2006年04月11日

東京・巣鴨SAKURA、改装で5月29日−6月30日休業

 東京都豊島区駒込(最寄り駅は巣鴨)にある日帰り温泉「東京染井温泉SAKURA」は2006年5月29日から6月30日までの1カ月間休業する。リニューアル工事を実施するためで、7月1日の営業再開と同時に岩盤浴をスタートさせる。

【参考】SAKURA公式サイトのリニューアルのお知らせ(PDFファイル)

2006年04月08日

埼玉・行田湯本天然温泉「茂美の湯」グランドオープン

 埼玉県行田市にある日帰り温泉「行田湯本天然温泉茂美(もみ)の湯」新館が2006年4月8日グランドオープンした。

 従来の入浴施設は内湯だけで旧館の上階にあったが、新館の建設とともに露天風呂もでき、段階的にオープンしていた。庭園露天風呂の完成をもってグランドオープンにこぎつけた。

 私が行ったのはちょうど1年前になるけど、ここのお湯は源泉掛け流しでなかなかいい。当時は怪しい雰囲気の漂うB級施設といった感じだったが、公式サイトを見る限り小奇麗なA級施設になっ(てしまっ)たようだ。

【参考】茂美の湯の公式サイト

2006年04月01日

東京・アキバに「萌えの湯」年内オープンへ!

【お願い】この記事を読む際はコメント欄も併せてお読みください。どうぞよろしくお願いします。
ーーーーーーーーーーーーー−−−−−−−−−−−−−−−
 オタクの聖地として知られてきた東京・秋葉原に日帰り温泉「萌えの湯」が年内にもオープンする。当ブログの取材により2006年4月1日、明らかになった。

 商業ビルの建設現場で昨年末に45.6度の天然温泉が湧出したため、建設計画を急遽温浴施設に切り替えた。泉質はナトリウム−塩化物泉で湧出量は毎分630リットルもある。

 「萌えの湯」には岩風呂の「オタクの湯」とヒノキ風呂の「メイドの湯」を設け、男女日替わりで利用する計画。毎月3回のサプライズデーには受付嬢がメイド姿で「おかえりなさいませ、ご主人様!」と迎えてくれるという。

 地元では「昨年は『電車男』で秋葉原が注目を集めたが、今年に入ってからは新規の話題に乏しかった」として温泉の開業を待望しているが、秋葉原の街角でインタビューしたオタク系青年からは「いまさら『萌え』でもないでしょう。温泉には興味ありません…」と冷めた声が聞かれた。

【お断り】コメント・トラックバック欄をオープンにしていますが、記事の性格上、不要の誤解を招かないために数日中に全削除する可能性があります。ご了承ください。

2006年03月19日

神奈川・横浜にSpa Libur Yokohama、3月31日オープン

 神奈川県横浜市にバリ島をモチーフとした天然温泉利用のスパ施設「Spa Libur Yokohama(スパ リブール ヨコハマ)」が2006年3月31日にオープンする。インテリアはバリから直接取り寄せ、現地の雰囲気を表現しているそうだ。直接提供していただいた基本情報は以下の通り。

【住所】横浜市鶴見獅子ヶ谷2−39−18 (Google地図
     公共交通機関での行き方は下記の公式ホームページにある。

【電話番号】045−575−7573

【営業時間】午前10時から翌午前8時

【定休日】年中無休(施設管理のため不定期の休館あり)

【入浴料】平日(滞在7時間まで。それ以上は延長料金が必要)
        大人(12〜65歳) 1890円
        子供(12歳まで)  1470円
        シニア(65歳以上)1470円
        延長料金(1時間)  200円

     土日祝日(滞在6時間まで。それ以上は延長料金が必要)
        大人          2100円
        子供          1680円
        シニア         1680円
        延長料金(1時間)  300円

