2007年02月05日

埼玉・おがわ温泉花和楽の湯4月19日リニューアル

 埼玉県の小川町にある「おがわ温泉花和楽の湯」が2007年4月19日のリニューアルオープンに向け、増築を進めている。リニューアルに先立つ4月9日から18日は休業する。

 手狭になったことから2006年の11月に着工。報道によると、足湯やカフェバーを備えた木造2階建ての建物を建築中だ。増築工事中も営業は通常通り続けている。次回の休業日は3月15日。

【参考】花和楽の湯の公式ホームページ

 上記の情報は高嶺九龍さんに教えていただきました。どうもありがとうございました。

【追記】リニューアル前の休業情報を加筆しました。(2月25日)
リニューアル後の入浴料改定情報は3月22日付の記事「埼玉・おがわ温泉花和楽の湯、4月19日から入浴料引き上げ」を参照。

2007年01月31日

神奈川・箱根ユネッサンでチョコ風呂&花粉症対策風呂

 季節に応じた数々の変わり風呂で知られる神奈川県箱根町の温泉テーマパーク「箱根小湧園ユネッサン」で、バレンタインデーに向けた「チョコレート風呂」とスギ花粉の飛散に先立る「花粉症対策風呂」が実施されている。

 チョコレート風呂は2007年2月18日までで、毎日午前10時半と午後2時にホンモノのチョコレートを注ぐ。保温・血流促進・美肌効果などがあるそうだ(個人的にはベタベタしそうなのが気になる)。

 「花粉症対策風呂」は4月27日まで。どんな風に花粉症に対処するのかというと、(1)バニラエキス成分で鼻づまり緩和(2)シソエキス成分でくしゃみ・鼻水・かゆみを緩和(3)ユーカリ・ラベンダー湯・トレハロース・グリチルリチン酸成分で抗菌・血行促進・保湿効果・肌荒れ予防−に期待できるとか。ただし薬事法に基づいた医薬品ではなく、効果は保証されていない。

【参考】箱根小湧園ユネッサンの公式サイト 

2007年01月24日

千葉・犬吠埼温泉湯めぐりカード2−4月発売−千円で6カ所入浴可

犬吠埼温泉湯めぐり入浴券

 千葉県が2007年2月1日から4月30日まで実施する「ちばデスティネーションキャンペーン」の一環として、期間中に限り「犬吠埼温泉湯めぐりカード」が売り出される。1枚1000円で購入当日に限り犬吠埼温泉の下記の6軒で入浴可能
犬吠埼京成ホテル
犬吠埼ロイヤルホテル
グランドホテル磯屋
ぎょうけい館
ホテルニュー大新
犬吠埼観光ホテル
 たとえば犬吠埼京成ホテルやグランドホテル磯屋は通常の日帰り入浴料が1200円だから、1カ所だけで十分に元が取れる計算だ。

 編集人が実際に利用したところ、チケットの名称は「犬吠埼温泉湯めぐり入浴券」だった。写真は犬吠埼観光ホテルで入浴済みの段階。右側にある各施設の名称が記載された部分を切り取ってもらって入浴するシステムだ。入浴時間はどこも11時から20時まで。

 どこもタオルレンタルつきで、犬吠埼観光ホテルと犬吠埼ロイヤルホテルではバスタオルとフェイスタオルを両方貸してくれた(ただし、ロイヤルホテルは「タオルはお持ちですか?」と尋ねられ、持っていると答えると何も貸してくれないので「タオルお願いします」と言ったほうがいい)。

 チケットの販売は上記6カ所のホテルのほか、銚子電鉄犬吠駅、銚子ポートタワー、地球の丸く見える丘展望館、JR銚子駅観光案内所。問い合わせは犬吠埼京成ホテル内の犬吠埼温泉協議会(電話0479−22−8111)へ。

【参考】銚子市公式サイトの「犬吠埼温泉湯めぐりカード」関連ページ
     ちばDCについての千葉県のプレスリリース(PDFファイル)

【追記】実際に同チケットを利用してきたので4段落目と5段落目を加筆した。(3月5日)

