2008年12月13日

広島・矢野温泉「泉山荘」が営業再開

 2006年から休業していた広島県府中市の矢野温泉にある旅館「泉山荘」が2008年12月に入り営業を再開した。12月13日付の山陽新聞が伝えた。

 JA共済矢野温泉保養所「あやめ荘」が2008年9月末で閉館したのをきっかけに、経営者の女性(80)が営業再開を決めた。宿泊は素泊まりのみで1人3000円。日帰り入浴や宴会は要問合せ(電話0847−62−2135)。

【過去の関連記事】
広島・府中「矢野温泉あやめ荘」9月末で閉館へ(2008年6月27日)

2008年11月12日

愛媛・道後「椿の湯」12/1-15休業、「道後温泉本館」12/16休業

 愛媛県松山市の道後温泉にある共同浴場「椿の湯」が2008年12月1日から15日まで休業する。

 12月1日から14日にかけて送湯管の改修を行い、15日は年末の大掃除を実施する。「道後温泉本館」は12月16日に年末の大掃除で休業する。

【参考】松山市公式サイトの関連ページ

2008年10月06日

愛媛・大洲「ゆう湯さがの」9月末で閉館

 愛知県大洲市の温泉入浴施設「ゆう湯さがの」が2008年9月末で閉館した。

 既に電話は通じなくなっている。大洲市役所では10月6日の段階で「9月末で閉館したことは事実だが、施設の先行きなどについては把握していない」としている。

2008年10月02日

鳥取・大山「白雲荘」跡地で温泉掘削開始−2011年開業目指す

 鳥取県大山町大山の「大山慣行ホテル白雲荘」跡地で2008年10月1日、温泉に掘削が始まるとともに安全祈願祭が執り行われた。10月2日付の日本海新聞毎日新聞が伝えた。

 マッサージチェア大手のファミリー(大阪市)が土地と建物を買収し、温泉の掘削費約1億円を負担。企業などから約10億円の出資を募って別法人を設立し、2011年度に開業する予定の温泉施設の運営を任せる。

 施設は3階建てで展望風呂や露天風呂のほか、温浴療法を施す設備を設け、専門療法士を置く。

 事前調査により、地下1200メートルの地点で30度のアルカリ性温泉を掘り当てる可能性があることがわかっている。日量200トンが期待され、利用開始後は近隣の旅館や民宿にも配湯する計画。

2008年09月14日

徳島・日和佐「千羽温泉ホテル千羽」6月で廃業、建物取り壊し

 徳島県海部郡美波町のJR日和佐駅近くにある「千羽温泉ホテル千羽」が2008年6月で廃業していた。

 情報を提供してくれたそわぁさんの知人が先日現地に行ったところ、既に建物が取り壊されて更地になっていたそうだ。編集人も9月14日に道の駅日和佐事務所に電話して6月で廃業していたことを確認した。新たに施設を建設して温泉を利用するかなど、詳細は不明とのこと。

 ブログ「ねこノチカラ」7月30日付の記事「なくなってしまうの???」にはホテルが取り壊される様子が掲載されている。

 そわぁさん、情報ありがとうございました。

2008年08月09日

愛媛・道後温泉本館の一部施設の利用8月27日休止

 愛媛県松山市の道後温泉にある道後温泉本館で2008年8月27日に一部施設の利用が休止となる。

 撮影があるためで、利用できなくなるのは霊の湯3階個室、霊の湯2階席、又神殿の3カ所。通常通り利用できるのは神n湯2階席、神の湯階下、坊ちゃんの間、椿の湯。撮影しているところを見学することはできない。

【参考】松山市公式サイトにある道後温泉事務所の関連ページ

2008年07月26日

徳島・海陽町が「宍喰温泉」の廃止を決定

 徳島県の海陽町は、2008年3月から休業している宍喰温泉を廃止することを7月25日までに決めた。7月26日付の徳島新聞が伝えた。

 宍喰温泉はボイラーの故障により春先から休業、修理に多額の費用がかかることから営業再開を断念し、2008年度中に解体することになった。

 宍喰温泉の休業に伴って隣接するホテルリビエラししくいの温泉入浴量が大人600円、子供300円(従来はそれぞれ1000円と500円)に引き下げられている。

2008年06月29日

島根・玉造温泉で旅館の浴場を7月21日に無料開放

 島根県松江市の玉造温泉で2008年も玉造温泉夏まつりの一環として旅館の浴場が開放される。実施日は7月21日の1日のみで、昨年よりも1日少なくなったので要注意。

 開放時間は午前11時から午後2時半のままで変わらない。対象となるのは玉造温泉旅館組合に加盟している旅館のみで、観光協会加盟の旅館は対象外。

 夏まつり自体は7月1日から9月30日まで開催され、縁日(7月19日から8月31日)、玉造温泉大パレード(8月24日)など、さまざまなイベントが予定されている。

【参考】松江市観光協会公式サイトの玉造温泉夏まつり関連ページ
     玉造温泉観光協会公式サイトの旅館一覧のページ

2008年06月27日

広島・府中「矢野温泉あやめ荘」9月末で閉館へ

 広島県府中市上下町にあるJA共済矢野温泉保養所「あやめ荘」が2008年9月末で閉館することが明らかになった。6月27日付の山陽新聞が伝えた。

 競争激化による利用者の減少が閉館の理由。1967年に創業し、1991年のピーク期には利用者がが延べ23万人に上った。近隣に類似施設が増えるに伴って利用者数の減少に歯止めがかからず、2007年度は10万人を割り込んだ。2003−07年度は赤字決算を計上した。