【会員制度】入会金無料で入会時に割引券を進呈。
        会員は10回来店ごとに1回、入館料が無料になる。

【浴室の設備】源泉掛け流し風呂、白湯、露天風呂、ジャグジー、サウナ

 その他レストラン、ヒーリングルーム、喫茶・バー、バリ風岩盤浴などがそろっている。もちろんバリ式のエステもある。源泉掛け流し浴槽があるというのは嬉しい。

【公式ホームページ】http://www.anan-jp.com/

2006年03月12日

埼玉・神川温泉アカシアの湯、民営化に伴い4月から数カ月休業

 埼玉県児玉郡の神川町にある県営神川温泉保養センター「アカシアの湯」が3月末で県営施設としての営業を終了する。

 4月からは民間業者の経営となるため移行手続きが進められているところで、準備期間として2、3カ月にわたって休業することになった。

 アカシアの湯は「3月14日は通常の定休日となりますが、31日まで通常通り営業します」としている。

【参考】アカシアの湯の公式サイト

 上記の情報は作次郎さんからメールでいただきました。情報提供どうもありがとうございます。

【関連記事】埼玉・神川温泉アカシアの湯を秩父土建が落札(4月29日)

2006年02月20日

千葉・長生村の温泉で貴重品ロッカーに小型カメラ見つかる

 千葉県長生村にある温泉施設で貴重品ロッカーに小型カメラが設置されていたことが2006年2月18日に発覚した。暗証番号入力する部分を撮影できる位置に取り付けられていたという。TBSテレビが20日に伝えた

 この小型カメラの設置を原因とした貴重品盗難などの被害があったかどうかは、報道では明らかにされていない。

 温泉施設の暗証番号式貴重品ロッカーに関しては、1月にも東京・小平市でキャッシュカードなどが盗まれたばかり。詳しくは1月30日付けの記事「東京・小平の温泉で貴重品ロッカーからカード盗難」を参照のこと。

2006年02月19日

東京・三鷹「みたか温泉鷹場の湯」2月20日再オープンへ

【注】鷹場の湯は2008年5月30日で閉館。詳しくは5月6日付の記事「東京・三鷹『鷹場の湯』5月30日で閉館−経営代わり7月再開へ」を参照。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 東京都三鷹市の「みたか温泉鷹場の湯」が2006年2月20日に営業を再開する見通しになった。公式サイトには「2月20日オープン予定」とされている。入浴料には変更がない様子だ。

 鷹場の湯は1月11日にオープンしたが、トラブルのために同日中に営業を停止。再オープンに向け1カ月余りにわたって態勢を整えていた。詳しくは過去記事の「東京・三鷹に『みたか温泉鷹場の湯』1月11日オープン」とそのコメント欄を参照。

 同記事へのコメント欄で2月15日に三鷹市のお隣さんから「20日にオープン」との情報を提供していただき、きょうになって公式サイトで確認した(三鷹市のお隣さん、情報提供ありがとうございました)。

 ただ、公式サイトのサイトポリシーによると「有限会社鷹場の湯は、当サイトに掲載する情報の正確性、最新性、有用性等その他一切の事項について、いかなる保証もするものではありません」となっている。経営者が情報の正確さを保証しておらず、予定通り20日にオープンしない可能性も否定できない。実際にいらっしゃる方は、予定通り営業されているかどうか確認したほうがいいかもしれない。

2006年02月14日

東京・八王子「福福の湯」2月16日から一年程度休業

 東京都八王子市下柚木にある日帰り温泉「福福の湯」が2006年2月16日から約1年間休業する。新館の建築など大規模な改装が実施される予定だ。2月15日までは通常通り営業するという。

 上記の情報は福福の湯の近くに住んでいる友人(匿名希望)から教えてもらい、直接電話で確認しました。

【追記】2007年2月現在、福福の湯の電話はつながらない。単なる改装なら電話を解約するとも思えず、何らかの理由で「改装休業」ということにしておいて実際は廃業したか、何らかの理由で改装できなくなったものとみられる。