2007年01月23日

神奈川・箱根「松坂屋本店」改修で休業−再開後は日帰り入浴不可

 神奈県の箱根・芦の湯温泉の老舗旅館「松坂屋本店」が2007年1月10日から改修工事のため休業している。営業再開後は日帰り入浴ができなくなる。

 リニューアルオープンの時期は公式ホームページからリンクされているブログ「若旦那の庵」によると、夏ごろには工事を終えたいとのことなので休業期間は数カ月になる見通し。

 公式サイトには「尚、日帰り入浴は今後行いませんのでご了承ください」との寂しい一文がある。一方のブログには「休館中は日帰りのご入浴もお受けすることが出来ませんので、ご了承下さいませ」と、再開後の日帰り入浴に含みをもたせる表現になっている。直接確認したところ、やはり改修工事が終わって営業を再開しても、日帰り入浴は受け付けないとのことだった。

 評判の良いところだけに残念。日帰り入浴しようと2回ほど行ってみたことがあるのだが、いずれも団体客が入っていて日帰り入浴不可だった。

2007年01月22日

千葉・浦安「湯巡り万華郷」1周年記念で入浴料大幅割引

 2006年2月にオープンした日帰り温泉「湯巡り万華郷」が「1周年記念まつり」として2007年1月20日から2月25日までの期間限定で入浴料を大幅に割り引いている。

 大人の平日の入館料は1000円(通常2300円)、土日祝日は1500円(同2650円)、小学生は平日800円(同1550円)、土日祝日1000円(1550円)、幼児は全日500円(同850円)。午前2時以降の滞在には深夜割増料金として別途1680円必要。

 期間中の来館者にはもれなく割引券付の抽選券が配られ、抽選で液晶テレビやデジカメ、健康・美容関連グッズなどが合計500人に当たる。抽選は3月1日。割引券は1周年記念料金と同額の割引料金で3月1日から4月27日まで2名有効。

 2月26日から28日の3日間はメンテナンスのため休館となる。3月1日からは「一周年記念祭り第2弾」が始まり、上記割引券がなくても大人は平日1500円、土日祝日2000円で入浴可能。

【参考】湯巡り万華郷の公式ホームページ

2007年01月20日

千葉・金谷に「天然温泉海辺の湯」オープン

海辺の湯外観女性用露天風呂

 千葉県富津市に2006年12月、日帰り温泉の「天然温泉海辺の湯」がオープンした。浴場は漁師料理「かなや」に併設された建物の2階にあり、露天風呂からは東京湾が見渡せる。

 12月16日にプレオープンし、2007年1月20日現在まだグランドオープンしていないのだが、グランドオープンの時期は未定でグランドオープン後も入浴料や営業時間は変わらない見通しだというから、実質的には正規の営業を始めていると考えても良さそうだ。2月頃には無料の足湯ができるという。

【住所】千葉県富津市金谷525−17 
    JR内房線の浜金谷と竹岡の間、国道127号沿い (ヤフー地図

【電話番号】0439−69−8500

【営業時間】平日:午前10時から午後9時
       土日祝日:午前9時から午後10時

【入浴料】平日:大人750円、小学生400円、小学生未満200円
      土日祝日:大人850円、子供・幼児は平日と同じ
      回数券は11回分7500円(土日祝日利用可)

【浴室の設備】内湯(一部電気風呂になっている)、露天風呂、水風呂、サウナ

【源泉名】かなや温泉

【泉質】ナトリウム−炭酸水素塩・硫酸塩泉

【源泉の温度】17.4度(気温14.5度)

【温泉利用状況】加水なし、加温あり、循環ろ過あり、塩素消毒あり

【参考】私の「海辺の湯」入浴レポ

 お湯はぬめりとすべすべ感のある、コーラのような色をした黒湯だ。まだあまり知られていないためか、週末とはいえ朝方だったせいか、すごくすいていた。残念なのは、露天風呂のガラスに張られた目隠し用のフィルム。反射力が強く、向こう側の海よりも映っている自分の姿のほうがくっきりと見える…。男性用露天風呂に目隠しフィルムがあるかどうか不明。

