2007年11月02日

長崎・川棚大崎温泉しおさいの湯に犬用露天風呂オープン

 長崎県の川棚町にある日帰り温泉「川棚大崎温泉しおさいの湯」に犬用の露天風呂「ワンちゃん温泉」がオープンした。2007年11月2日付の長崎新聞が伝えた。

 利用料は1匹500円。3匹目から割引があり、5匹目以降は無料になる。利用には各種ワクチンや予防接種を受けている証明書を提示する必要がある。利用できるのは午前10時から午後6時までと温泉浴場よりも短いので要注意。水曜日は定休。

 しおさいの湯の公式サイトには11月2日現在、ワンちゃん温泉の情報は掲載されていない。

2007年11月01日

大分・臼杵「湯の里」12月オープンへ−天然温泉かけ流し

 大分県臼杵市に温泉入浴施設「臼杵 湯の里」が2007年12月にオープンする。40度前後の天然温泉をかけ流しで利用する。25度以上ある天然温泉を利用する施設は臼杵市で初めて。

 「湯の里」がユニークなのは、如来像や菩薩像など70体をそろえた「大佛殿」を併設していること。「大佛殿」は11月3日から営業を始め、前日の11月2日は午前10時から午後3時まで無料開放される。

 温泉に関しては直接問い合わせてみたものの、12月にオープンすることを確認できただけ。入浴料や泉質、温泉利用状況の詳細は「今は分からない」とのことで確かめられず、10月31日付の毎日新聞以上の情報は得られなかった。

 住所は大分県臼杵市大字深田2−2、電話は0972−65−3711。

【続報】
大分・臼杵湯の里「薬師の湯」12月20日オープン(12月19日)

2007年10月31日

熊本・日奈久温泉センター建て替えで10月31日閉館

日奈久温泉センター日奈久温泉センター
 熊本県八代市の日奈久温泉にある「日奈久温泉センター」が建て替えのため2007年10月31日で閉鎖される。同日付の西日本新聞が伝えた(写真は2004年3月撮影)。

 同センターは1階が低料金の公衆浴場(写真右)、2階が家族風呂、3階は男女別浴場と中広間、4階は休憩大広間があり、所有する4本の源泉のうち3本を利用して営業。1階・3階の浴場と2階の家族風呂とは別源泉を使っていた。

 11月中旬に解体工事を始め、2008年7月ころに新施設の建築に取り掛かる予定で、日奈久温泉の開湯600周年に当たる2009年春の完成を目指している。

2007年10月28日

福岡・北九州「河内温泉あじさいの湯」11月2日営業再開

 福岡県北九州市の日帰り温泉「河内温泉あじさいの湯」が2007年11月1日、5カ月ぶりに営業を再開する。西日本でスーパー銭湯「ぽかぽか温泉」チェーンを展開する創裕が運営する。

 あじさいの湯は当初、6月1日から2カ月弱休業して7月下旬から営業を再開する予定だった。ところがあじさいの湯を運営することに決まった業者が7月3日になって契約の辞退を市に申し入れ、営業再開が先送りされていた。

 営業時間は午前10時半から午後10時(最終入館は午後9時)で、入館料は大人800円、子ども(3歳以上)400円、シニア(65歳以上)500円、障害者400円。従来よりも安くなった。家族風呂は2時間で2000円と3000円。

【参考】北九州市公式サイトのあじさいの湯のページ

【過去の関連記事】
福岡・北九州「河内温泉あじさいの湯」営業再開先送り(7月26日)
福岡・北九州「河内温泉あじさいの湯」6月1日から2カ月弱休業(6月1日)

2007年10月26日

鹿児島・川内高城温泉まつりで10月28日に温泉無料開放 

 鹿児島県薩摩川内市の川内高城温泉で2007年10月28日、「川内高城温泉まつり」が開催され、旅館などのお風呂が無料開放される。

 10月26日付の西日本新聞によると、無料開放される温泉は8カ所とのことだが、川内高城温泉振興会の事務局になっているホテルマル善に直接確認したところ、その内訳がはっきりしない。

 ホテルマル善では午前6時から午後9時半まで無料開放することは確実。あと無料開放される見込みなのは、竹屋、喜久屋、泉荘、梅屋、双葉屋で、あと2つは共同浴場と西方屋ではないかとの話だった。