2006年02月08日

埼玉・三郷に「早稲田天然温泉めぐみの湯」4月21日オープンへ

【注】「早稲田天然温泉めぐみの湯」の入浴レポはこちらのページにあります。

【おことわり】一般公開は当初計画よりも遅れ、4月27日から始まりました。
ーーーーーーーーーーーーー−−−−−−−−−−−−−−−−
めぐみの湯ロゴ 当サイトの特ダネ?オープン情報。埼玉県に温泉の新規開業が続いているが、春にはさらに新顔が加わる。三郷市に「早稲田天然温泉めぐみの湯」が2006年4月21日にオープンする見通しだ。(画像は「めぐみの湯」提供のロゴ)

 45.4度のナトリウム−塩化物強塩温泉を100%掛け流しで利用するというから、鮮度のいいお湯に期待できそう。直接提供していただいた基本情報は以下の通り。
 
【住所】埼玉県三郷市仁蔵193−3
     JR武蔵野線三郷駅から徒歩約10分 送迎バスも運行予定

【電話】048−957−7777

【営業時間】午前10時から深夜0時
       (土日祝日は午前9時から営業)

【定休日】第3木曜日 
      2月と7月にはメンテナンスで数日続けて休業の予定

【入浴料】大人(中学生以上)1300円、子供(4歳以上)600円、4歳未満は無料
      回数券は6回分で6000円
      個室風呂は上記料金のほか2時間で3150円

【浴場の設備】内風呂、露天風呂、貸切風呂、ミストサウナ、高温サウナ

【源泉名】早稲田天然温泉めぐみの湯

【泉質】ナトリウム−塩化物強塩温泉(高張性中性高温泉)

【泉温】45.4度

【湧出量】毎分300リットル(掘削、動力揚湯)

【温泉利用状況】100%掛け流し

【公式ホームページ】http://www.meguminoyu.com/

【追記】三郷−松戸間などの東武バス路線で計3台のラッピングバスが運行されている。(画像提供:めぐみの湯)
めぐみの湯ラッピングバス

2006年02月07日

埼玉・大宮やまとの湯2月15−20日は特別割引料金で入浴可

 埼玉県さいたま市北区に温泉を利用したスーパー銭湯「大宮やまとの湯」が2006年2月23日グランドオープンする。それに先立つ2月15日から20日までの6日間、「いちばん風呂フェア」として大人400円の特別割引料金で一般公開する。この間は会員登録も無料。21日、22日は休業し、23日から通常営業となる。

 「いちばん風呂フェア」期間中は毎日先着100人に入浴専用美容塩のプレゼントがある。温泉は地下1100メートルから湧くアルカリ性単純温泉で、湧出量は毎分409リットルと豊富だ。29.2度というので加熱利用するのだと思う。露天の「日出の湯」、「櫛奈の湯」、つぼ湯、湯腰掛と内湯の「簸王の湯」で温泉を利用するという。流行の岩盤浴も別料金で利用できる。

【住所】埼玉県さいたま市北区植竹町1−805(ヤフー地図
     JR土呂駅から徒歩9分

【電話】048−662−4126

【営業時間】午前10時から翌午前1時(受付は午前0時まで)

【定休日】2月23日からは年中無休(施設点検の臨時休業を除く)

【入浴料】平日:大人700円、子供(小学生)350円、幼児(4歳以上)150円
      土日祝日:大人750円、子供400円、幼児150円
      3歳以下は無料、会員になると大人、小学生はそれぞれ上記から50円引き
      
      岩盤浴は大人のみで平日は+700円、土日祝日は+750円
       (会員は平日+600円、土日祝日+650円)

【参考】やまとの湯公式サイトの大宮やまとの湯のページ

 大宮やまとの湯のオープンに関しては、本家サイト「らくだジャーナル」の掲示板にてヒゲ毒太さんから情報をいただきました。どうもありがとうございました。

2006年02月05日

千葉・浦安に「湯巡り万華郷」2月25日オープン

 新浦安ナビによると、千葉県浦安市に終夜営業の温泉入浴施設「浦安温泉湯巡り万華郷」が2006年2月25日オープンする。収容可能人数約3000人というから、かなり大規模な施設といえそう。

