2006年06月29日

滋賀・休暇村近江八幡が外来魚を温泉入浴券に交換

 滋賀県近江八幡市にある「休暇村近江八幡」は2006年7月1日から31日まで「外来魚を釣って温泉に入ろう!」キャンペーンを実施する。

 当日釣れた外来魚を休暇村のフロントに持参すると、500グラムつき1人分の温泉入浴券をもらえる。受付時間は午前10時から午後2時と午後3時から午後4時。温泉に入浴できる時間帯は午前11時から午後6時(水曜日は午後1時から午後6時)

 たとえたくさん釣り上げても、当日の訪問人数分以上の入浴券はもらえない。また、入浴できない日もあるとのことなので、事前に確認したほうがよさそうだ。

【参考】休暇村近江八幡公式サイトの関連プレスリリース(PDFファイル)

2006年06月14日

滋賀・烏丸半島で温泉開発−2009年秋開業目指す

 滋賀県草津市の烏丸半島でリゾート開発が計画されている。第3セクターのびわ湖レイクフロントセンター(草津市)が管理する9ヘクタールの民間事業用地を東京のエイ・ピイホールディング社が賃借、リゾート施設を建設する計画だ。2006年6月14日付の建設通信新聞が伝えた。

 740平方メートルの天然温泉施設のほか、ショッピングモール、リゾートホテルなどの建設が予定されている。2006年度内に着工し、2009年秋の開業を計画している。

【続報】
滋賀・烏丸半島の温泉開発立ち消え−リゾート開発白紙で(2008年6月24日)

2006年06月13日

大阪・スパワールドの入館料1000円に割引−7月1日から3カ月

 大阪市浪速区にある温泉健康ランド「スパワールド世界の大温泉」は2006年7月1日から10月1日までの3カ月間、入館料を大人・子供とも1000円にする「1000円で満足ぞくぞくキャンペーン」を実施する。

 ただし、午前0時から午前5時までの利用は深夜割増料金として1000円の追加料金が必要。8月12日から8月16日のお盆の期間中は通常料金になるので注意。

 また、8階のプールとバーデゾーンのリニューアル工事が終了し、6月12日からポイントカード会員を対象とする無料公開が始まった(展望露天風呂、バーデゾーン除く)。会員限定の無料公開は18日午後10時までで、19日午前10時から一般公開が始まる。30日までは一般客にも新スライダー、うずうずバーン、ウォーターウォーズが無料開放される。

【参考】スパワールド世界の大温泉の公式サイト

 上記の情報はちゃこさんからメールでいただきました。情報提供ありがとうございました。

【関連記事】大阪・スパワールド入館料1000円を10月末まで延長(9月15日)

2006年06月11日

兵庫・有馬の金の湯・銀の湯が月1回の女性・高齢者割引を導入

金の湯 兵庫県神戸市の有馬温泉にある日帰り入浴施設「金の湯」と「銀の湯」は2006年6月から2007年3月にかけての毎月1回、特定日に限って女性と高齢者の入浴料をほぼ半額にするレディースデーとシルバーデーを導入した(写真は2003年12月に撮影した「金の湯」)。

 女性(中学生以上)は毎月第2水曜日に入浴料がほぼ半額となる。割引後の入浴料は金の湯が330円(通常650円)、銀の湯が280円(同550円)。

 65歳以上の高齢者は9月を除く毎月第4水曜日に上記と同様に入浴料が割引される。半額割引の適用を受けるには年齢を証明できるものが必要。9月は神戸市高齢者福祉月間のため、別の割引を設定する予定だという。

 また、平日専用の回数券も売り出された。11枚つづりで金の湯は6000円、銀の湯は5000円。土日祝日に利用するには50円を追加で支払う。

【参考】有馬温泉公式サイトの関連情報ページ

2006年05月30日

和歌山・白浜温泉の公衆浴場4カ所を6月1日に無料開放

白良湯 和歌山県の白浜町は2006年6月1日の献湯祭に合わせて町内4カ所の温泉公衆浴場を無料開放する。5月30日付の紀伊民報が伝えた。無料で入浴できる時間帯はそれぞれ以下の通り(写真は白良湯)。
白良湯 午前7時から午後11時
牟婁の湯 正午から午後11時
崎の湯 午後8時から午後5時
しらすな 午前10時から午後3時
 白浜町の公式サイト白浜観光協会の公式サイトには、5月30日夜の段階で無料開放の情報は掲載されていない。

