2006年07月20日

東京・瀬田温泉「山河の湯」がキッズランド併設

 東京・二子玉川にある瀬田温泉・山河の湯は2006年7月19日、新事業として親子ふれあいの遊び場「ピアレッテ」を隣接地にオープンさせた。

 ピアレッテとは「かわいい桟橋」の意味の造語(pierが「桟橋」、etteが「かわいい」を意味する)。子供が安心して、楽しく、遊びに熱中できる場所を提供するのが狙い。広さは1000平方メートル。

 営業は午前10時から午後6時まで(最終受付午後5時)。利用対象は0歳児から小学6年生まで。入場料は当初30分間600円(会員になると500円)で、延長は10分毎が100円。大人は1日200円。子供の単独利用はできず、保護者の同伴が必要とのことなので、子供を遊ばせて大人は温泉に…というわけにはいかないようだ。

 公式サイトにある優待券を印刷して持参すると、8月31日まで子供の基本料金が半額の300円になる。

 上記の情報は横浜で発行されているフリーマガジン「ゆ〜ゆ」編集部からメールで提供していただいたものです。いつもありがとうございます。

【参考】瀬田温泉・山河の湯の公式サイト

2006年07月14日

神奈川・箱根ユネッサンにカレー風呂−9月30日まで

 神奈川県の箱根にある温泉テーマパーク「箱根小湧園ユネッサン」に2006年7月15日、カレー風呂がお目見えする。場所は「緑のテラス」で9月30日までの期間限定企画だ。

 横濱カレーミュージアムの協力により、トウガラシ、ウコン、チンピ、バジルを配合して爽やかでスパイシーに仕上げているという。読んだ限りでは「爽やか」という感じがしないのだが…。これに浸かったら全身からカレーの匂いがするのだろうか?

 オリジナルカレーやカレーかき氷も販売されるという。

【参考】ユネッサン公式ブログの当該エントリー
     ユネッサン公式サイト

2006年07月13日

東京・六本木天然温泉zaboo、7月16−18日に内覧会

 東京都港区西麻布2006年7月20日グランドオープンする「六本木天然温泉zaboo(ザブー)」はオープンに先駆け、7月16日から18日の3日間にわたり午前10時から午後3時まで特別内覧会を実施する。

 文字通り「内覧会」なので体験入浴はできない。また、レストランなど施設の利用はできず、あくまで見学のみというのがちょっと残念だ。

 ただし、この特別内覧会に行けば入館料が50%引きになる割引券がもらえるという。グランドオープン後の入館料は4000円とお高いので、興味のある人は割引券をもらうために内覧会に行くっていう手のもあるのでは?

【参考】六本木天然温泉zabooの公式サイト

【関連記事】東京・六本木天然温泉zaboo詳細情報(2006年6月20日)
        東京西麻布に「六本木天然温泉zaboo」7月20日オープン(6月15日)

2006年07月06日

【読者招待】埼玉・川越「小江戸はつかり温泉」プレオープン

 プレオープンの無料招待企画は終了しました。プレオープン時の入浴リポートは以下のページをご参照ください。http://www.rakuda-j.net/onsen/mkanto/hatsukari.htm(7月23日記)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 当ブログ初の読者招待企画が実現した。7月4日付の記事で紹介した13日オープンの「小江戸はつかり温泉」(埼玉県川越市)から、7月10日(月)、11日(火)に実施するプレオープン(入浴体験会)に当ブログの読者を招待したいというご提案をいただいたのだ。嬉しくて嬉しくて私は完全に舞い上がっている♪ (画像は先週末撮影、埼玉県人さん提供)

 上記プレオープン日に体験入浴を希望する人は、当ブログのトップページhttp://onsen.xii.jp/を印刷してフロントに持参すれば1枚につき2名まで無料で入浴できる(当ブログはかなり縦に長いので、プリント時に「1ページのみ印刷」の設定にするといいかも)。

はつかり外観 プレオープン時の営業時間は正午から午後10時(最終受付午後9時)と、公式オープン後の営業時間よりも短いので注意。無料になるのは入浴料のみで、レンタルタオルや岩盤浴、飲食等その他費用は有料。

 私としては、このお知らせを見て実際にプレオープンに行く人がどのくらいいるのか、正直言って皆目検討がつかない。正規の招待客ももちろん多数訪れるはずで、かなり混み合うかもしれない。混雑時には入場が制限されることもあり得る。

 最後にお願い。いらっしゃる方は、この企画が全面的に「小江戸はつかり温泉」のご厚意による招待であることを絶対に忘れないでください。また、このプレオープンは従業員の研修の一環でもあるという説明をいただいているので、その点もご了承願います。