 公式サイトによると館内は大正ロマンを演出しているのだそう。普通の男女別温泉浴場だけではなく、水着を着用して男女一緒に楽しめる「外湯」が16もあるのも特徴だ。

【住所】千葉県浦安市日の出28番2(ヤフー地図) 新浦安駅から徒歩20分
     バスは新浦安駅11番停留所からベイパーク行きで終点下車、徒歩5分。
     
【電話】047−304−4126

【営業時間】午前11時から翌午前9時
       (最終入場は平日午後11時まで、金土・祝祭前日は午前0時まで)

【入浴料】大人:平日2300円 土日祝祭日2650円
      子供(小学生):全日1550円
      幼児(3歳以上小学生未満):全日850円

【浴場内設備】内湯は温泉浴槽含め男女各7、露天は温泉浴槽含め男女各4
         水着を着用のスペース「外湯」は温泉浴槽含め全部で16
         個室露天風呂は10 
         サウナはハーブスチームと岩塩黄土の男女各2

【源泉名】浦安温泉物語

【泉質】ナトリウム−塩化物強塩泉

【公式ホームページ】http://www.yumegurimangekyo.com/

 泉温や温泉利用状況(加水・加温・循環ろ過・消毒の有無)は不明。公式サイトは昨年以来更新されていないのか、2月5日現在は「来春グランドオープン」となっていて、詳細な情報はまだ掲載されていない。大人を別にすれば、入浴料が週末や祭日でも上がらないのは嬉しいところ。個室露天風呂が別料金なのかどうかは現段階では不明。

 浦安市(舞浜)にはこの夏も新たな温泉施設のオープンが予定され、ちょっとした温泉激戦区になるかもしれない。

2006年02月04日

神奈川・箱根小湧園ユネッサンに岩盤浴オープン

 神奈川県足柄下郡箱根町にある温泉テーマパーク「箱根小湧園ユネッサン」に2006年2月2日、岩盤浴がオープンした。

 営業時間は午前10時から午後9時で最終受付は午後7時半。電話の申し込みは午前9時から午後8時まで0460−2−8001で受け付ける。料金は80分の利用で一般1500円、ユネッサン入場者は1000円。回数券は10回分1万3500円。作務衣、バスシーツ、バスタオル、フェイスタオルは料金に含まれるが、ミネラルウォーターは別途100円必要。

 また箱根小湧園ユネッサンではバレンタインの特別企画としてカップル2人で通常8000円の入場料を半額の4000円に割り引く「カップルプラン」を2月4日から19日まで実施中。割引料金の適用を受けるには公式サイトの当該ページを印刷して持参する必要がある。

【参考】箱根小湧園ユネッサンの公式ホームページ

2006年02月02日

神奈川・川崎市議会の委員会「温泉建設に行政指導必要」で一致

 神奈川県・川崎市議会のまちづくり委員会は2006年2月1日、宮前区の住宅地に建設が計画中の温泉施設建設に関し、周辺住民が「行政の業者への適切な指導」などを求めた請願を全委員一致で趣旨採択した。2日付の東京新聞が伝えた。

 報道によると、セントラル都市計画が5700平方メートルの敷地にスーパー銭湯を建設する計画で、工期は4月から11月までの予定。周辺には小中学校や保育園があり、周辺の道路は幅6メートルであることや、温泉が予定している営業時間は午前8時から翌午前1時となっていることから、子供たちの安全や周辺の環境について住民の懸念が広がっている。

 川崎市議会の佐々木ゆみこ議員のブログでも2月1日付の「川崎市宮前区に温泉・・??」という記事でこの問題が取り上げられている。新聞では住民が請願したのは「行政の業者への適切な指導など」となっているけど、このブログによると、住民は建設計画の変更を求めているようだ。

2006年01月30日

東京・小平の温泉で貴重品ロッカーからカード盗難

 四国新聞岩手日報など全国の主要地方紙が2006年1月30日に伝えたところによると、東京・小平市にある日帰り温泉で1月14日、利用客が貴重品ロッカーに入れていたキャッシュカードが盗難に遭い、現金が引き出されていたことが分かった。

 貴重品ロッカーは暗証番号で開閉するシステムで、防犯ビデオには不審な2人組の男が映っていたという。キャッシュカード1枚とクレジットカード2枚を盗まれた男性が28日に被害に気づき、小平署に届け出た。現金145万円を引き出されたとしている。

 小平市にある日帰り温泉といえば1軒しか思い浮かばないのだが、こういう時に固有名詞を出すのはタブーなのだろうか? 何はともあれ温泉ファンのみなさん、盗難に遭わないようにご注意を!