2007年01月17日

神奈川・寒川乃お湯屋1月21日で閉館

 神奈川県高座郡寒川町にある日帰り入浴施設「寒川乃お湯屋」(通称宮山温泉)が2007年1月21日で閉館する。1月31日を期限に回数券の払い戻しを実施中なので、回数券をお持ちの方は急いだほうがいいかもしれない。

 上記の情報は金ちゃん的『色即是空空即是色』さんから教えていただきました。情報提供ありがとうございました。

【参考】寒川乃お湯屋の公式ホームページ

【訂正】本文1行目の(通称宮川温泉)を(宮山温泉)に訂正しました。(1月18日)

2006年12月29日

神奈川・横浜「ざぶん瀬谷目黒店」12月30日から天然温泉導入

 神奈川県横浜市にあるスーパー銭湯「ざぶん瀬谷目黒店」は2006年12月30日から天然温泉の利用を開始する。源泉は32、3度の炭酸水素塩泉で、加熱利用するみられる。露天の炭酸泉以外の浴槽で天然温泉を利用する。

 天然温泉の利用開始と同時に入浴料を引き上げる。大人は平日650円(会員600円)、土日祝日850円(800円)、子供(3歳以上小学生以下)は平日350円、土日祝日450円。再入浴の制限はなくなる。

 温泉導入の情報はいつもお世話になっている「ゆ〜ゆ」編集部から教えてもらい、ざぶんに直接確認しました。どうもありがとうございました。

【参考】ざぶん瀬谷目黒店の公式ホームページ

2006年12月23日

埼玉・飯能「さわらびの湯」1月18日営業再開

 2006年9月1日から改修工事に入っている埼玉県飯能市営の日帰り温泉「さわらびの湯」が、2007年1月18日にリニューアルオープンする。

【参考】さわらびの湯の公式ホームページ

【関連バックナンバー】
埼玉・飯能「さわらびの湯」9月1日から1月中旬まで休業(8月25日)

2006年12月10日

千葉・みどりの湯都賀店が12月中旬に温泉導入

 千葉県千葉市にあるスーパー銭湯「みどりの湯都賀店」が近日中に天然温泉を導入する。

 泉質はナトリウム−塩化物・強塩温泉で泉温は29.8度。温泉の導入は「12月中旬から」とのこと。すでに12月も中旬だと思うのだが、現在は温泉導入の作業を進めているところで、作業の終了日が確定していないということのようだ。

 みどりの湯の温泉導入の情報はフリーマガジン「ゆ〜ゆ」編集部から教えてもらい、泉質などを直接確認しました。いつも情報提供ありがとうございます。

【参考】みどりの湯都賀店の公式ホームページ

2006年12月02日

東京・大江戸東山温泉が2006年末で閉館

大江戸東山温泉 大変残念なニュース。東京都目黒区にある大江戸東山温泉が2006年12月31日で閉館する。

 大江戸東山温泉といえば地下1500メートルから湧く薄茶色のナトリウム−塩化物・強塩温泉を利用していたら、2005年秋のある日に地下100メートルで沸いているナトリウム−炭酸水素塩泉が混じって黒湯に変わったという温泉。

 この源泉のブレンドにより、設備の大規模な改修が必要になっているという。営業権の問題などもあるようで「休業というより閉館」と説明していただいた。温泉がそのうち営業を再開する可能性はありそうだが、その場合でも経営者は変わるようだ。

 上記の情報は群馬温泉さんから提供していただき、電話にて直接確認しました。悲しくも貴重な情報をお寄せいただき、どうもありがとうございます。

神奈川・箱根小涌園でノロウイルスによる食中毒

 神奈川県箱根町にある大手ホテル「箱根ホテル小涌園」でノロウイルスによる食中毒が発生していたことが明らかになった。神奈川新聞のウェブサイト「カナロコ」が2006年12月2日に伝えた

 報道によると、ホテル内のレストラン「グランヴェール」で11月18日に食事をした宿泊客32人が嘔吐や下痢などの症状を訴え、そのうち12人からノロウイルスが検出された。11月29日から営業を自粛し、小田原保健所は12月1日から営業を禁止したという。