 タダ風呂を目当てにお出かけになる方は、無料開放される温泉を現地にて確認してください。

長崎市に「ふくの湯長崎店」2008年夏オープンへ

【おことわり】ふくの湯長崎店のオープンは2008年11月1日の予定。詳しくは末尾リンク先の続報を参照。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 長崎県長崎市岩見町に西日本最大級のスーパー銭湯「ふくの湯長崎店」が2008年夏にオープンする見通しだ。2007年10月26日付の長崎新聞が伝えた。

 長崎店は6月から天然温泉の掘削に取り掛かり、乳白色系アルカリ性天然温泉の掘削に成功した。

 敷地面積は約13000平方メートル、鉄骨二階建ての施設は延べ床面積3720平方メートルで、同規模のスーパー銭湯は兵庫県加古川市などにあるものの、九州・四国・中国地方では最大になる見通し。着工は2008年1月の予定。

 経営する佐々木食品工業(大分県豊後高田市)は1999年に温浴事業に進出、福岡、大分、山口で計4店舗を運営しているという。

【追記】2008年9月末現在、ふくの湯長崎店は10月下旬にオープンする見通しで、暫定的には10月26日のオープンが予定されている。(10月10日オープン見通しという情報を入手したのだが、それが延期された)。ただ、10月26日の開業日も最終決定ではない様子だ(9月30日)。やはり、開業は11月1日に延期になったことを確認した(10月24日)

【続報】長崎市・稲佐山温泉「ふくの湯」長崎店11月1日オープン(2008年10月24日)

2007年10月20日

福岡・九州国立博物館で10月23−28日に日替わりの足湯登場

 福岡県太宰府市にある九州国立博物館に2007年10月23日から28日の6日間、日替わりの温泉足湯が設けられる。開館2周年の記念イベントとして福岡県観光温泉地協会が実施する。

 足湯は館外のレストラン前広場に設けられ、午前10時か午後4時半まで無料で利用できる。日替わりで利用する温泉は以下の通り。
23日 脇田温泉
24日 博多温泉
25日 船小屋温泉
26日 筑後川温泉
27日 原鶴温泉
28日 二日市温泉
 問い合わせは福岡県観光温泉地協会(電話092−643−3429)へ。

【参考】九州国立博物館公式サイトの関連ページ

2007年10月12日

熊本・天草下田温泉「国民宿舎あまくさ荘」11月末で閉館

 熊本県天草市の下田温泉にある国民宿舎「あまくさ荘」が2007年11月30日で閉館する。

 1966年の建設で老朽化が進む一方、改築の財源確保が困難なことから閉館が決まった。天草市は宿泊施設として民間に売却することを検討している。

【参考】天草市の市制だより10月15日号の当該ページ(PDFファイル)

2007年10月11日

大分・九重「菅原の湯」が臨時休業中

 大分県の九重町、宝泉寺温泉近くに今年グランドオープンした日帰り温泉「菅原の湯」が臨時休業中だ(開業時点では知らなかったので開業記事は出稿していません…)。

 ブログ「番頭のひとりごと」10月10日の記事によると、温泉の出が悪くなってボーリング会社に点検を依頼した結果、配管を換えることになったという。およその休業期間を確認しようと10月11日夕方に直接電話してみたのだが、留守番電話につながって通話はできなかった。

 上記の休業情報は索さんから別記事へのコメントで寄せられました。どうもありがとうございます。

【追記】菅原の湯は12月上旬までに営業を再開した。ただし、冬季は日曜日のみ営業している。

【参考】菅原の湯の公式サイト(休業関連の情報はブログにのみ掲載されている。

長崎・長与町に「長崎天然の湯ゆりの温泉」オープン

 長崎県西彼杵郡長与町の百合野団地内に2007年10月5日、日帰り温泉の「長崎天然の湯 ゆりの温泉」がオープンした。JR長崎本線の道ノ尾駅から徒歩10分のロケーションで、弱アルカリ性の単純温泉をかけ流しで利用している。

【住所】長崎県西彼杵郡長与町高田郷2289−2


拡大地図を表示

【電話】095−856−2617

【営業時間】午前10時から翌午前0時

【入浴料】大人900円、子ども(3歳以上小学生)400円
     (大人は年会費200円で入浴料100円引き)