 小江戸はつかり温泉の住所は埼玉県川越市渋井26−1。254号バイパス(富士見川越有料道路)を挟んで城北埼玉高校の向かい側、やや東京寄り(ヤフー地図でこのあたり)。先週末に東上線・上福岡駅から歩いて下見に行った埼玉県人さんによると、駅から徒歩30分ほどかかったという。

【関連記事】142人分の「ありがとう」(7月15日)
        埼玉・川越「小江戸はつかり温泉」7月13日オープン(7月4日)

2006年07月04日

埼玉・川越「小江戸はつかり温泉」7月13日オープン

【注】プレオープン時の入浴リポートは以下のページをご覧ください。http://www.rakuda-j.net/onsen/mkanto/hatsukari.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
小江戸はつかり温泉外観 埼玉県川越市にスーパー銭湯「蔵の湯」グループの「小江戸はつかり温泉」が2006年7月13日午前8時にオープンする。夏季非加熱の源泉ぬる湯(非加水・掛け流し)浴槽が露天・内湯ともにあるのがありがたい。

【住所】埼玉県川越市渋井26−1 (ヤフー地図)
 254号バイパス(富士見川越有料道路)を挟んで埼玉城北高校の向かい側、やや東京寄り。公共交通機関を利用する場合は東武東上線上福岡駅・JR川越線南古谷駅から西武バスで城北埼玉高校入口下車、徒歩15分

【電話】049−230−4126

【営業時間】午前8時から翌午前1時(最終受付午前0時)

【入浴料】平日:大人750円、子供500円
      土日祝日:大人800円、 子供600円
      岩陶温熱・快汗房は大人500円(会員は100円引き)
     (会員になると、上記料金はいずれも100円引きになる)

【会員制度】入会金100円(2006年8月末まで無料)
        姉妹店の会員カード・回数券は利用できない。
        回数券は会員限定で10枚つづり大人6000円、子供4000円

【源泉名】小江戸川越温泉

【泉質】ナトリウム−塩化物温泉

【泉温】37.8度

【湧出量】毎分421リットル

【温泉利用状況】加温あり(源泉ぬる湯は夏季非加熱)、加水なし、循環ろ過なし、消毒あり

【参考】蔵の湯の公式サイト

【追記】この記事は埼玉県人さんから画像と情報の提供を受けて書き、小江戸はつかり温泉さんから詳細情報をいただいて加筆修正しましたが、10日のプレオープン時に撮った写真に差し替えるとともに、全面的に書き換えました(7月10日)

【関連記事】142人分の「ありがとう」(7月15日)
        【読者招待】埼玉・川越「小江戸はつかり温泉」プレオープン(7月6日)

湯楽の里、一部店舗で8月から入浴料30円値上げ

 首都圏に展開するスーパー銭湯チェーン「湯楽(ゆら)の里」は一部店舗の入浴料を2006年8月から30円引き上げる。7月4日付の日経新聞(本紙朝刊)が伝えた。

 報道によると、値上げされるのは全17店舗のうち東京・昭島店、埼玉・所沢店など5店舗。残る3店舗の名称は不明。湯楽の里の公式サイトにも7月4日の段階では料金引き上げのお知らせは掲載されていない。燃料の価格は3年前の2倍に膨れ上がっているという。

 既に東京都内の公衆浴場(銭湯)料金は6月1日から30円引き上げられて430円となっている。

【お断り】湯楽の里は北関東にも店舗がありますが、記事により値上げの実施が確認されているのは東京と埼玉の店舗だけなので、当記事は「南関東の温泉」カテゴリに分類しました。

2006年06月27日

埼玉・おふろの王様志木店、秋頃に天然温泉導入

 首都圏に展開しているスーパー銭湯チェーン「おふろの王様」の埼玉県志木市にある店舗で天然温泉の掘削が完了、温泉分析書が公開された。浴場への温泉の導入は2006年秋ごろを予定している。

 源泉名は「王様温泉志木の湯」で泉質はナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉。源泉温は34.4度(気温19度)、湧出量は毎分313リットル。

【参考】おふろの王様公式ホームページ

【追記】導入は2006年10月中旬。入浴料の改定があるかどうかは未定だという。

【追記2】2006年10月19日から天然温泉が導入され、入浴料も引き上げられた。詳しくは10月18日付の記事「埼玉・おふろの王様志木店10月19日から天然温泉導入」を参照のこと。

