜日(5月2日は営業)

【入浴料】大人700円、小学生400円(ともに名水公園の入園料込み)
      北杜市民は大人300円、小学生200円

【浴場の施設】内湯、露天風呂、寝湯、打たせ湯、サウナ

【参考】甲斐駒・八ヶ岳デジタルタウンの名水公園のページ
    (4月28日現在、尾白の湯に関する情報はアップされていない)

【追記】オープン後にいらしたBONGOさんのTHE BLOGGING PLACE 2(仮)によると、温泉浴槽は「源泉微温浴露天風呂」という名称で加温、加水、循環ありとのこと。(4月30日記)追記部分は加温のみ行っていることが分かりましたので打ち消し線にて一部を削除しました。(5月11日修正)

2006年04月27日

山梨・下部温泉で新源泉の掘削に成功

 山梨県の身延町が下部温泉での新源泉の掘削に成功した。アルカリ性単純温泉で泉温は51度と高く、毎分400リットルの湧出量があるという。2006年4月27日付の山梨日日新聞朝日新聞が伝えた。

 掘削地点は温泉街の南約1.2キロの地点。深度1500メートルまで堀ったという。26日に業界関係者に震源泉が公開された。

 下部温泉では2004年秋、10軒の旅館が利用していた源泉が温泉とみなされる基準を満たしていなかったことが判明。新源泉の開発が待たれていた。身延町は夏ごろに温泉施設への配湯設備工事を始め、年内に利用を始める計画。

2006年04月09日

山梨・甲府に「トータス温泉」2月オープン

トータス外観 山梨県甲府市に日帰り温泉「トータス温泉」が2006年2月初めにオープンしていた…。ニュースというにはあまりにも古い話で恥ずかしいのだが、まだあまり知られていないのでご紹介する。名前も亀(トータス)だから許してもらえるかな。

 トータス温泉という風変わりな名前なのは、トータスマンションの敷地内にあるから。源泉が58度と熱いので、冬場でも加水して掛け流しで利用しているそうだ。

【住所】山梨県甲府市中小河原町668 (ヤフー地図
     JR身延線・甲斐住吉駅から徒歩10分程度

【電話】055−243−2889

【営業時間】午前10時から午後11時

【定休日】水曜日

【入浴料】大人500円、子供(小学生)200円、幼児(6歳未満)100円

トータス内湯【浴室】内湯と露天

【泉質】ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉(低張性アルカリ高温泉)

【泉温】58.1度

【湧出量】毎分1997.1リットル(動力揚湯)

【温泉利用状況】加水あり、加熱なし、掛け流し、消毒なし

【参考】私の「トータス温泉」入浴レポ

【追記】8月20日に訪問したので写真を追加し、地図の場所を正しく修正、消毒を実施していないことを加筆した。この近くの国母温泉や新遊亀温泉と似たお湯だが、加水しているためか色はやや薄い。それでも肌触りはいいし、浴槽からのあふれ具合もいい感じ。日曜日の午後だというのに独占状態だった。ひとつ不満なのは、内湯の湯口がライオンの顔だってこと。名前にあやかって「亀」にしてもらいたかった。(8月21日)

2006年03月31日

山梨・竜王「玉川温泉」4月9日から17日は休業

 山梨県竜王町にある日帰り温泉「玉川温泉」は2006年4月9日から17日まで9日間休業する。

 休業は経営者の家庭の事情によるもので、温泉とは一切関係ないとのこと。

2006年03月21日

長野・蓼科に温泉旅館「たてしな薫風」4月22日オープン

 長野県茅野市の蓼科高原に温泉旅館「たてしな薫風(かおるかぜ)」が2006年4月22日、オープンする。62.2度の酸性−ナトリウム−塩化物硫酸塩泉を源泉掛け流しで利用するという。

 「たてしな薫風」は全10室のこじんまりとした旅館で、四万温泉柏屋旅館などを経営する有限会社柏屋の経営。夕食の時間帯が午後6時から9時までと幅広く、料理は3種類の中から選べるという。朝食は8時から9時半で2種類から選べる。チェックアウトは11時。

 浴室は内湯×2(時間を区切って男女別浴場と貸切風呂として利用)、貸切露天風呂×1のほか、露天風呂のついた客室が2部屋あり、すべて源泉掛け流し。

 宿泊料は2名利用で1人(1泊2食付)1万5750円から。

【住所】長野県茅野市北山4035−552

【電話】0266−67−2292

【公式ホームページ】http://www.kaorukaze.com/

2006年03月07日

長野・茅野「米沢温泉塩壺の湯」3月22日オープン

 長野県茅野市に市営の日帰り温泉「米沢温泉塩壷(しょつぼ)の湯」が2006年3月22日にオープンする。これで同市の市営温泉は6カ所となる。

 塩壷の湯は述べ床面積884平方メートルの平屋建てで全館バリアフリー。脱衣所を除いて全館床暖房を採用した。また30度程度の冷泉風呂を設けたのが特徴だ。ドライサウナのある浴室とミストサウナのある浴室があり、男女が1週間交代で利用する。