埼玉・さいたま清河寺温泉、2月2日オープン決定

【追記】実際の入浴レポは本家サイトの以下のページにアップしてあります。http://www.rakuda-j.net/onsen/kanto/seiganjinew.htm (2月7日)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 2006年1月26日付の記事で紹介した埼玉県さいたま市西区の「清河寺温泉いずみの湯」は「さいたま清河寺温泉」と名前を変え、2月2日にオープンすることが決まった。

 露天風呂には生源泉湯(非加熱・非加水・掛け流し・塩素消毒なし)の浴槽と加熱掛け流し浴槽があるそうで、2003年の秋に体験入浴させていただいて源泉のイキの良さに思わずうなった1人としては大いに期待している。

【住所】埼玉県さいたま市西区大字清河寺683−4(Google地図
    大宮駅西口8番乗り場から出ている東武バスで「清河寺」バス停下車すぐ
    (平方・リハビリセンター・西上尾車庫方面行きのバス)

【電話】048−625−7373

【営業時間】午前10時から翌午前1時(最終受付午前0時半)
       (土日祝日は午前9時から)

【定休日】年中無休(メンテナンスのため年に数日休業の予定)

【入浴料】平日:大人700円 子供350円
      土日祝日:大人800円 子供450円
      (会員はそれぞれ50円引き。入会金は100円)

以下は2003年に仮施設で公開された際にいただいた分析書の内容。

【泉質】ナトリウム−塩化物泉

【泉温】38.3度(気温30度)

【湧出量】毎分480リットル(掘削・動力揚湯)

 なお、この「さいたま清河寺温泉」について、過去記事へのコメント、メール、掲示板への書き込みなどで多くの方から情報をいただきました。どうもありがとうございました。

2006年01月26日

埼玉・清河寺温泉いずみの湯、2月2日オープン予定

【注】営業時間・入浴料など施設の詳細と最新情報は1月30日付の記事「埼玉・さいたま清河寺温泉、2月2日オープン決定」にありますので、そちらをご覧ください。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 2003年秋に仮施設で無料開放され多くの温泉ファンの人気を集めた埼玉県さいたま市西区の「清河寺温泉いずみの湯」が、商業入浴施設となっていよいよオープンする。予定では2006年2月2日の開業だ。

 あくまで“予定”なのは、2月2日のオープンが「90%決まっているものの、現段階では断言できないため」だそう。2月2日は大安吉日。ぜひ予定通りにオープンしてもらいたいものだ。オープン日が確定したら新たな記事で続報する。

2006年01月23日

神奈川・箱根底倉に日帰り温泉「てのゆ」オープン

 ニュースとしてはかなり古い話で恐縮だが、神奈川県箱根町の底倉温泉に日帰り温泉の「てのゆ」が2005年12月23日オープンした。ちょうど1カ月前のことだ。

【住所】神奈川県足柄郡箱根町底倉555(ヤフー地図でこのあたり
     箱根登山鉄道・宮ノ下駅から徒歩または湖尻・桃源台行きバスで木賀温泉入り口下車

【電話】0460−6−1026

【営業時間】午前10時から午後8時(最終受付午後7時)

【休業日】オープン後は今まで無休。2月に1日だけ休業する予定だが何日にするかは未定。

【入浴料】平日:大人(中学生以上)1300円 子供(3歳以上)500円
      土日祝日:大人1800円 子供800円

 公式ホームページは作成中だそう。経営はミサワエステート

 上記の情報はレロリロさんからメールでいただき、確認したものです。情報提供どうもありがとうございます。旅行に出ていたこともあり、情報をいただいてから紹介するまでに時間がかかってしまい、どうも申し訳ありませんでした。

