2008年09月30日

ダイキン工業が温泉宿に15組30人を招待

 ダイキン工業株式会社は同社のダイキンエコキュートが2007年度の省エネ大賞を受賞したことを記念する第2弾の温泉宿招待企画「もっとe湯だなぁ大賞キャンペーン」を2008年10月1日から実施する。

 ハガキかネットでクイズに答える(「ダイキンエ○キュート」の○に正しい文字を入れる)と、合計15組30名に以下の温泉宿への旅行が当たる。締め切りは12月31日(郵便の場合は当日の消印有効)。
A)エコde大賞 伊豆稲取温泉 稲取銀水荘(静岡)
B)省エネde大賞 長門湯本温泉 大谷山荘(山口)
C)e湯de大賞 阿寒湖温泉 あかん鶴雅別荘鄙の庭(北海道)
 どの賞が当たるかはお楽しみとのことなので、希望することはできない。賞品は上記温泉宿のいずれかでの1泊(2食付き、税サービス料込み)と、現地までの交通費が含まれる。ただし、最寄りの空港もしくは新幹線駅までの旅費は含まれない。招待有効期間は2009年2月1日から3月31日。

【参考】ダイキン工業のプレスリリース

【過去の関連記事】
“憧れの温泉宿”への旅行を15組30名にプレゼント(2008年5月29日)

2008年09月21日

【雑誌】無料入浴パスポート付「自遊人」9月26日発売

 雑誌「自遊人」を発行するカラットは、第7回温泉パスポート付の2008年11月号が9月26日に発売されるのに先立ち、パスポートを利用して無料入浴できる施設のリストを発表した。

 今回は北海道から鹿児島までの100軒が対象になっている。パスポートの利用期間は9月26日から3月31日まで。年末年始は利用できないほか、施設によって利用条件が設けられていることもある。

【参考】自遊人おんせん倶楽部

2008年08月29日

大分・別府で日本温泉学会全国大会9月6、7日開催

 温泉学会は第9回の全国大会を2008年9月6、7日の2日間にわたり大分県別府市で開催する。大会テーマは「温泉力と地域活性化」で会員以外の一般参加も可能。

 9月6日の会場はホテルニューツルタで「温泉資源と地域づくり」についての基調講演や「温泉活性化と国民健康保養地制度の課題」についてのシンポジウムが予定されている。9月7日は会場を立命館アジア太平洋大学に移し、会員の課題報告がある。

 全国大会のプログラム詳細は下記リンク先を参照。問い合わせは温泉学会事務局(077−558−2698)へ。

【参考】温泉学会の公式サイト
     第9回全国大会のプログラム(PDFファイル)

2008年05月29日

“憧れの温泉宿”への旅行を15組30名にプレゼント

 ダイキン工業株式会社はダイキンエコキュートが2007年度の省エネ大賞を受賞したことを記念して、2008年6月1日から「e湯だなぁキャンペーン」を実施する。

 ハガキかネットでクイズに答える(「ダイキンエ○キュート」の○に正しい文字を入れる)と、合計15組30名に以下の温泉宿への旅行が当たる。
A)エコde大賞 いぶすきホテル秀水園(鹿児島)
B)省エネde大賞 箱根吟遊(神奈川)
C)e湯de大賞 城崎温泉西村屋本館(兵庫)
 どの賞が当たるかはお楽しみとのことなので、希望することはできない。賞品は上記温泉宿のいずれかでの1泊(2食付き、税サービス料込み)と、現地までの交通費が含まれる。ただし、最寄りの空港もしくは新幹線駅までの旅費は含まれない。招待有効期間は2008年10月1日から12月15日。

 応募期間は6月1日から8月31日までで、ハガキは8月31日の消印有効、ネットは31日の24時まで受け付ける。当選者には9月上旬に連絡がある。

【参考】ダイキン工業のプレスリリース 

2008年05月15日

【シンポジウム】「別府温泉郷の現状と観光振興策」5月19日開催

 日本温泉地域学界が2008年5月18日と19日の2日間にわたって大分県の別府市で開催する第11回研究発表大会・総会のうち5月19日の基調講演とシンポジウムが一般公開される。

 プログラムは12時半から15時までで、会場は地方職員共済組合別府保養所つるみ荘3階の「二豊の間」。入場は無料。内容は以下の通り(敬称略)

(1)基調講演
■12時半から13時 
「温泉資源の適正利用と課題」甘露寺 泰雄(中央温泉研究所長)