 小涌園の公式ホームページには2日の午後3時半現在ノロウイルス関連の情報は何も掲載されていないが、実際に電話で確認したところ、29日から営業を自粛していたことを認めた上で「小田原保健所からは既に安全とのお墨付きをもらった」と強調。当該レストラン以外は3日から通常通りの営業を再開できる見通しとしている。

 ノロウイルスによる食中毒はこのところ各地で報告されており、当ブログでも11月に秋田・玉川温泉と栃木の日光&鬼怒川温泉でのノロウイルス検出を伝えている。

【関連バックナンバー】
栃木・日光と鬼怒川のホテルが食中毒で営業停止(11月22日)
秋田・玉川温泉で再びノロウイルス検出(11月16日)

2006年11月28日

東京・小平「おふろの王様花小金井店」オープン

 2006年11月28日、東京都小平市に天然温泉を利用したスーパー銭湯「おふろの王様花小金井店」がオープンした。12月4日まで会員登録が無料(通常は100円)になるなどのオープンキャンペーンを実施中だ。

【住所】東京都小平市花小金井南町3−9−10 (ヤフー地図
     西武新宿線・花小金井駅から徒歩13分

【電話】042−452−2603

【営業時間】午前9時から翌午前0時(最終受付は午後11時まで)

【定休日】年中無休

【入浴料】平日:大人800円、小学生400円、幼児300円
      土日祝日:大人1000円、小学生500円、幼児400円
      (大人は会員になると50円引き。3歳未満は無料)

【回数券】10枚7000円(会員のみ購入可、土日祝日は追加料金100円が必要)

 お風呂は16種類あり、なかでも「王様の湯」は源泉をかけ流しで利用しているそうだ。岩風呂、寝湯、寝転び湯、壷湯なども温泉を利用している。サウナはスタジアムサウナとサンゴ石を利用した低音スチームサウナの2種類ある。

【参考】おふろの王様花小金井店の公式ホームページ

2006年11月22日

埼玉・森のせせらぎなごみ、久喜駅への送迎バス運行開始

 埼玉県久喜市にある日帰り温泉「森のせせらぎなごみ」が久喜駅との間に平日限定で無料送迎バスの運行を始めた。土日祝日の運行は利用状況をみて検討するそうだ。

 久喜駅西口の左手にある不二家(現在休業中)前から午前10時、正午、午後2時、午後4時発の1日4便、帰りはなごみ発午前11時50分、午後1時50分、午後3時50分の1日3便。

 上記の情報はノースさんから寄せられ、運行ダイヤをなごみに確認しました。情報提供ありがとうございました。

2006年11月15日

神奈川・箱根ユネッサンで11月16−26日にボージョレ風呂

 神奈川県箱根町の温泉テーマパーク「箱根小涌園ユネッサン」に2006年もボージョレ・ヌーボー風呂がお目見えする。11月16日の解禁に合わせて始め、11月26日まで楽しむことができる。

 初日の16日は午前10時頃と午後1時頃に各先着30人限定で試飲会が開かる。肝心の風呂は、午前11時頃、午後1時頃、午後4時頃の1日3回、1回につき4本のボージョレ・ヌーボーを注ぎ込むそうだ。初日の16日だけ午前11時が午前10時に繰り上がる。

【参考】箱根小涌園ユネッサン公式サイトの関連ページ

2006年11月12日

神奈川・ゆめみ処ここち湯海老名店12月1日から入浴料100円上げ

 神奈川県海老名市にある温泉スーパー銭湯「ゆめみ処ここち湯海老名店」はボイラー設備の改修に伴い、2006年12月1日から入浴料を引き上げる。

 新料金(一般料金)は大人が平日750円(現行650円)、土日祝日850円(同750円)、子供は平日400円(同350円)、土日祝日450円(同400円)。会員料金はそれぞれ50円安い(入会金100円)。

【参考】ゆめみ処ここち湯海老名店の公式ホームページ(音が出るので注意)