【参考】白浜町公式サイトの町内公衆浴場のページ

2006年05月04日

大阪・スパディオ、改装で5月15〜19日の日中は入浴不可

 大阪市浪速区にある「サウナ&カプセル 天然温泉スパディオ」は改装工事のため、2006年5月15日から19日の5日間にわたって午前10時から午後5時まで利用できなくなる。

 スパディオの公式サイトには5月4日未明の段階で改装工事のお知らせは掲載されていない。(取材&画像提供:大阪支局)

スパディオ改装工事

2006年04月25日

滋賀・マキノ白谷温泉に新「八王子荘」5月1日オープン

 滋賀県高島市のマキノ白谷温泉で2006年3月末に閉館した八王子荘のすぐ近くに新しい八王子荘が完成、4月24日に落成式が開かれた。5月1日にオープンする。露天風呂のある温泉浴場のほか宿泊用の客室、エクササイズルームが設けられている。日帰り入浴も可能。

【住所】滋賀県高島市マキノ町白谷370−1

【電話】0740−27−0085

【日帰り入浴の営業時間】午前10時から午後9時(最終受付午後8時半)

【定休日】毎週木曜

【入浴料】大人500円、子供(3歳以上小学生まで)300円

【泉質】放射能泉(ラジウム泉)

 上記の情報は大阪支局から提供され、八王子荘に追加取材したものです。

2006年04月24日

大阪・堺のトキワ温泉、4月24日から再び休業

【注】トキワ温泉は2007年7月9日に営業を再開する。詳しくは→2007年7月7日付の記事「大阪・堺トキワ(ときわ)温泉7月9日営業再開−1年2カ月ぶり」をご覧ください。
ーーーーーーーーー−−−−−−−−−−−−−−−−−−
トキワ休業5月1日 大阪府堺市にある温泉銭湯「トキワ温泉」が2006年4月24日から休業に入った。営業再開時期は不明。写真左は5月1日現在の状況=大阪支局提供(写真をクリックすると大きなサイズで見られます)。

 トキワ温泉は2005年10月19日から12月15日まで、ほぼ2カ月にわたって休業。12月16日から午後の営業を再開し、2006年4月1日から午前中の営業も再開して通常の営業体制に戻ったばかりだった。突然の再休業のニュースにうろたえるばかり。1日も早い再開を祈るしかない気分だ。

 休業情報は2005年10月25日付の記事「大阪・堺のトキワ温泉が休業中」のコメント欄へコロンブスさんから寄せられ(コロンブスさんのブログにも関連記事あり)、24日朝方に大阪支局さんが現地に急行して営業していないことを確認。さらに編集人が大阪府公衆浴場業生活衛生同業組合堺支部に連絡して「24日から休業に入り、営業再開には時間がかかりそう」なことを確認した。情報提供ありがとうございました。

【追記】5月1日に写真を最新のものに差し替え(4月24日朝方の時点では休業の告知が店頭に見当たらなかった)。


【関連記事】大阪・堺のトキワ温泉4月から朝風呂復活(2006年3月26日)
        大阪・堺のトキワ温泉、12月16日に営業再開(2005年12月15日)
        大阪・堺のトキワ温泉が休業中(2005年10月25日)

2006年04月23日

兵庫・三田温泉熊野の郷4月27日オープン

 2006年1月で閉館した兵庫県三田市の「さんだネスパ」が「三田温泉熊野の郷」に生まれ変わり、4月27日にオープンする。

 経営は第3セクター企業から株式会社キナンに移った。同社は西宮の「鳴尾浜温泉熊野の郷」や福岡・筑紫野の「アマンディ」を経営している。三田温泉熊野の郷の基本情報は以下の通り。

【住所】兵庫県三田市富士が丘5−2 (Google地図
     神鉄公園都市線・フラワータウン駅から徒歩8分
     神鉄/JR三田駅からは無料送迎バス運行あり

【電話】079−561−1268

【営業時間】午前10時から翌午前0時(日祝は朝7時半から10時まで朝風呂あり)

【入浴料】大人:平日850円、土日祝日950円、朝風呂650円
      岩盤浴とセットで1800円(土日祝日2100円)など
      子供・平日400円、土日祝日450円、朝風呂650円

 利用源泉は「さんだネスパ」時代と変わっていないと思うので、21.1度のナトリウム・カルシウム−塩化物泉を加熱利用する見通し。4月21日発売の関西ウォーカー5月9日号には5月末まで有効の割引券がついている。

 上記の情報は大阪支局より提供してもらい、三田温泉熊野の郷に直接確認したものです。

【公式ホームページ】http://www.kumano-no-sato.com/sanda/

【関連記事】兵庫・さんだネスパが1月末閉館−経営変わり5月再オープンへ(2006年1月3日)