【住所】長野県茅野市米沢6845(ヤフー地図でこのあたり
     福祉バス「ビーナちゃん」で老人福祉センター前下車徒歩3分

【電話】0266−71−1655(22日から)

【営業時間】午前9時から午後9時

【定休日】毎週水曜日(オープン日を除く)

【入浴料】大人400円、65歳以上と中学生以下は300円
      3歳未満は無料

【泉質】ナトリウム−炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物冷鉱泉

【参考】茅野市広報誌の関連ページ(PDFファイル)

2006年02月28日

長野・ゆうふるtanaka、3月は入浴料割引

長野県東御田市にある日帰り温泉「ゆうふるtanaka」は入館者が150万人に達したのを記念して2006年3月1日から3月31日まで入浴料を割り引く。

対象となるのは入浴とプール利用料のセットで、大人は500円(通常は700円)、6歳以上16歳未満の子供を300円(400円)とする。 期間中はしなの鉄道の往復割引切符も値下げする。マシンジムなども利用する場合(大人の通常料金1200円)は割引の対象にならない。

【参考】ゆうふるtanakaの公式サイト

上記の情報はノースさんがメールで寄せてくれたものです。どうもありがとうございます。

2006年02月23日

新潟・越後湯沢「ガーラの湯」が営業再開

 新潟県南魚沼市の越後湯沢温泉にある「SPAガーラの湯」が2006年2月23日正午から営業を再開した。

 ガーラの湯は先日実施された水質検査で基準値を上回るレジオネラ菌が検出され、2月10日から営業を停止していた。ガーラ湯沢の公式サイトでは「水質検査の結果、問題ないことが判明しました」と説明している。

【関連記事】
新潟・越後湯沢「ガーラの湯」が休業−レジオネラ菌検出で(2月10日)

2006年02月15日

長野・温湯温泉湯〜ぱれあ、4月1日オープン

 長野県長野市若穂綿内に複合型温泉施設の温湯(ぬるゆ)温泉「湯〜ぱれあ」が2006年4月1日にオープンする。2004年3月末で閉鎖された温湯温泉センターに代わる施設で、単なる日帰り入浴施設ではなく、直径約12メートルの温泉プールや高齢者福祉施設も併設される。

 直接提供していただいた基本状況は以下の通り。

【住所】長野県長野市若穂綿内1330−3(ヤフー地図
      (上信越自動車道・須坂長野ICから車で5分)

【電話】026−282−5500(オープン後)
     026−241−3434(開業準備室)

【営業時間】午前10時から午後9時(土日祝日は午後10時まで)
        季節によって変動あり

【入浴料】大人500円、子供(小学生)300円、高齢者(60歳以上)250円
      (プール利用料も含まれる)

【浴室の設備】平湯、元湯、座湯、立湯、打たせ湯、蒸し湯、かまくら湯、露天風呂
          ドライサウナ、ミストサウナ

【泉質】単純硫黄温泉(アルカリ性低張性温泉)

【泉温】40.0度(気温20.0度)

【公式ホームページ】3月中旬開設予定

 そのほか、飲食コーナーや売店、足湯、和室、会議室、福祉浴室、多目的ホールなども設けられている。一般向けと高齢者向けに各種の講座も開かれ、特に高齢者向け(60歳以上で長野市内在住の人が対象)のコースは、手品、絵手紙、短歌などの講座を受講料無料(教材費は個人負担)で開催する。

 上記オープン情報はノースさんから教えてもらい、関係者に確認したものです。どうもありがとうございました。

【追記】温泉利用許可がおりたそうで、分析書のコピーをFAXで送っていただいたので、泉質・泉温を加筆しました。(3月5日)  

2006年02月11日

長野・軽井沢プリンスホテルが温泉入浴施設建設−来年開業へ

 プリンスホテルは長野県軽井沢町にある「軽井沢プリンスホテル」に温泉施設を建設し2007年中の開業を目指す。2月11日付の日経新聞が伝えた。

 主に宿泊者向けの入浴施設を軽井沢プリンスホテル東館近くに建設する。約6億円を投資する。温泉つきのコテージも10棟程度設ける予定という。

 また「志賀高原プリンスホテル」でも温泉の導入を計画しており、2006年度中に1億円を投じて温泉を掘削する。

2006年02月10日

新潟・越後湯沢「ガーラの湯」が休業−レジオネラ菌検出で

 新潟県・上越新幹線ガーラ湯沢駅の上にある「SPAガーラの湯」で基準値を50倍上回るレジオネラ菌が検出され、2006年2月10日から休業している。10日付の新潟日報が伝えた。

 報道によると、1月23日に実施された水質調査で、100ミリリットルあたり500個のレジオネラ菌が検出されたという。ガーラ湯沢の公式サイトには2月10日の情報として、以下が掲載されている。
「SPAガーラの湯」浴場において、専門機関による水質検査を行う必要が生じ、検査結果が確認されるまでの間、「SPAガーラの湯」浴場の営業を中止いたします。なお、フィットネスプールは通常通り営業しておりますので、どうぞご利用ください。


