2008年05月04日

兵庫・姫路「播州しらさぎの湯」5月20日で閉店

 兵庫県姫路市の「姫路城天然温泉 播州しらさぎの湯」が2008年5月20日で閉店する。5月3日付の毎日新聞が伝えた。

 所有者の西松建設から運営を委託されていたトコリ・グローバル(和歌山市)が運営から撤退することになった。燃料の高騰が原因と説明されている。

 播州しらさぎの湯は2001年夏にオープンした再開発ビル「イーグルひめじ」内にあり、当初は「姫路城温泉スパひめじ」として営業。開業時には姫路城が見える温泉として話題になったこともあった。その後は客足が伸びず2004年5月末でいったん閉店、運営会社が替わって2004年12月に播州しらさぎの湯としてリニューアルオープンしていた。

 所有者の西松建設は「施設の老朽化に伴うメンテナンス工事が必要で一度閉店するだけ」と説明しているそうなので、新たな運営会社を見つけて営業を再開させたい考えとみられる。

2008年04月29日

兵庫・三田温泉「熊野の郷」4月26日に新源泉利用開始

 兵庫県三田市の温泉スーパー銭湯「三田温泉熊野の郷」が2008年4月26日から新源泉の利用を開始した。

 従来使っていた源泉の利用をやめ、新源泉利用に切り替えた。1月16日に話を聞いたところでは「かけ流しで利用する予定」とのことだったが、4月29日現在は「循環利用している」と確認した。新源泉の詳細は未確認。

【追記】更新された公式サイトによると、泉質はナトリウム・カルシウム−塩化物強塩温泉、泉温は35.3度、湧出量は毎分100リットル。(5月25日)

【参考】
三田温泉熊野の郷の公式サイト

【過去の関連記事】
兵庫・三田温泉熊野の郷、4月以降に新源泉へ切り替え(2008年1月16日)
兵庫・三田温泉熊野の郷4月27日オープン(2006年4月23日)

滋賀・甲賀のダイヤモンド滋賀に「やっぽんぽんの湯」5月6日オープン

 滋賀県甲賀市のホテル「ダイヤモンド滋賀」に2008年5月6日、温泉入浴施設「甲賀温泉やっぽんぽんの湯」がオープンする。

【住所】滋賀県甲賀市土山町黒川1711

【営業時間】正午時から午後11時(土日祝日は午前11時から)

【入浴料】平日:大人1200円、子ども(3歳以上)500円
     土日祝日:大人1500円、子ども500円

【会員制度】入会金300円(大人の入浴料が上記から各400円引きになる)

【岩盤浴】700円(大人のみ、岩盤浴着、タオル含む)

【家族風呂】1時間5000円

【泉質】ナトリウム−炭酸水素塩冷鉱泉

 甲賀市民は入浴料が400円引きになる。また5月いっぱいはオープン記念特別料金として、一般の入浴料が平日1000円、土日祝日1200円となる。会員は平日800円、土日祝日1100円。

 オープン日の5月6日は「やっぽんぽんの湯オリジナルタオル」がもらえるほか、7日から9日は日替わりで何かプレゼントがあるそうだ。ただし、いずれも数量限定。

【参考】甲賀温泉やっぽんぽんの湯の公式サイト

2008年04月25日

大阪・堺「御陵天然温泉亀の湯」開業2日目に臨時休業

 大阪府堺市にオープンしたばかりのスーパー銭湯「御陵天然温泉亀の湯」が開業2日目の2008年4月24日に臨時休業し、翌25日は通常通りの営業を再開した。

 臨時休業情報が複数の読者から寄せられた。事実を確認しようと24日夜亀の湯に電話してみたところ、営業時間中にもかかわらず電話には誰も出ない。そのため4月24日夜の段階で営業していないことは確実。亀の湯の公式サイトも開業チラシが掲載されているだけで、臨時休業についての説明はない。

【追記】4月25日に亀の湯に電話したところ、通常通り営業しているとのこと。24日に休業した理由については「設備の不具合により一日だけ休業しました」との説明だった。現地を通りかかった河内十人斬りさんからも「通常営業しているのを確認した」との連絡をいただいた。