 上記の情報はフリーマガジン「ゆ〜ゆ」編集部から寄せられました。いつも情報をありがとうございます。

2006年11月04日

神奈川・溝口温泉「喜楽里」11月6日プレオープン、400円で入浴可

 神奈川県川崎市の高津区にできた日帰り温泉「溝口温泉喜楽里」が2006年11月6日の1日だけ、プレオープンのお試し入浴キャンペーンを実施する。グランドオープンは11月8日。

 この日の入浴料は400円(通常は750円)、岩盤浴は200円(400円)。ただし、利用は中学生以上に限られていて、小学生以下の児童、乳幼児は入館できない。この入館制限はグランドオープン後も適用される。

 時間は午前9時から午後10時まで。最終入館時間を確認しようと電話してみたら、喜楽里の方は不在で業者の方が電話に出てくれ「多分午後9時までだと思いますが、保証できません」と教えてくれた。夜の時間帯に行く方は、最終入館時間を確認したほうがいいかも。

 喜楽里の基本情報は9月16日付の記事「神奈川・川崎に溝口温泉『喜楽里』11月8日オープン」を参照。

東京・大谷田「明神の湯」平日の入浴料300円引き下げ

 東京都足立区にある日帰り温泉「大谷田温泉明神の湯」が平日の料金を引き下げた。これまで一律1200円だった大人の入浴料は平日に限り900円に、子供は500円(土日祝日は600円)、乳幼児は300円(土日祝日400円)となった。60歳以上のシルバー料金は全日800円。

 このほか、新たに朝風呂と夜風呂、レディースデイが導入された。朝風呂は午前10時から正午まで、夜風呂は午後9時から深夜0時まで(最終入場は午後11時)、それぞれ600円で入浴可能。また、毎週火曜日はレディースデイとして女性の入浴料が700円になる。

 明神の湯は2006年1月に大人料金を1000円から1200円に引き上げた。ずいぶん強気の料金設定だと思ったのは私だけじゃなかったようで、1年もしないうちに料金の改定を迫られた。

【参考】大谷田温泉明神の湯の公式サイト

【過去の関連記事】
東京・大谷田「明神の湯」が1月から200円値上げ(2005年12月29日)

2006年10月28日

神奈川・横浜「港北の湯」11月8日オープン

 神奈川県横浜市にスーパー銭湯「港北の湯」が2006年11月8日、グランドオープンする。第3京浜港北インターを降りてすぐという便利な場所だ。直接提供していただいた基本情報は以下の通り。

【住所】神奈川県横浜市都筑区折本町248 (ヤフー地図

【電話】045−470−0026

【営業時間】午前10時から翌午前1時(最終受付は深夜0時)

【定休日】年中無休(年数回のメンテナンス日を除く)

【入浴料】大人:平日680円、土日祝日880円
      子供:平日350円、土日祝日450円

【浴室の設備】内湯、露天、サウナ2種(タワーサウナ、塩サウナ)
(オリジナルの「トルマリン塩サウナ」は腰掛部分にトルマリン鉱石を使用している)

【公式サイト】 http://www.kohokunoyu.com/

【追記】港北の湯は2007年4月下旬から天然温泉の利用を開始した。

2006年10月18日

埼玉・おふろの王様志木店10月19日から天然温泉導入

 埼玉県志木市にあるスーパー銭湯「おふろの王様志木店」が2006年10月19日、天然温泉を導入してリニューアルオープンする。

 天然温泉の導入に伴って入浴料は引き上げられ、大人100円、小学生と幼児はそれぞれ50円ずつ従来よりも高くなる。新しい入浴料は以下の通り。

大人:平日700円、土日祝日800円(会員はともに50円引き)
小学生:平日350円、土日祝日400円
幼児(3歳以上小学生まで):平日250円、土日祝日300円

 導入される温泉の 源泉名は「王様温泉志木の湯」で泉質はナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉。源泉温は34.4度(気温19度)、湧出量は毎分313リットル。

【参考】おふろの王様公式サイト

【過去の関連記事】埼玉・おふろの王様志木店、秋頃に天然温泉導入(6月27日)


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