【家族風呂】50分間で和風1500円、洋風1300円

【参考】東経ニュースの当該記事

2007年10月10日

長崎・雲仙「小浜観光ホテル」11月末で廃業

 長崎県雲仙市の小浜温泉にある小浜観光ホテルが2007年11月30日で廃業することが明らかになった。10月10日付の西日本新聞が伝えた。売却など先行きは決まっていないという。

 同ホテルは1889年創業の老舗で、昭和天皇・皇后両陛下が宿泊されたこともある。同紙が東京商工リサーチ長崎支店の情報として伝えたところによると、年間売上高はバブル崩壊前の1989年には約8億5000万円あったが、2006年は2億4000万円まで低迷していた。

【参考】小浜観光ホテルの公式サイト(10月10日現在、廃業関連情報は掲載されていない)

2007年10月05日

宮崎・青島パームビーチホテル温泉施設が営業再開

 宮崎県宮崎市の青島パームビーチホテルは2007年10月5日、温泉施設の営業を正午から再開したと発表した。ほぼ3週間ぶりの営業再開となった。

 同ホテルは9月3日に実施した水質検査で女性用の打たせ湯から基準を超えるレジオネラ属菌が検出されたため、9月10日の午後から営業を自粛していた。その後の消毒洗浄により安全が確認され、宮崎市保健所から営業再開の許可が下りた。

【参考】青島パームビーチホテル公式サイトの温泉施設営業再開のお知らせ

【過去の関連記事】
宮崎・青島パームビーチホテルでレジオネラ菌検出(9月12日)

熊本・玉名の旅館「大和荘」が廃業

 熊本県玉名市にある玉名温泉の旅館「大和荘」が2007年9月末で廃業した。10月5日付の西日本新聞が伝えた。

 バブル崩壊後の客足低迷と、後継者難から閉館を決めたという。老舗旅館「玉栄館」も2003年に廃業しており、玉名温泉の旅館数は最盛期の約4分の1の11軒まで減った。

2007年10月04日

佐賀・武雄、大分・由布院、熊本・杖立が温泉を軸に連携

武雄温泉楼門 佐賀県の武雄(写真)、大分県の由布院、熊本県小国町の杖立の3温泉地の自治体、観光協会が温泉を軸に連携することが明らかになった。2007年10月3日の樋渡啓祐武雄市長の発表を10月4日付の佐賀新聞が伝えた。

 自治体職員や観光業者からなる実行委員会が設置され、樋渡市長が委員長に就任した。3温泉地をめぐりツアーが計画されているほか、各地で実施されるイベントを利用して観光客の誘致を図るという。

 規模も個性もまちまちの3温泉がどう連携を深めていくか興味深い。ただ、10月4日夕方の段階で、由布市小国町の公式サイトはもちろん、イニシアチブをとっている武雄市の公式サイトにも今回の提携発表のお知らせは見当たらない。

 樋渡市長のブログ「武雄市長物語」10月1日の記事に「初めて由布市長の首藤さんとお会いしました。九州三湯物語の実行委員会。この会議も丁々発止。いよいよ動きます。近いうちに内容をUPします」とあるだけだ。情報発信に熱心だと自負しているブロガー市長なのだから、ブロガー向けの広報活動にもぜひ力を入れてください!

2007年09月29日

鹿児島・妙見石原荘に石蔵造りの新館10月10日オープン

 鹿児島県霧島市の妙見温泉にある「妙見石原荘」に2007年10月10日、石蔵造りの新館がオープンする。

 土・木・石の天然素材をふんだんに使った新館は全4室で溶質仕様(うち2室は和室付)で、各部屋に源泉100%かけ流しの露天風呂が設けられている。2007年末まではオープン記念の特別料金が適用されるというが、9月29日現在公式サイトからの予約は不可能。

【参考】妙見石原荘の公式サイト

2007年09月28日

宮崎・都城「神々のふるさと湯」営業再開先送り−指定管理者応募なく

 指定管理者の撤退に伴って2007年9月から休業している宮崎県・都城市の温泉健康増進施設「神々のふるさと湯」の早期営業再開が一段と難しくなった。9月28日付の地元紙宮崎日日新聞が伝えた。