■13時から13時半
「別府温泉郷の自然・文化資源を活かした観光振興」山村 順次(城西国際大学教授)

(2)シンポジウム
■13時40分から15時
「別府温泉郷の現状と観光振興策」
コーディネーター:石川 理夫(温泉評論家)
パネリスト:由佐 悠紀(京都大学名誉教授)
       :中山 昭則(別府大学教授)
       :斉藤 雅樹(大分県産業科学技術研究センター主任研究員)
       :鶴田 浩一郎(ハットウ・オンパク代表)

 問い合わせは別府市役所(電話0977−21−1111)の温泉課へ。

【参考】別府市公式サイトのシンポジウム関連ページ

2008年05月14日

長野・野沢温泉で第4回かけ流し温泉サミット5月25、26日開催

 長野県の野沢温泉で2008年5月26、27日の2日間にわたって「第4回源泉かけ流し全国温泉サミット」が開催される。主催は野沢温泉源泉かけ流しの会

 サミットのテーマは「温泉のプリンシプル(原理・原則・本質)とは何か」「温泉の未来形を探る」「温泉と健康、そして環境」と盛りだくさん。

 5月26日は開会式、各温泉地での活動紹介に続いて札幌国際大学の松田忠徳教授の基調講演、交流会、27日は温泉のプリンシプルについての研究発表、温泉と健康と環境についてのパネルディスカッションが予定されている。

 参加申込書は下記参考サイトの左下からダウンロードできる。登録料は1000円、エクスカーションに参加すると1800円、交流会は3000円。

 サミットについての詳細問い合わせ先は野沢温泉源泉かけ流しの会(電話0269−85−2056)へ。

 源泉かけ流し温泉サミットは2005年10月に十津川温泉(奈良)で開催されたのが第1回大会で、それ以降は第2回は川湯温泉(北海道)、第3回は長湯温泉(大分)と毎年開催されている。

【参考】野沢温泉源泉かけ流しの会公式サイトのサミット関連ページ

【過去の関連記事】
大分・長湯で第3回源泉かけ流し温泉サミット6月13、14日開催(2007年5月18日)
北海道・川湯温泉で6月3、4日に「第2回源泉かけ流し温泉サミット」(2006年4月27日)

2008年04月22日

【雑誌】業界初の経営専門誌「温浴ビジネス」7月15日創刊

温浴ビジネス見本誌表紙 温浴業界初の経営専門誌「温浴ビジネス」が2008年7月15日に創刊される。発行元は株式会社文化工房。

 温浴コンサルで定評のある船井総合研究所温浴チームの監修により、温浴施設の経営者・支配人に有益な情報を提供し、業界を活性化することを目指している。

 初年度は季刊で発行する。購読は直接文化工房に申し込む(書店などでの店頭販売はないので要注意)。第1号から第4号までの4冊セット購読は1万9800円(税・送料込み)。1冊ごとの購読は1冊につき4950円(送料500円別)。詳しくは下記公式サイトを参照。

 2年目(第5号)以降については発行サイクル(月刊・隔月刊・季刊)や仕様などのリニューアルを検討中。

 「温浴ビジネス」の創刊については発行元の文化工房から直接情報提供がありました。どうもありがとうございました。

【参考】「温浴ビジネス」の公式サイト

2008年04月16日

【イベント】東京銭湯ナイト5月31日開催

 東京・新宿で2008年5月31日夜、「東京銭湯ナイト」というイベントが開催される。銭湯を知らない人に銭湯の良さを分かってもらうとともに、銭湯好きには今までとは違う視点での楽しみ方を紹介してくれるイベントだ。

 日時は5月31日の午後7時から10時まで歌舞伎町のロフトプラスワンで。入場料(飲食別)は1010円。

 関西からもゲストを迎え「関西銭湯 VS 東京銭湯」として銭湯のあれこれを語り合う。内容は東京(関東)の銭湯紹介、関西の銭湯紹介、東西の銭湯の違いについて、銭湯クイズ(豪華景品付き)など。銭湯資料・グッズのも販売もあるそうだ。

 出演者(敬称略)は町田忍下北沢つかさ、サイトウカツミ、松本康治、ミムラカヨの各氏。

 温泉とは直接関係なくあくまで“銭湯”が対象のイベントをこのブログで紹介することにしたのは、町のお風呂やさんが相次いで消え去っていくことに私自身が危機感を持っているからだ(つい先日も我が家から2番目に近い銭湯が廃業してしまった…)。個人的にも関心があるので、時間があれば行ってみようかと思っている。