 メールを送ってくれたおーちゃん、河内十人斬りさん、コメント欄にて教えてくれたよ〜ちさん、ありがとうございました。

【過去の関連記事】
大阪・堺「御陵天然温泉亀の湯」4月23日オープン(2008年3月17日)

2008年04月24日

大阪・堺浜楽天温泉祥福4月30日まで入浴料半額−1周年記念

 大阪府堺市のスーパー銭湯「堺浜楽天温泉祥福」が開業1周年を記念して入浴料半額キャンペーンを実施中だ。

 2008年4月23日から30日までの8日間、大人の入浴料が350円(通常700円)、子どもは175円(同350円)になっている。さらに、この期間中の来館者はお得なクーポンチケットがもらえるという。

 4月29日の午後4時からは舞の海さんを招いたトークショーが開催され、じゃんけん大会でサインや記念撮影ができる。

 祥福の1周年記念キャンペーンは河内十人斬りさんがチラシを送ってくれました。どうもありがとうございました。



【参考】堺浜楽天温泉祥福の公式サイト

【関連記事】
大阪・堺浜楽天温泉祥福4月28日オープン(2007年4月11日)

京都・夜久野高原温泉ほっこり館4月26日営業再開

 2007年11月から休業していた京都府福知山市の「夜久野高原温泉ほっこり館」が2008年4月26日に営業を再開する。4月24日付の両丹日日新聞が伝えた。

 新たな指定管理者に「福知山温泉ホテルロイヤルヒル福知山」が決まり、リニューアルを進めていた。営業時間は午前10時から午後10時までで、入浴料は大人600円、子ども(3歳以上)300円。水曜定休だが5月6日までは無休で営業する。

 同じくホテルロイヤルヒル福知山が運営することになった宿泊研修施設「夜久野荘」と茶室「一道庵」は5月中旬に営業を再開する見通し。

【過去の関連記事】
京都・夜久野高原温泉ほっこり館の指定管理者候補選定、4月再開へ(2008年2月23日)
京都・夜久野高原温泉ほっこり館の運営会社破産申し立て(2007年11月16日)
京都・夜久野高原温泉ほっこり館が休館−指定管理者取り消し(2007年11月15日)
京都・夜久野高原温泉ほっこり館が全館営業停止−今度は大腸菌検出(2007年11月2日)
京都・夜久野高原温泉ほっこり館でレジオネラ菌、温泉浴槽利用中止(2007年10月27日)

2008年04月22日

大阪・貝塚「和泉橋本温泉美笹のゆ」4月29日オープン


 大阪府貝塚市にスーパー銭湯「和泉橋本温泉 美笹のゆ」が2008年4月29日、オープンする(上の写真は2枚とも秀太さんが3月中旬に撮影して提供してくれたもの)。

  経営元のオンテックスが発表したプレスリリースには「浴室・露天には、炭酸泉風呂や、絹の湯、二股温泉風呂など男女入替え制で合計23種類の個性豊かなお風呂を用意しております」という表記があるものの、「和泉橋本温泉」についての説明や天然温泉といった記載はない(系列店の蔵前温泉さらさの湯は人工温泉を利用)。

【住所】大阪府貝塚市橋本991−1
    水間鉄道・石才駅から徒歩5分、JR阪和線・和泉橋本駅から徒歩7分

【電話】072−432−4126

【営業時間】午前8時半から翌午前2時(最終受付午前1時)

【入浴料】大人700円、子ども(3歳以上)350円
     3歳未満は無料

【岩盤浴】大人800円、子ども500円

【公式サイト】http://www.misasanoyu.com/

 美笹のゆの開業については3月から秀太さん(画像もありがとうございます)、K.O.さん(私の判断で勝手にイニシャルにさせていただきました)より情報をいただいておりました。どうもありがとうございました。
  