2006年04月16日

兵庫・休暇村南淡路4月18日新館グランドオープン

 兵庫県南あわじ市にある公共の宿「休暇村南淡路」に2006年4月18日、新館がグランドオープンする。

 新館は鉄筋コンクリート5階建てで、和洋計81の客室(うち3室バリアフリー)がある。宿泊定員は258人。2階には温泉大浴場と展望露天風呂(ジャグジー付き)、リラクゼーションルームを設けた。展望テラスには足湯もある。

 公式サイトによると、泉質はカルシウム−塩化物泉(頭についているはずの「ナトリウム・」という言葉が抜け落ちているような気がするが未確認)。日帰り入浴できる時間帯は午後12時から午後3時の3時間と短いが、完成イメージ画像を見る限り景色は良さそうだ。大人800円。(情報提供:大阪支局)

【参考】休暇村南淡路の公式ホームページ

2006年04月09日

和歌山・本宮温泉郷で「温泉三枚」木札発売

 和歌山県田辺市の熊野本宮観光協会は、本宮温泉郷(湯の峰、川湯、渡瀬)の温泉3施設で使える「温泉三昧」木札の販売を2006年4月8日から始めた。

 木札は1枚1000円で、クアハウス熊野本宮(渡瀬温泉)、川湯温泉公衆浴場、湯の峰温泉公衆浴場(くすり湯、つぼ湯を除く)の3カ所で入浴できる。この3カ所で購入でき、有効期間は購入から1週間。

 3施設の通常入浴料は順に600円、200円、250円なので割引分は50円にしかならないが、この札は田辺独特の「立木染め」で作られていて、それだけでも価値があるという。

【参考】熊野本宮観光協会公式サイトの関連ページ

2006年04月07日

大阪・堺「千寿の湯」が入浴料割引−政令指定都市への昇格で

千寿の湯外観 大阪府堺市にある日帰り温泉「天然温泉千寿の湯」が2006年4月28日まで入浴料を割引中だ。

 堺市が4月1日付で全国で15番目の政令指定都市になったのを記念するサービスで、対象となるのは大人(中学生以上)のみ。通常700円の入浴料が500円となっている。通常なら会員でも600円するからお得だ。5月8日は臨時休業する。

 上記の情報は「たまたま行ったモノ」さんからメールでいただきました。情報提供ありがとうございました。(写真提供:大阪支局)

千寿の湯お知らせ

【参考】天然温泉千寿の湯の公式サイト

2006年04月05日

大阪・河内長野の廃業温泉「茶花の里」が全焼−元経営者が放火

 大阪府河内長野市日野の廃業温泉施設「奥天野温泉茶花の里」で2006年4月5日午前6時ごろ出火、建物が全焼した。4月5日付の朝日新聞が伝えた。

 「茶花の里」は2004年末に廃業し、現在は元経営者が元客室で生活していた。この元経営者が放火したことを認め、逮捕されたと伝えられている。

2006年03月31日

兵庫・六甲おとめ塚温泉、4月6−12日は休業

 兵庫県神戸市灘区にある温泉銭湯「六甲おとめ塚温泉」は、2006年4月6日から12日まで1週間にわたって休業する。

 設備点検とタイル張り替え工事を実施するのが休業の理由。(取材&写真提供:大阪支局)

おとめ塚お知らせ

2006年03月30日

兵庫・城崎温泉まつり4月23、24日開催−外湯5カ所無料開放

 兵庫県豊岡市の城崎温泉では2006年4月23日と24日の2日間にわたって温泉まつりが開催される。7カ所ある外湯のうち5カ所が無料開放されるから、はしご湯にはもってこいだ。無料開放される外湯と利用可能な時間は以下の通り。
 地蔵湯 (午前7時から午後11時)
 一の湯 (午前7時から午後11時)
 鴻の湯 (午前7時から午後11時)
 柳 湯 (午後3時から午後11時)
 まんだら湯 (午後3時から午後11時)
 この5カ所は通常の入浴料金が大人600円のところばかり。800円の御所の湯とさとの湯は無料開放されないようだ。

 温泉まつりでは外湯の無料開放のほか、古典行列や稚児行列、春一番花火などが予定されている。

【参考】城崎温泉観光協会公式サイト

2006年03月27日

兵庫・湯村温泉「栃の実温泉荘」が3月26日で廃業

 兵庫県美方郡の新温泉町にある湯村温泉の兵庫県立保養施設「栃の実温泉荘」が2006年3月26日で廃業した。3月27日付の日本海新聞が伝えた。

 1976年に開業し、夢千代ブームで脚光を浴びた時期もあったが、最近は利用客が低迷、施設の老朽化も重なって閉館を余儀なくされた。跡地の利用方法は未定。

 栃の実温泉荘の公式ホームページには27日午後現在、トップページにポイントカードを終了する旨のお知らせは出ているが、廃業のお知らせは掲載されておらず、予約状況のページに「長年のご利用ありがとうございました」と一言出ているだけだ。