【参考】東京銭湯ナイトの案内ページ

2008年02月16日

【雑誌】自遊人が第7回パスポート参加施設のリクエスト募集中

 雑誌「自遊人」が無料入浴企画「温泉パスポート」に参加してほしい施設のリクエストを公式サイトで募集中している。

 自遊人はこれまでに温泉パスポートを6回実施しており、次回が7回目。私が知る限り、参加施設についてのリクエストを募集するのはこれが初めてだ。原則として源泉かけ流し(完全放流式)の浴槽がある施設の推薦を受け付けている。不思議なことに、リクエストの受付期間は2月16日現在、サイト上に掲載されていない。

 第7回温泉パスポートの実施時期は不明。第6回は2007年3月26日から9月30日が対象期間だった。

 上記の情報は無記名のメールにて寄せられました。情報提供ありがとうございました。

【参考】自遊人おんせん倶楽部の公式サイト 

【過去の関連記事】
雑誌】自遊人5月号温泉パスポート−無料入浴は82軒(2007年3月24日)
【雑誌】自遊人9月号の無料入浴特典は全国80カ所(2006年7月26日)

2007年12月26日

2008年版「北東北日帰り温泉」発売−301湯の入浴特典付き

 北東北の湯めぐりに欠かせない秋田、青森、岩手の温泉ガイドブック「北東北日帰り温泉」の2008年版が2007年12月26日に発売された。A5版で980円。

 同地域を代表するタウン誌を発行している秋田県・あきたタウン情報、青森県・フィーラーステーション、岩手県・東洋アドシステムが合同で毎年出している温泉本で、2008年版は全301湯が紹介されている。しかも301湯すべてについて入浴が無料・割引になるなどの何らかの特典がついている。

 毎年春先には売り切れている様子なので、北東北3軒の温泉に行く予定がある人は早めに入手することをお勧めする。アマゾンなどで書名を入れて検索すると、山と渓谷社の「北東北日帰り温泉」が出てくるが、これはまったく別の本なので要注意。

【参考】東洋アドシステムが発行しているタウン誌「アキュート」公式サイトの2008年版北東北日帰り温泉関連ページ

2007年11月20日

長野・斑尾高原ホテルで12/6に群馬温泉医学研究所長が講演−無料入浴付

 長野県飯山市にある斑尾高原ホテルで2007年12月6日、群馬県温泉医学研究所の久保田一雄所長が講演する。テーマは「温泉健康法〜温泉の知恵を生かす〜」。

 講演は午後2時から午後4時までで、参加は無料。参加者は斑尾高原ホテルの温泉に無料で入浴できる特典付きだ。募集人数は60名。問い合わせは飯山市役所旅産業係(電話0269−62−3111)へ。

 講演会開催の情報は索さんに教えてもらいました。いつもどうもありがとうございます。

【参考】
北信州いいやま温泉郷ブログ11月19日付の記事「温泉健康法〜温泉の知恵を生かす〜開催のお知らせ」
斑尾高原ホテルの公式サイト

2007年07月24日

【雑誌】週刊ダイヤモンドに「満足&がっかりした温泉地」ランキング

 ビジネス誌「週刊ダイヤモンド」2007年7月28日号(7月23日発売)は巻頭の第一特集で「激変!ニッポンの観光」と題して観光産業を取り上げ、その中で「最も満足した温泉地ランキング」と「最もがっかりした温泉地ランキング」を発表した。

 調査はネットマイルが協力し、7月4日から9日にかけて旅行に興味を持つ全国の男女を対象にインターネットを利用して実施した。有効回答数は5182。それぞれのランキングの上位10位は以下の通り。 
■最も満足した温泉地
 1位 由布院(大分)
 2位 別府(大分)
 3位 登別(北海道)
 4位 黒川(熊本)
 5位 草津(群馬)
 6位 道後(愛媛)
 7位 下呂(岐阜)
 8位 城崎(兵庫)
 9位 有馬(兵庫)
10位 指宿(鹿児島)