2006年01月06日

東京・三鷹に「みたか温泉鷹場の湯」1月11日オープン

【注】鷹場の湯は2008年5月30日で閉館。詳しくは5月6日付の記事「東京・三鷹『鷹場の湯』5月30日で閉館−経営代わり7月再開へ」を参照。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 東京都三鷹市に2006年1月11日、日帰り温泉(スパ?)の「みたか温泉鷹場の湯」がオープンする。38.5度の塩化物泉を加熱利用するそうだ。

【住所】三鷹市野崎1−13−2(ヤフー地図
     三鷹駅からバスの場合は8番乗り場からいずれのバスに乗っても
     医師会館または野崎で下車し徒歩5分。吉祥寺と調布駅からもバスがある

【電話】0422−70−4126

【営業時間】午前10時から翌午前0時

【定休日】毎月第3水曜日(2006年1月は無休)

【入浴料】大人2250円、子供(4歳〜小学生)950円
      岩盤浴は525円追加、水を取ると別途105円必要

【泉質】ナトリウム−塩化物温泉

【泉温】38.5度

 内湯、露天、ミストサウナがあるそうだ。会員制度の導入などは現在検討中という。入浴料から判断してもかなり高級感のある施設なのではなないかと想像するが、これを書いている段階で現地に出向いていないので、あくまで想像。枕詞を「日帰り温泉」としてしまったが、「スパ」としたほうが適切な表現かもしれない。

【追記】オープン直後の設備故障で営業を休止、鷹場の湯の公式サイトには16日付で「万全な体制を整えた上で、改めて開店をいたしたく存じます」というお詫びとお知らせがアップされている。これとは別に女将さんのブログが存在するので、最新情報はいずれかで把握できるはず。(1月19日記)

みたか温泉鷹場の湯公式ホームページ(http://www.takabanoyu.co.jp/
若女将ふみこの温泉日記ブログ(http://blog.livedoor.jp/takabanoyu/

【関連記事】東京・三鷹「みたか温泉鷹場の湯」2月20日再オープンへ(2月19日)

2005年12月29日

埼玉・行田「古代蓮物語」1月から営業時間短縮

 埼玉県行田市にある日帰り温泉「古代蓮物語」は2006年1月1日から営業時間を短縮する。開店時間を現行よりも1時間遅い午前10時とし、閉店時間は4月から曜日を問わず午後10時(現在は平日午後11時、金・土・祝前日は午前0時)とする。

 また、2005年12月30日を最後に「朝風呂プラン」「得トクプラン」「夜風呂回数券」の販売を終了する。

【参考】古代蓮物語の公式ホームページ

 上記の情報はONKEN21さんが本家サイトの掲示板に寄せてくれ、公式サイトにて確認したものです。情報提供どうもありがとうございました。

東京・大谷田「明神の湯」が1月から200円値上げ

 東京都足立区の大谷田にある「大谷田温泉明神の湯」が2006年1月1日に入浴料を値上げする。新規料金は大人1200円(現行は1000円)、子ども(3歳から中学生未満)は600円(500円)、2歳以下の幼児は400円(300円)。

 5枚つづりで6カ月間有効の大人用回数券も4500円(4200円)となり、1回当たりにして900円(840円)になる計算。

 23区内では数少ない掛け流し浴槽のあるところだけに、200円程度の値上げでは客足には響かないかもしれないが、個人的には原則として入浴料のメドを1000円までにしているので、足が遠のきそうだ。

【参考】大谷田温泉明神の湯の公式ホームページ

 上記の情報は本家サイトの掲示板にミキティさんが寄せてくれ、公式サイトで確認したものです。情報提供をどうもありがとうございました。

【追記】その後、「かけ流し浴槽」はいつの間にか「循環浴槽」に変わっていた。さらに2006年11月には平日の入浴料が引き下げられた。詳しくは2006年11月4日付の「東京・大谷田「明神の湯」平日の入浴料を300円引き下げ」を参照。


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