2006年06月26日

東京・蒲田に「SPA & Hotel 和」8月10日オープン

 東京都内の温泉処として知られる大田区の蒲田に2006年8月10日、かけ流しの温泉を備えた「SPA & Hotel 和(なごみ)」がグランドオープンする。蒲田駅の西口前といってもいいロケーションで便利だ。

  源泉は冷鉱泉ということなので、加熱かけ流しで利用するとみられる。源泉家族風呂や最近流行の岩盤浴も設ける。入浴や岩盤浴の料金は近く決定する見通しとのことなので、決まり次第続報する予定。(→続報は7月31日付の記事「東京・蒲田『SPA & Hotel 和(なごみ)』詳細情報」をご覧ください。

【住所】東京都大田区西蒲田7−4−12 (ヤフー地図
     JR&東急蒲田駅から徒歩1分

【電話】03−5710−2222

【営業時間】午前11時から翌午前9時

【源泉名】弘城温泉

【泉質】ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉
     (低張性・弱アルカリ性・冷鉱泉)

【公式サイト】http://spa-nagomi.com/

2006年06月22日

神奈川・川崎「志楽の湯」入浴料改定

 神奈川県川崎市にある温泉スーパー銭湯「縄文天然温泉志楽の湯」が2006年6月21日、入浴料を改定した。通常の入浴料はこのご時勢だから引き上げられたが、従来の入浴料よりも安い70分間限定の「行水コース」が設けられたのは良心的だ。

 新しい入浴料は大人(中学生以上)が平日970円(従来850円)、土日祝日1150円(950円)、子供(小学生が)平日620円(500円)、800円(600円)。

 行水コースは平日のみで、70分間限定もしくは午後10時半以降入館(営業は午前0時まで)の条件があり大人720円、子供500円。

 *志楽の湯は小学生以上の入浴客のみ入館できる。

【参考】志楽の湯の公式サイト

2006年06月03日

神奈川・川崎に温泉付き診療所オープン、一般入浴も可能

【おことわり】五力田森の診療所は2007年4月1日から休業中です。始業再開の見通しは不明。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 神奈川県川崎市の麻生区に2006年5月13日、超レア物?の新しい温泉施設がひっそりとオープンしていた。温泉施設といっても普通の入浴施設ではなく温泉付きの診療所で、名称は「五力田 森の診療所」。敷地内で湧く温泉を加熱循環して利用している。

 診察を必要としていない一般人の入浴も可能だが、初回の入浴には4500円かかる(2回目以降は1500円)。料金からいっても、かなりのマニア向けといえそうなところ。公式サイトには成分分析表も掲載されている。

【住所】神奈川県川崎市麻生区五力田414−1 (ヤフー地図
小田急多摩線・五月台駅から徒歩5分(五月台駅北口、栗平駅から無料巡回バス有)

【電話番号】044−981−0050

【入浴可能な時間】平日:午前9時から午後10時(最終受付は午後8時半)
            土日祝日:午前9時から午後7時(最終受付は午後5時)

【入浴料】登録料:1500円
      健康チェック料:1500円
      入浴料:1500円(4歳以上の子供は800円)
      2回目からは登録料とチェック料は不要、4歳未満の乳幼児は入浴不可

【泉質】ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩温泉

【泉温】40.5度(気温32度)

【湧出量】毎分341リットル(掘削動力揚湯、掘削深度1500メートル)

【pH】7.9

【温泉利用状況】加水なし、加熱あり、循環濾過あり

【公式ホームページ】http://gorikida-clinic.jp/

 上記の情報は横浜で発行されているフリーマガジン「ゆーゆ」編集部からメールで寄せられ、一般入浴ができることや料金などを「五力田 森の診療所」に直接確認したものです。レア物施設の貴重な情報を提供していただき、ありがとうございました。

2006年05月22日

埼玉・真名井の湯岩槻店が自家源泉利用に

 埼玉県のさいたま市岩槻区にあるスーパー銭湯「真名井の湯 岩槻店」で利用している温泉が自家源泉に切り替わっていたことが明らかになった。岩槻店はこれまで、埼玉県ふじみの市にある姉妹店の「真名井の湯大井店」の源泉をローリー輸送して利用していた。

 新たに利用を始めた自家源泉は源泉名が「彩(さい)の月温泉」アルカリ性単純温泉で泉温34.4度、湧出量は毎分294リットル。加熱循環して利用しているという。自家源泉の導入後も入浴料金は据え置かれ、大人は平日500円、日祭日600円。