 あやめ荘の公式サイトには6月27日現在、閉館に関する情報は掲載されていない。

【関連記事】
広島・矢野温泉「泉山荘」が営業再開(2008年12月13日)

2008年06月24日

香川・まんのう「みかど温泉」7月から日帰り入浴時間を大幅短縮

 香川県まんのう町の「みかど温泉」は2008年7月1日から日帰り入浴の時間帯を大幅短縮する。

 みかど温泉は現在、午前8時から午後8時半(退出午後9時)まで日帰り入浴を受け付けている。6月24日付の四国新聞によると、これを午後4時からと、宿泊客のチェックイン時刻と同じに繰り下げる。人件費や燃料費の節約が狙い。同時に平日の宿泊料を1000円引き下げて集客アップを目指す。

 隣接する日帰り温泉施設「エピアみかど」は年中無休とし、開業時間を現行より1時間早めて午前8時とする。

2008年06月12日

岡山・湯原温泉が6月26日に温泉を無料開放

 岡山県真庭市にある湯原温泉で、2008年も6月26日の「露天風呂の日」に旅館や日帰り温泉などのお風呂が無料開放される。湯原温泉で露天風呂の日関連イベントが実施されるのは今年で22回目。

 対象になるのは以下の施設。開放時間を記載していないものは11時から14時。今年は貸切風呂の利用が抽選となり、※のついた貸切風呂は本部で実施する抽選に当たった人に限られる。第1回抽選は当日の10時26分、第2回抽選は正午に予定されている。

■ホテル&旅館■
湯原温泉八景 川の湯
旅館かじか荘 貸切風呂11時から15時※
湯原国際観光ホテル菊之湯 
湯快感花やしき 内湯、屋上貸切露天風呂※
油屋 別館、食湯館 
プチホテルゆばらリゾート 屋上露天風呂※
菊乃家旅館 
ゆばらの宿米屋 
湯の蔵つるや 大風呂、貸切風呂※ 
たねや旅館 11時から14時半
むつみ旅館 10時から14時
さつき荘 
温もりの宿双葉荘 大風呂、貸切風呂(貸切風呂は午後1時まで)※
松の家 花泉 
くつろぎの宿輝乃湯 庭園露天風呂(混浴)11時から14時半
森のホテル・ロシュフォール 
もりや旅館 貸切風呂 11時から13時40分※
真賀ホテル 11時から15時

■公営入浴施設と温泉プール■
湯原ふれあい交流センター 10時から16時
下湯原温泉 10時から14時(ペット湯除く)
足温泉館 10時から16時(家族風呂除く)
温泉プール 10時から17時

 このほかにもお湯取りの儀や砂湯の大掃除など、6時26分から15時26分までの予定でさまざまなイベントが実施される。詳しくは下記リンク先を参照。

【参考】湯原温泉の公式サイトの露天風呂の日のページ

2008年06月03日

鳥取・三朝「万翠楼」が自己破産−経営は勝浦御苑が引き継ぎ

 鳥取県の三朝温泉にある老舗旅館「万翠楼」が2008年6月2日、鳥取地裁に自己破産を申請して破産手続きの開始決定を受けた。負債総額は約32億円。

 1938年の開業で1941年に法人改組し、年間の売上高はピーク時の1996年に約15億600万円に達していた。その後は景気低迷の長期化で宿泊客、客単価ともに減少。2007年12月期の売上高はピーク時の半分以下の約6億5000万円まで低迷し、新館建設費の返済が困難になったことから自力再建を断念した。

 和歌山県の勝浦温泉で温泉旅館「かつうら御苑」などを経営する勝浦御苑がホテル事業を引継ぎ、営業を継続する。

【参考】帝国データバンクの大型倒産情報

2008年06月01日

山口・下関「吉田湯の里天然ラドン温泉晋作の湯」6月4日オープン

 山口県下関市の東行庵(高杉晋作の墓がある)近くに2008年6月4日、日帰り温泉「吉田湯の里 天然ラドン温泉 晋作の湯」がオープンする。

【住所】下関市大字吉田清水1202−3

【電話】083−284−0268

【営業時間】午前8時から午後9時(最終受付午後8時半)