■最もがっかりした温泉地ランキング
 1位 熱海(静岡)
 2位 別府(大分)
 3位 道後(愛媛)
 4位 下呂(岐阜)
 5位 有馬(兵庫)
 6位 白浜(和歌山)
 7位 定山渓(北海道)
 8位 鬼怒川(栃木)
 9位 白骨(長野)
10位 芦原(福井)
 別府は「満足」「がっかり」ともに2位に入った。そのほか道後、下呂、有馬も両方のランキングに入っている。もっと下位まで見ると「がっかり」10以内になった白浜、定山渓、鬼怒川、白骨は「満足」でも30位までに入っている。一方、ベストに選ばれた由布院は「がっかりランキング」で1票も入っておらず、ダントツの一位といえそうだ。

 人によって温泉に何を求めるかは様々で、同じ温泉地を訪問しても人によってここまで評価が分かれるというのも興味深い。「満足」ランキングの選択理由は「温泉の泉質」「自然環境」「食事・食べ物」「宿泊施設」「ゆったりとすごせる環境」だそうで、由布院が人気なのも当然というところか。「がっかり」ランキングのポイントは「宿泊施設」「食事・食べ物」が目立ったという。30位までのランキングは本誌を参照。

【参照】週刊ダイヤモンドの公式サイト

2007年06月27日

DS用ソフト「全国どこでも温泉手帳」今秋発売

 ニンテンドーDS用ソフト「全国どこでも温泉手帳」が2007年10月11日に発売される。マーベラスインタラクティブが売り出す実用ソフト「お墨つきシリーズ」の一環で3990円。

 温泉教授として知られる松田忠徳・札幌国際大学教授が温泉情報を監修、みやげ物や駅弁情報などを含め2000件を収録している。温泉情報の検索だけでなく手帳機能を利用して温泉などの感想を書き込むこともできる。松田教授の温泉学講座も収録されている。

【参考】マーベラスインタラクティブ公式サイトの関連ページ

【追記】発売日と価格が決まったので加筆しました。(7月27日)

2007年06月23日

大江戸温泉物語会長、ロック歌手としてソロデビュー

たまるか たまるか たまるか
橋本ひろし 吉田晴彦
B000PITZNU

 このところ悲惨な死亡事故関連の重い記事が続いたので、軽めの話題をひとつ紹介する。大江戸温泉物語の橋本浩会長が2007年6月20日、ロックシンガー橋本ひろしとしてソロデビュー、ファーストアルバム「たまるか たまるか たまるか」が発売された。

 曲目は「目標」「おっさんそんなにムキになるなよ俺はここにいる」「自由」「生きてはいますが…」「希望」「それぞれの道」「カラス」「ぜんまい仕掛けの目覚まし時計」「今、僕は六本木の交差点に立つ」「たまるか」「故郷」の全11曲。

 ビデオクリップのサイトで「おっさんそんなにムキになるなよ俺はここにいる」のフルバージョンと「たまるか」を見た。おっさんによるおっさんのための応援歌といったところで、予想以上に熱いシャウトぶりだ。CD全曲の視聴は「たまるか たまるか たまるか」web siteで可能。

 発売元はMULTI VIBRATION/株式会社クラフト音楽事業部、販売元はコロムビアミュージックエンタテインメントで3000円。大江戸温泉物語や系列の湯屋あいづ、湯屋伊香保などの売店で販売しているかどうかは不明(誰か見つけたら教えてください)。

 橋本会長は1952年長野県生まれの55歳。1983年にキョウデンを設立、長崎屋の子会社化や温浴ビジネスへの進出などで「カリスマ経営者」として知られ、現在も大江戸温泉物語だけでなく本体キョウデンの会長も勤めている。かねてより作詞・作曲を手がけていた。著書に「気が小さいから成功できた」(2004年ゴマブックス)。

2007年05月27日

【TV】5月29日の「ガイアの夜明け」で温泉特集

 テレビ東京系列で火曜日の午後10時から放映される「ガイアの夜明け」で2007年5月29日、「よみがえれ!温泉街 〜老舗の熱海・地震が襲った能登〜 」として、老舗温泉の再生に向けた動きを取り上げる。

【参考】ガイアの夜明け公式サイトの番組内容予告のページ

2007年05月03日

神奈川・箱根小涌園で5月19日に温泉の市民講座を開催

 日本温泉気候物理医学会が主催する温泉についての市民公開講座が2007年5月19日に神奈川県箱根町の箱根ホテル小涌園で開かれる。入場は無料。

 会場は「望月の間」で午後4時から午後6時までの予定。講師と講演内容は(1)シンガーソングライターのみなみらんぼう氏「人生至るところ温泉あり」(2)北海道大学名誉教授・阿岸祐幸氏「日本の温泉、世界の温泉」(3)埼玉医科大学リハビリテーション医学助教授・倉林均氏「温泉の魅力と魔力−安全な賢い入浴方法」