 地図を見る

2008年04月17日

和歌山・熊野古道の宿「霧の郷たかはら」4月21日オープン

 和歌山県田辺市に2008年4月21日、「熊野古道の里 霧の郷たかはら」がオープンする。世界遺産になっている熊野古道の中辺路ルートへの集客増を狙い、和歌山県観光連盟が開設する。

 木造平屋建てで全8室にトイレがあり、宿泊定員は28人。露天風呂つきの浴場では本宮町のわたらせ温泉から湯を運んで利用する。1泊2食で平日2名1室利用の場合1人8900円。

 4月20日の午後1時半から完成式典が開催され、一般利用は21日の午前11時から始まる。

【住所】田辺市中辺路町高原826番地

【電話】0739−64−1900

【参考】和歌山県観光連盟公式サイトの霧の郷たかはら関連ページ

大阪・りんくうシークルの温泉、年内開業を目指す−朝日報道

【おことわり】りんくうシークルの温泉「寿楽の湯」は2009年2月8日にグランドオープンします(→2009年9月末で閉店)。当ブログは更新を休止したため新規の記事を出稿する予定はありません。詳細は寿楽の湯の公式サイトhttp://jurakunoyu.com/をご覧ください。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 大阪泉佐野市のりんくうプレジャータウンシークル内に今年春に開業する予定だった温泉施設について、シークルのデベロッパーである大和ハウス工業が年内の開業を目指していることが明らかになった。2008年4月17日付の朝日新聞地方版が伝えた。

 報道内容は当ブログが1カ月前に伝えたのとほぼ同様で、ワンディ・スパの経営難による開業の遅れを指摘(ワンディ・スパの名前は出していない)。ワンディ・スパの撤退に伴い、大和ハウス工業が「今年中には営業を始められるよう、後継企業の誘致を急ぐ」と説明していることを伝えている。現段階で数社の候補があるという。

 これまでの経験からいうと、施設側の開業予定は往々にして遅れがちだ。年内開業を目指しているということは、来年にズレ込む可能性も否定できないと思う。いずれにしても今春の予定が大幅に遅れることだけは間違いない。

 今回の報道で新しく分かったことは、ワンディ・スパの撤退が2008年1月25日で決定していたことだ。その後の2月4日に開かれた大阪府環境審議会温泉部会ではワンディ・スパに対して温泉の動力装置の設置を許可する答申が出ている。

 申請者の撤退後に許可が出るのも不思議なのだが、申請から部会の開催までのタイムラグがあることを勘案すればしょうがないのだろうか? 撤退後に動力装置が設置されたとは常識では考えにくい。大阪府の審議会が2月と8月の年2回開催されていることからして、次の8月の審議会で新たな事業主が再度動力装置の設置を申請することになりそうだ。もっともその前に温浴事業を引き受ける会社が決定している必要がある。

 報道によると、既に掘削済みの温泉は泉温32.8度、湧出量毎分400リットルの単純温泉。

【過去の関連記事】
【特報】大阪・りんくうシークル温泉開業不透明に−ワンディ・スパ経営難で(2008年3月16日)
大阪・泉佐野りんくうシークルの温泉、春の開業を断念(2008年3月1日)
大阪・りんくうタウンに24時間営業の温泉2008年春オープン(2007年11月7日)

2008年04月15日

大阪・極楽湯吹田店が天然温泉から人工温泉に切り替え

 大阪府吹田市のJR東海道線・岸辺駅近くにあるスーパー銭湯「極楽湯吹田店」が2008年3月20日から天然温泉の利用をやめて人工温泉を利用している。

 切り替えの理由は「温泉が枯れたなどと言われていますがそういう事実はなく、さまざまなことを勘案して人工温泉を提供することにしました」ということで、詳細は不明。

 極楽湯吹田店は2005年12月24日にオープン。露天風呂で28.7度の単純温泉を加熱かけ流しで利用していた。

 人工温泉への切り替え情報はDAXさんから教えてもらい、極楽湯吹田店に事実と切り替え時期を確認しました。情報提供ありがとうございました。

【過去の関連記事】
大阪・極楽湯吹田店12月24日オープン(2005年12月21日)