【定休日】6月は無休、7月以降は未定

【入浴料】大人500円、子ども(3歳以上)300円

 電話番号を教えてもらったのだが、まだ開通していないとのことで詳細は未確認。確認次第、この記事に加筆する予定。

【参考】しものせき観光オームページの「下関・長門湯らり街道」のページ
  地図を見る

徳島・池田「松尾川温泉」6月1日オープン

 徳島県三好市池田町に2008年6月1日、日帰り温泉の「松尾川温泉」がオープンした。26.5度の単純硫黄泉を加熱かけながし(非加水)で利用している。

【住所】徳島県三好市池田町松尾黒川2−2

【電話】0883−75−2322

【営業時間】午前10時から午後8時

【定休日】水曜(祝日の場合は翌日)、12月30日から1月3日

【入浴料】大人500円、子ども(小学生)300円

【源泉名】松尾川温泉

【泉温】26.5度

【温泉利用状況】加熱あり、加水なし、かけ流し(消毒については未確認) 

2008年05月30日

山口・上関町が温泉掘削に成功、「上関町海峡温泉」の建設確実に

 山口県の上関町が町有地で進めていた温泉掘削が2008年5月半ばに終わり、36度の源泉が1日140トン確保できる見通しとなった。2008年5月30日付の毎日新聞が伝えた。

 旧室津小学校敷地を地下1000メートルまで掘削、温泉を掘り当てた。泉質や色など温泉の詳細は不明。

 町は温泉施設「上関町海峡温泉(仮称)」の建設を計画しており、温泉の掘削に成功したことで温泉施設の建設も確実になった。年間10万人弱の利用を見込み、2009年度の着工を予定している。 

2008年05月13日

岡山・新見「神郷温泉」で15カ所から漏水−4月16日から休業中

 漏水の発生により2008年4月16日から休業している岡山県新見市の複合温泉施設「グリーンミュージアム神郷温泉」で、15カ所から漏水が確認されたことが明らかになった。5月13日付の山陽新聞が伝えた。

 新見市が5月12日の市議会で報告した調査結果によると、4月末までに350万円をかけて実施した調査により、温泉水が月に1835立方メートル、水道水が同1551立方メートル漏れていることが判明した。原因は配管接続の不具合や機器の部品損傷など多様で、修繕費は3800万円以上かかる見通し。多額の費用が必要なことから、市は今後の対応を検討する。

【参考】新見市公式サイトの「グリーンミュージアム神郷温泉」休館について

2008年05月09日

島根・玉造「保性館」と「山の井」が自己破産手続き開始−HMIへ譲渡

 島根県の玉造温泉にある老舗旅館「保性館」と「旅亭山の井」が2008年5月9日、松江地裁に自己破産を申し立て、手続きの開始が決定した。5月9日付の日刊スポーツが伝えた。

 負債総額は保性館が約19億円、山の井が約22億円。神戸市のホテル運営会社、ホテルマネージメントインターナショナル(HMI)が2軒を買い取り、事業を継続する。2軒は敷地が近接しているためHMIは2軒をセットで運営することで効率アップを図る。

 保性館山の井の公式サイトには5月9日夜の段階で関連情報は掲載されていない。

2008年04月25日

香川・さぬき「カメリア温泉」5月2日営業再開

 2008年4月1日から休業している香川県さぬき市の日帰り温泉「カメリア温泉」が5月2日、1カ月ぶりに営業を再開することになった。4月25日付の四国新聞が伝えた。

 カメリア温泉は利用者の低迷に伴って休止されたが地元では営業再開を求める声が強く、地域住民ら有志15人が出資金を出し合って温泉を運営する「株式会社門入カメリア」を設立。4月23日にカメリア温泉を管理する市施設管理公社との間で業務委託契約を結んだ。

【過去の関連記事】
香川・さぬき「カメリア温泉」3月いっぱいで休業(1月24日)

2008年04月24日

鳥取・三朝に「たまわりの湯(旧菩薩の湯)」オープン

 鳥取県の三朝温泉にある共同浴場「菩薩の湯」が「たまわりの湯」として生まれ変わり2008年4月半ばにリニューアルオープンした。

 営業時間は午前10時半から午後10時(最終入場午後9時半)。菩薩の湯が午後からの営業で入れなかった経験があるので、営業時間の延長は嬉しい。年中無休で入浴料は大人300円、子ども200円。

【参考】三朝温泉イベント情報の「たまわりの湯」関連ページ

2008年04月23日

大分・長湯に「B&B長期滞在施設」オープン−図書館併設

 大分県竹田市直入町にある長湯温泉の「大丸旅館」は2008年4月23日、新たな宿泊施設「B&B長期滞在施設」と山岳図書1万3000冊を所蔵する「林の中の小さな図書館」をオープンさせた。

 B&Bはベッド&ブレックファーストの略で朝食のみ提供する宿泊施設を指し、英国では気軽に泊まれる宿として広く利用されている。B&B長期滞在施設は朝食付きで1泊3800円から。入浴は大丸旅館のティの湯を無料で利用できるほか、ラムネ温泉、御前湯、仲村屋旅館の露天風呂がそれぞれ100円で利用できる。電話は0974−75−2841。

【参考】B&B長期滞在施設の公式サイト


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