 都城市は新たな指定管理者を募集し、9月13日に開催された現地説明会には4社が参加、募集要項を請求した業者も8社あった。ところが、募集期間の9月20日から26日の間にどこからも応募がなかった。

 神々のふるさと湯は旧都城ウエルネスグリーンヒルが民営化されて2006年6月から営業を再開した。2009年3月まで運営する契約を結んだ「都城健康の森」は初年度から赤字が膨らみ、契約を2007年8月で解消したいと市に申し入れて撤退した。

【過去の関連記事】
宮崎・都城「神々のふるさと湯」指定管理者が撤退−9月から休業へ(7月31日)
宮崎・都城「神々のふるさと湯」9月から休業の恐れ(7月25日)
宮崎・都城ウエルネスグリーンヒル民営化−「神々のふるさと湯」に(2006年4月27日)

熊本・玉名で温泉とラーメンのスタンプラリー、12月2日まで

 熊本県の玉名市で、温泉とラーメン店を回るスタンプラリー「玉名ラーメンと温泉めぐり」が2007年9月29日から始まる。12月2日まで。2006年に次いで今回は2回目。

 ラーメン店16店と17カ所の温泉が参加するこのスタンプラリーには3つのコースがある。
■完全制覇
ラーメン全店と温泉2カ所
■お気軽参加
ラーメン5店と温泉1カ所
■らくちん日帰り
ラーメン1点と温泉1カ所
 どうも温泉よりもラーメン中心のイベントらしい。完全制覇すると特製どんぶりと玉名温泉「玉の湯」と草枕温泉「てんすい」のセット入浴券がもらえるほか、九州看護福祉大の学園祭(10月27日)にギャル曽根さんとの大食いバトルにも参加できる(大食いバトルへの参加は10月27日までに完全制覇した人限定)。

 さらに抽選で玉名温泉利用権2万円分(1人)、同1万円分(1人)、玉名ラーメン店ロゴ入りラーメンどんぶり(20人)などの商品が当たる。2年連続で完全制覇した人は、特別賞として玉名温泉「つかさの湯」と「宝当乃湯」のセット入浴券がもれなくもらえる

 お気軽コースは抽選で玉名温泉利用券1万円分(1人)、ロゴ入りラーメンどんぶり(10人)、玉名特産品(10人)などが当たる。らくちん日帰りコースの抽選商品はラーメン券500円分(10人)と「玉の湯」入浴券(10人)。問い合わせは玉名ラーメンスタンプラリー実行委員会(電話0968−72−5313)へ。

【参考】玉名ラーメン協議会の公式サイト

2007年09月26日

大分・別府八湯2007年秋のオンパク10月5−28日開催

 大分県別府市で2007年秋の別府八湯温泉泊覧会(オンパク)が10月5日から28日の3週間余りにわたって開催される。

 鉄輪の地獄蒸し、フラダンス&砂湯、競輪観戦&会席料理、茶の湯や着付け教室、落語やコンサートなど、今回も盛りだくさんのプログラムが組まれている。すでに9月20日から各プログラムへの参加申し込みを電話とネットで受け付けている。詳細は下記参考サイトを参照。

【参考】別府八湯オンパクの公式サイト

2007年09月20日

佐賀・奥武雄「四季のそら」(旧かんぽの宿武雄)オープン

 2007年3月末で廃止された佐賀県武雄市の「かんぽの宿武雄」が民営の「奥武雄温泉 四季のそら」に生まれ変わり9月5日にオープンしていた。

 全32室で和室・和洋室・シングルルーム、完全バリアフリーの部屋など幅広く揃っている。宿泊は1泊2食付で1人1万27500円(入党税込み)から。日帰り入浴は600円。

【公式ホームページ】http://www.shikinosora.com/

2007年09月19日

福岡・門司に「もじ楽の湯」9月22日オープン−人工温泉を利用

 福岡県北九州市のJR門司駅近くに人工温泉を利用したスーパー銭湯「もじ楽の湯」が2007年9月22日にオープンする。

 コンピューター制御によりナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉の泉質を再現して眺望露天風呂で利用する。門司海峡を眺めながら入浴できるそうだ。浴場は和風とバリ風の2種類あり、男女週代わりで利用する。

 別料金で岩盤浴やトルマリンサウナなど7つの癒し空間「トゥジュサンタイ」を利用できる。

続きを読む


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