大阪・銭湯の大人料金を4月21日から410円に引き上げ

 大阪府は銭湯の大人料金を2008年4月21日から20円引き上げて410円とする。

 入浴料の改定は2005年10月以来2年半ぶり。中人(小学生)料金は130円、小人(0歳から幼稚園児)は60円のまま据え置く。

 2008年に入ってこれまでに銭湯料金を引き上げたのは広島、宮崎、愛媛、石川の各県(すみませんが当ブログではどの値上げ情報も掲載していません)。一番長い間入浴料を据え置いているのは佐賀県で、最後に改定したのは1996年。大人の入浴料は280円と全国でもっとも安い。

【参考】大阪府浴場組合の公式サイト

2008年04月14日

兵庫・小野「白雲谷温泉ゆぴか」に岩盤浴5月1日オープン

 兵庫県小野市の日帰り温泉「白雲谷温泉ゆぴか」に2008年5月1日午後1時、岩盤浴がオープンする。

 内訳は女性専用9床、男女共用9床、4人までのグループ利用ができる個室の合計22床。ホットヨガスタジオも備えている。また、「観光交流センター」も同時にオープンする。

 岩盤浴の利用は予約制で入浴料とは別に900円必要(60分)。5月1日と2日の岩盤浴利用者には岩盤浴利用時の入浴券を進呈する。

 ゆぴかの岩盤浴オープン日はしんぽちさんがコメント欄で教えてくれました。いつもありがとうございます。

【参考】小野市の広報誌「おの」4月号(PDFファイル)
    (17ページを参照)

【過去の関連記事】
兵庫・小野「白雲谷温泉ゆぴか」に岩盤浴2008年5月オープンへ(2007年6月6日)

2008年04月09日

兵庫・城崎温泉まつり4月23、24日開催−外湯3カ所無料開放

 兵庫県豊岡市の城崎温泉で2008年4月23、24日の2日間にわたって恒例の「温泉まつり」が開催される。この2日間は7カ所ある外湯(共同浴場)のうち、地蔵湯、柳湯、まんだら湯が無料開放される。

 温泉まつりに合わせて旅館宿泊料割引サービスも実施される。申し込みは4月22日まで。問い合わせと申し込みは城崎温泉旅館協同組合(電話0796−32−4141)へ。

 このほか城崎美術館と城崎文芸館、城崎麦わら細工伝承館の入館料が無料になる。23日には「城崎泉隊オンセンレンジャー」のイベントステージも午後5時と午後8時に開催される。

【参考】2008年の城崎温泉まつりのチラシ

2008年04月07日

和歌山・本宮「新竹取物語かぐや姫の宿」ほぼ全焼

 和歌山県田辺市本宮町にある温泉旅館「新竹取物語かぐや姫の宿」が2008年4月1日夜に発生した火災により、ほぼ全焼した。4月3日付の紀伊民報が伝えた(見つけるのが遅くなってしまいました)。

 宿泊客はおらず、怪我人はいないとのこと。隣接する家に管理人が住んでいるが、施設に隣接する家に管理人が住んでいるが、出火当時は不在だった。出火原因は伝えられていない。

 新竹取物語かぐや姫の宿は単純温泉を利用し、全室に露天風呂がついている。4月7日現在、公式サイトには火災についての情報は掲載されていない。

和歌山・白浜温泉の宿泊単価が2007年11月以降上昇−クエ効果で

 和歌山県の白浜温泉で宿泊客1人当たりの宿泊単価(1泊2食の料金)が上昇、関係者は高級魚のクエを目玉にした集客活動の効果が出たとみている。2008年4月7日付の紀伊民報が伝えた。

 報道によると、宿泊単価は2007年11月から2008年2月まで4カ月連続して前年同月の実績を上回った。前年同月比の伸び率は11月は3.0%、12月は6.0%、1月は4.7%、2月は9.4%といった具合だ。宿泊単価が4カ月連続して前年同月を上回ったのは2003年後半以来のこと。