 事前申し込みをしないで当日参加をすることも可能だが、ネットから住所、電話番号、氏名、メールアドレス、参加人数を登録して5月10日までに事前申し込みをすると、抽選で100人に箱根小涌園ユネッサンの入浴券がプレゼントされる。詳しくは下記参考サイトを参照。

【参考】5月19日の市民公開講座の公式サイト

 上記のイベント情報は本家サイトの掲示板で索さんから教えていただきました。情報提供ありがとうございました。

2007年03月24日

【雑誌】自遊人5月号温泉パスポート−無料入浴は82軒

 雑誌「自遊人」を発行するカラットは2007年5月号の発売に先立ち、公式ホームページで温泉パスポートで無料入浴できる温泉施設の一覧を発表した。前回の80軒から2軒多い82軒となっている。

 詳細は下記参考サイトを参照(ただし、3月25日午前0時から午前6時頃までメンテナンスのためアクセスできない可能性あり)。5月号の発売は3月26日。


【参考】自遊人公式サイトの「自遊人温泉倶楽部」のページ

2007年02月26日

【雑誌】自遊人5月号に温泉パスポート

 雑誌「自遊人」の2007年5月号(3月26日発売)に「温泉パスポート」が付く。今度の企画で無料入浴パスポートは6回目となる。

 何軒で入浴できるかなど詳細は現段階では不明。ただ、自遊人倶楽部のサイトは、1月末まで利用できた前回のパスポートで「利用者が増えるに従い、マナーの悪い方や、心ない言動をとる方が出てきてしまった」と指摘している。「お宿や施設から見ると、ほんの一握りマナーの悪い人がいただけで、全体のイメージが悪くなってしまっている」とのこと。自遊人では帰りがけに「いいお湯でした。ありがとう」と声をかけることを読者にお願いしている。

 そういえば行った先の温泉で一緒になった人たちが全員パスポート利用者だったこともある。パスポートをつければ雑誌の売り上げは伸びるだろうし、温泉ファンも喜ぶ。出版社と読者にとってはおいしい企画だ。温泉旅館や入浴施設にとっては、無料開放に見合った広告効果があるのだろうか? 

2007年02月17日

埼玉・飯能で2月25日に野口悦男氏が「温泉と健康」について講演

 温泉ジャーナリストの野口悦男氏が2007年2月25日、埼玉県飯能市にある富士見公民館で開催される「第32回図書館のつどい」で「温泉と健康」について公演する。

 入場は無料で誰でも参加できるが、事前申し込みが必要。午後1時半から午後4時の時間枠の中で「名栗図書の会」の活動報告も予定されている。申し込みや問い合わせは飯能市立図書館(電話042−972−2114)へ。

 富士見公民館の住所は飯能市大字双柳1番地の16で、東飯能駅から徒歩7分(ヤフー地図)。

【参考】飯能市の図書館新着情報のページ

2007年01月29日

【雑誌】週刊ダイヤモンド2月3日号で温浴ビジネス特集

週刊ダイヤモンド2007年2月3日号 ビジネス誌「週刊ダイヤモンド」2007年2月3日号(1月29日発売)で、「にわかに沸き上がる『お風呂』ビジネスの裏側」と題した全10ページの温浴ビジネス特集が組まれている。

 業界の歴史を振り返ることから始め、異業種からの業界参入が相次いでいる様子や、アミューズメントパーク再生の切り札になっていることなどがまとめられている。特集の最後に業界の勝ち組?として紹介されている「万葉倶楽部」(万葉の湯)と「おがわ温泉花和楽の湯」(埼玉県小川町)の成功事例が興味深い。

 とにかくこの業界、過当競争に陥っていると思う。同誌によると、スーパー銭湯は過去4年で倍近くに増えて全国に600カ所以上あるそうだ。

 私がこのブログを始めて一番予想外だったは新規開業施設がとにかく多いことだった。最近は廃業情報をお届けすることが明らかに増えてきたと感じている。これが一般的な傾向によるものなのか、情報提供者が増えたり自分が情報を集めるのに慣れて廃業情報を入手しやすくなったからなのかは不明。

 週刊ダイヤモンドの特集については、船井総研温浴チームの日江井さん(同特集にコメンテーターとして登場しています)に教えていただきました。どうもありがとうございました。 


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