【追記】ガーラの湯は水質検査の結果、問題のないことが分かり2月23日正午に営業を再開した。(2月23日記)→参考記事「新潟・越後湯沢『ガーラの湯』が営業再開

2006年01月28日

新潟・栃尾又温泉の旅館3軒、雪崩で一時孤立

 新潟県魚沼市上折の県道で2006年1月28日朝6時10分ごろ雪崩が発生し、近くにある栃尾又温泉の自在館など旅館3軒が一時孤立した。28日付の読売新聞が伝えた。

 この雪崩により、県道脇の雪が幅約5メートル、長さ約100メートルにわたって崩れたという。3軒の旅館には宿泊客30人と従業員21人がいたが、県道は4時間後に開通した。

2006年01月25日

新潟・弥彦村で新温泉を掘削へ

 新潟県弥彦村は村内の13軒の旅館と共同で新たな温泉の掘削に乗り出す。総投資額は3億円。1月25日付の日経新聞地方版が伝えた。

 2007年の夏にも各旅館に新源泉を供給する。報道では「現在、加熱した温泉を使っており、新たな温泉で利用者の『本物志向』に応える」ということなので、加熱が必要ない高温泉を掘削したい考えのようだ。

2006年01月06日

長野・若槻温泉がオープン

若槻温泉外観若槻温泉内湯
 長野県長野市若槻に2005年末、日帰り温泉の「若槻温泉」がオープンした。外観は南仏・プロヴァンスの民家といった感じでビストロ風。若槻温泉という看板は出ていない。温泉は40.8度の塩化物泉を加熱かけ流しで利用している(写真はともに2006年10月に撮影したもの)。

【住所】長野県長野市若槻東条1300−3 
    長野駅からで東長野病院行きのバスで蚊里田神社前下車、徒歩約5分

【電話】026−295−4546

【営業時間】午前10時半から午後9時

【定休日】毎月21日(土日祝日の場合はその翌日)

【入浴料】大人500円、子供(小学生)300円、小学生未満は無料

【浴槽】内湯と露天が男女各1つずつ(冬季は露天の利用ができない)

【泉質】ナトリウム−塩化物温泉

【泉温】40.8度

【温泉利用状況】加温あり、加水なし、かけ流し、消毒なし

【公式サイト】http://www7b.biglobe.ne.jp/~e-furo/

【参考】私の入浴レポ(2006年10月訪問)

 平成10年に温泉を掘り当て、昨年12月23日にオープン式典を開き、年末開業にこぎつけた。電話で話した方は「ぜひ入浴してから紹介してほしい」とおっしゃっていたので、温泉への相当な自信が伝わってきて、本当に行きたくなってしまった。

 上記の情報はノースさんに教えてもらい、直接電話で確認したものです。情報提供ありがとうございました。

【追記】現地にいらしたONKENさんからコメント欄で最新情報をいただきましたので、土日祝日の営業時間など修正しました。(2006年3月14日)

【追記2】2006年10月に編集人が自ら訪問したので写真2枚をアップ、地図や営業時間を修正しました。(2006年10月14日)

地図を見る

2005年12月26日

新潟・柏崎「大崎雪割草の湯」1月15日まで臨時休業

 新潟県柏崎市西山町にある日帰り温泉「大崎雪割草の湯」は2006年1月15日まで臨時休業する。柏崎市によると、12月22日の突風により屋根が損傷、12月23日から休業している。

【参考】柏崎市公式サイトにある「大崎雪割草の湯」休館のお知らせ

【追記】柏崎市の公式サイトによると、予定よりも早い1月14日に営業を再開した。(1月19日記)

2005年12月20日

長野・諏訪市が小中学校の温泉施設廃止へ

 長野県の諏訪市は一部の小中学校にある温泉施設を廃止する方針を決めた。20日付の長野日報が伝えた。

 報道によると、現在温泉を利用しているのは城南小、城北小、豊田小、諏訪中、諏訪西中の5校。費用の割に利用者が少なく、諏訪西中の温泉は今年度限りで廃止、豊田小、諏訪中も順次廃止していく。

2005年12月06日

山梨・石和のホテル古柏園を三菱地所のベンチャーが支援

 三菱地所(株)は2005年12月5日、社内ベンチャーとして発足した(株)四季リゾーツが旅館の経営再建を支援する事業に乗り出し、第一弾として山梨県石和温泉のホテル古柏園と提携したと発表した。

 ホテル古柏園は客室の一部を四季リゾーツに提供。四季リゾーツは1泊朝食付き5250円の低価格で宿泊客に提供する。ホテル古柏園は、これにより客室の稼働率を上げるほか、食事の部屋出しをレストランでの提供に切り替え、布団敷きのセルフ化などを導入してコスト削減を図る。

 四季リゾーツは2001年2月に設立され、1泊朝食付きで365日いつでも5250円という低価格を売りにした「四季倶楽部」を関東近県を中心に13カ所で経営している。全客室の稼働率は約90%。

【参考】三菱地所のプレスリリース(PDFファイル

【関連記事】
四季リゾーツが九州進出−嬉野・雲仙・武雄の3施設と提携(2006年7月4日)


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