 浜温泉旅館協同組合は2007年夏から「幻の魚」とされるクエ料理を売り込んでいる。2007年秋からは養殖クエが安定して供給されるようになった。組合は春以降もクエを売り込んでいく予定。

【過去の関連記事】
和歌山・白浜温泉の宿泊者2007年は10%増−96年以来の高水準達成(2月3日)

2008年04月03日

兵庫・浜坂駅前に足湯オープン−各戸配湯開始25周年記念で

 兵庫県新温泉町のJR山陰本線・浜坂駅前に2008年4月2日、足湯がオープンした。

 この足湯は、旧浜坂町の各戸に温泉の配湯が開始されてから25周年を迎えたのを記念して作られた。木造で底には玉砂利が敷き詰められ、一度に約9人が利用できる。利用できるのは木曜日を除く毎日午前10時から午後5時までで無料。

【参考】新温泉町公式サイトの足湯関連ページ

2008年04月01日

大阪城豊國神社に4月2、3日有馬温泉の足湯が登場

 大阪市中央区にある大阪城豊國神社で2008年4月2、3日の2日間、兵庫県・有馬温泉の足湯を楽しむことができる。

 有馬温泉の「太閤の湯」が実施する「太閤410年祭」の一環で、豊國神社の参拝者は2日と3日の午前11時から午後4時まで移動式足湯「デリバリースパ」を利用できる(荒天中止)。お湯は金泉と銀泉の混合泉。

 「太閤410年祭」は今年が豊臣秀吉の没後410周年であることにちなみ、太閤の湯が通年実施しているイベント。

 上記イベントは乾物屋さんに教えてもらいました。いつもありがとうございます。

【参考】有馬温泉太閤の湯公式サイトの関連ページ

2008年03月28日

兵庫・加古川「健康ひろば加古川」4月末で閉館

 兵庫県加古川市の健康ランド「健康ひろば加古川」が2008年4月末で閉館する。

 健康ひろば加古川には自家源泉はないが、有馬温泉の湯をローリー輸送して使っている。2008年3月28日付の神戸新聞によると、健康ひろばの開業は1986年。当時の利用客は1日7000人と現在の約10倍もあった。95年の阪神・淡路大震災直後は被災者が多く訪れ、利用者は1日8000人を数えた。

 最近は入浴料の安いスーパー銭湯が乱立して競争が激化。施設の老朽化も進んでいることから閉館を決めた。

【参考】健康ひろば加古川の公式サイト
(2007年12月付の閉店のお知らせが掲載されている)

2008年03月25日

大阪・ホテルベイサイド大阪3月末閉館−京阪運営で5月営業再開へ

 大阪市此花区のJR桜島線ユニバーサルシティ駅に隣接したホテル日航ベイサイド大阪が2008年3月末で閉館する。

 建物を所有する綜合商事は運営をホテル京阪に任せることで既に合意しており、「ホテル京阪 ユニバーサル・タワー」として5月に営業を再開する見通し。5月の何日にオープンするかは決まっていないとのことだった。

 ホテル日航ベイサイド大阪としての営業は宿泊が3月31日のチェックアウトまで、レストランは31日の午後11時まで。同ホテルは49度の単純温泉を利用した展望浴場「コクーン」が31階にある。

【追記】ホテル京阪ユニバーサルタワーは2008年5月21日にオープンする。

【参考】ホテル日航ベイサイド大阪の公式サイト
     京阪電鉄のプレスリリース(PDFファイル)

2008年03月22日

和歌山・川湯「亀屋旅館」本館が国の登録有形文化財に

 和歌山県田辺市本宮町の川湯温泉にある老舗旅館「亀屋旅館」本館が国の登録有形文化財になることが明らかになった。2008年3月22日付の紀伊民報が伝えた。国の文化審議会が3月21日に文部科学大臣に答申した。

 亀屋旅館の本館は木造2階建てで1928年に建築された。部屋の外回りに1階は縁側、2回は手すりがあり、大正末期から昭和初期にかけてにぎわった当時の温泉旅館の風格を伝えていることなどが評価された。


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