 上記の情報はシバクさんの現地取材で判明し、5月21日に本家サイトの掲示板に提供していただきました。情報提供ありがとうございました。

2006年05月21日

東京・前野原温泉さやの湯処、平日の利用時間制限を撤廃

さやの湯処源泉浴槽 都内では希少な源泉掛け流し浴槽がある日帰り温泉「前野原温泉さやの湯処」(東京・板橋区)が、このほど基本料金で利用できる時間の制限を平日について撤廃、土日祝日の時間制限も延長した。3時間以上のんびり過ごそうという人にとっては、実質的な値下げとなった。

 さやの湯処の入浴料は平日で大人800円、子供(小学生以下)500円。この料金で従来は3時間まで利用でき、3時間以降は1時間につき100円の追加料金が必要だった。今回の改定により、何時間滞在しても追加料金は不要となる。

 土日祝日は大人1000円、子供700円で5時間まで滞在できる(従来は3時間だった)。5時間以降は1時間につき100円の追加料金が必要。

 上記の情報はさやの湯処から直接メールで提供していただいたものです。情報提供ありがとうございました。

【参考】さやの湯処の公式サイト

【関連記事】東京・板橋「前野原温泉さやの湯処」12月20日オープン(2005年12月15日)

2006年05月11日

東京・銭湯の大人料金430円に値上げへ

 東京都内の銭湯の大人料金が現行の400円から430円に・上げされることが決まった。2006年5月11日の日経新聞本紙(社会面)によると、10日に開かれた東京都公衆浴場対策協議会で報告された。利用者の減少に燃料の高騰が追い討ちとなり、銭湯の経営は全国的に厳しい状況にある。
 
 ・上げには東京都知事の決定、告示などの手続きを踏む必要があり、実施まで2、3週間かかる見通し。このため現・階ではいつから・上げされるか不明(産経新聞は6月1日から・上げの見通しと伝えている)。中人(6−11歳)、子供(6歳未満)の料金はそれぞれ180円と80円のまま据え置く。

 手元の資料によると、東京の大人の銭湯料金は現行でも神奈川県と並んで全国で最高。次いで大阪、和歌山の390円となっている。全国で一番安いのは佐賀県の280円だが洗髪は別途50円必要なので、実質的には山形、徳島、長崎、大分、宮崎の300円が一番安いといえそう。

 ことしに入ってからこれまでに料金を・上げしたのは岐阜、福井、滋賀、和歌山、岡山、鳥取、香川、沖縄と、既に8県に上っている。

【追記】大人料金は6月1日から・上げされることになった。(5月31日記)

2006年05月02日

東京・大江戸東山温泉が休業中−ポンプ故障

 東京都目黒区にある日帰り温泉「大江戸東山温泉」が休業中だ。2006年5月2日、明らかになった。温泉をくみ上げるポンプが故障したのが理由。

 公式サイトによると、営業再開は5月11日になる見通し。

 上記の情報は匿名希望さんからメールで寄せられました。情報提供ありがとうございます。

【追記】公式サイトの情報が差し替えられたので、営業再開の見通しを「不明」から「5月11日の見通し」と改めました。(5月3日記)

【追記】大江戸東山温泉は2006年末で閉館した。

2006年04月29日

埼玉・神川温泉アカシアの湯を秩父土建が落札

 埼玉県児玉郡の神川町にある県営神川温泉保養センター「アカシアの湯」の民営化に伴う一般競争入札が2006年4月28日実施され、秩父土建が6億300万円で落札した。4月29日付の埼玉新聞が伝えた。

 アカシアの湯は3月末で県営施設としての営業を終了、4月1日から2、3カ月の予定で休業している。報道によると、秩父土建は夏休み中には営業を再開させたい考え。

【追記】アカシアの湯は「かんなの湯」と名称を変え、9月23日にオープンすることとなった。

【関連記事】埼玉・神川「かんなの湯」(旧アカシアの湯)9月23日オープン(8月31日)
        埼玉・神川温泉アカシアの湯、民営化に伴い4月から数カ月休業(3月12日)

東京・スパ ラクーアに新施設オープン

 東京・後楽園のスパ ラクーアは2006年4月28日、オープン3周年を記念したリニューアルの一環として、新しい3種類のサウナをオープンさせた。

 8階と9階にあるヒーリングバーデにオープンした新施設はゲルマニウム・サウナ(岩塩使用)の橙幻宮、クールサウナの翠爽房、カラーセラピーサウナの彩輝房。

 そのほかオリエンタルヘッドスパなどもオープンした。

【参考】スパ ラクーアの公式サイト

2006年04月22日

東京・大江戸温泉物語にもドクターフィッシュお目見え

 東京のお台場にある温泉テーマパーク「大江戸温泉物語」の足湯に2006年4月22日、古い角質をついばむことで知られるドクターフィッシュが登場した。5月31日9月30日まで体験できる。時間は正午から午後9時まで。

 利用料は15分で1575円。たかだか足湯に1500円以上というのは『うわっ、高いなぁ』という気もするが、それだけ希少価値があるということなんだろう。お得な情報満載のフィッシュメイトに登録すると、ゴールデンウィークオープン記念として1050円になるという。この割引が適用される期間は不明。

 ドクターフィッシュのいる足湯は神奈川・箱根ユネッサンにも4月15日に登場したばかり。

【追記】体験期間が延長されたため、打消し線にて削除・修正するとともに、利用可能時間を加筆しました。(7月12日)

【参考】大江戸温泉物語公式サイトのドクターフィッシュ関連ページ

【関連記事】神奈川・箱根小涌園ユネッサンの足湯にドクターフィッシュ登場(4月18日)

2006年04月21日

埼玉・三郷「早稲田天然温泉めぐみの湯」一般公開は4月27日から

【注】「早稲田天然温泉めぐみの湯」の入浴レポはこちらのページにあります。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
めぐみの湯外観 埼玉県三郷市に新しくオープンする日帰り温泉「早稲田天然温泉めぐみの湯」は2006年4月27日から一般公開される。

 45.4度の塩化物泉を100%源泉掛け流しで利用していて、塩素消毒も行っていない。浴槽のお湯は毎日交換しているという。公式サイトには既に成分表も掲載されている。めぐみの湯の基本情報は以下の通り。

【住所】埼玉県三郷市仁蔵193−3 (Google地図
     JR武蔵野線三郷駅から徒歩約10分
     三郷駅、新三郷駅、三郷中央駅(つくばエクスプレス)から無料送迎バスあり

【電話】048−957−7777

【営業時間】午前10時から深夜0時(最終入館午後11時)
       
【定休日】第3木曜日 
      2月と7月にはメンテナンスで数日続けて休業の予定

【入浴料】大人(中学生以上)1300円、子供(4歳以上)600円、4歳未満は無料
      大人はバスタオル、フェースタオル、子供はフェースタオルのレンタル込み
      回数券は6回分で6000円
      個室風呂は上記料金のほか2時間で3150円

【浴場の設備】内風呂、露天風呂、貸切風呂、ミストサウナ、高温サウナ

めぐみの湯露天【源泉名】早稲田天然温泉めぐみの湯

【泉質】ナトリウム−塩化物強塩温泉(高張性中性高温泉)

【泉温】45.4度

【湧出量】毎分300リットル(掘削、動力揚湯)

【温泉利用状況】100%掛け流し

【公式ホームページ】http://www.meguminoyu.com/

 2月8日付の記事で「4月21日オープンへ」としたものの、21日からの受付は招待客のみで、一般への公開は27日からでした。誤解を招いたことをお詫びいたします。

2006年04月18日

神奈川・箱根小涌園ユネッサンの足湯にドクターフィッシュ登場

 神奈川県・箱根温泉の箱根小涌園ユネッサンに「ドクターフィッシュ」として知られる淡水魚約1000匹を入れた足湯が2006年4月15日にオープンした。5月末まで楽しめる。9月末まで楽しめる。

 この魚の正式名称はガラ・ルファ。トルコ中央部にあるバルクル・カプルジャ温泉に生息することで有名。人間の皮膚表面のアカや角質を食べることから、皮膚病を治す魚として珍重されている。

 毎日午前11時、午後1時、午後3時からそれぞれ1時間、入れ替え制で体験でき、追加料金は不要。

【追記】9月末まで延長されたこと、追加料金が不要であることなどを加筆しました(7月14日)

【参考】ユネッサン公式サイトのドクターフィッシュ関連ページ

2006年04月13日

神奈川・横浜みなとみらい万葉倶楽部、水曜に女性割引実施

 神奈川県横浜市の日帰り温泉「横浜みなとみらい万葉倶楽部」は女性客を対象に水曜日のセット入館料を200円割り引くサービスを2006年4月5日から開始した。

 通常料金は大人2620円、子供(小学生)1470円、幼児980円(3歳以上就学前)となっている。また、万葉の湯オリジナル手ぬぐい、食事券やワーナーマイカルシネマズ平日映画鑑賞券が当たるスピードくじも水曜日の女性客に提供する。ゴールデンウィークなど特定期間は女性向けの特典は適用されない。

 横浜みなとみらい万葉倶楽部は2005年6月25日にオープンした。熱海温泉と湯河原温泉から毎日タンクローリーで源泉を運んで利用している。

【参考】横浜みなとみらい万葉倶楽部の公式サイト


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