大阪・堺のトキワ温泉、4月から朝風呂復活

【お断り】トキワ温泉は2006年4月24日から再び休業し、2007年7月9日に営業再開。詳しくは2007年7月7日付の記事「大阪・堺トキワ(ときわ)温泉7月9日営業再開−1年2カ月ぶり」をご覧ください。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
トキワ外観 大阪府堺市にある温泉銭湯「トキワ温泉」が2006年4月1日から午前中の営業を再開することが、大阪支局との共同取材で分かった。

 4月1日以降の営業時間は午前6時から午前10時までと、午後3時から午後11時までとなる。

 トキワ温泉は2005年10月19日から12月15日までの2カ月近く休業。12月16日から営業を再開したものの、営業はこれまで午後の時間帯に限られていた。4月からの朝風呂復活で、ほぼ半年ぶりに従来の営業体制に戻る。

【追記】トキワ温泉は2006年4月24日から再び休業に入った。営業再開の見通しは不明。(4月25日記)

【関連記事】大阪のトキワ温泉が休業中(2005年10月25日)
        大阪・堺のトキワ温泉、12月16日に営業再開(2005年12月15日)

2006年02月17日

兵庫・有馬温泉「銀の湯」3月1日から13日は休業

 兵庫県の神戸市の有馬温泉にある市営の日帰り入浴施設「銀の湯」は2006年3月1日から13日まで休業する。浴室の天井改修工事のためで、14日の午前9時から営業を再開するる。

 「銀の湯」の休業期間中、神戸市営のもう一つの日帰り温泉「金の湯」は通常通り営業する。

【参考】有馬温泉観光協会公式サイトの関連ページ

2006年02月13日

大阪・藤井寺おゆば2月17日オープン−八尾店は入浴料割引

藤井寺おゆば外観 大阪府藤井寺市にスーパー銭湯「おゆば」の3号店となる「藤井寺おゆば」が2006年2月17日オープンする。弱アルカリ性の単純温泉を利用する。姉妹店の「八尾おゆば」は藤井寺店のオープンを記念して17日から23日まで入浴料を割り引く。藤井寺おゆばの基本情報は以下の通り。(写真はともにオープン初日の様子。大阪支局提供)

【住所】大阪府藤井寺市古室3−15−3(Google地図
     近鉄南大阪線・土師ノ里駅から徒歩約12分、藤井寺駅から徒歩約13分

【電話】0729−30−1126

【営業時間】午前10時から翌午前1時(最終受付午前0時)

【入浴料】大人700円 子供(4歳〜小学生)350円 乳幼児(3歳以下)100円

【浴場内の設備】大露天風呂、大浴槽、替わり湯、腰かけ湯、水風呂など
           サウナは男性2種類、女性は3種類

藤井寺おゆば内部【源泉名】古希の湯

【泉質】弱アルカリ性単純温泉

【泉温】30.5度(気温26.9度)

【湧出量】毎分320リットル(掘削・動力揚湯)

【温泉利用状況】加温、循環ろ過、塩素系薬剤による消毒を実施

 一方の八尾おゆばは2月17日から23日の1週間、藤井寺おゆばオープン記念企画として、入浴料を大人500円(通常700円)、子供100円(350円)、乳幼児無料(100円)とする。藤井寺おゆばでは入浴料の割引はないが、オープンを記念した各種企画があるそう。

【参考】おゆばの公式サイト
     上記公式サイト内の藤井寺おゆばオープンに関するページ

【追記】大阪支局から温泉利用状況などの情報と写真の提供があったので、加筆して写真を添付しました。(2月17日)

2006年02月07日

兵庫・神戸の森温泉3月9日に営業再開−震災から11年ぶり

【お断り】下記で紹介するのは人工的に温泉を作って浴用に供する施設です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
森温泉外観 兵庫県神戸市に温泉銭湯「湯あそびひろば森温泉」が2006年3月9日、オープンする。阪神・淡路大震災による全壊から11年余りを経て、営業再開にこぎつけた。写真左は2月5日現在の森温泉外観(大阪支局提供)。


【住所】兵庫県神戸市東灘区森南町1丁目15−4(Google地図
    JR神戸線甲南山手駅より徒歩2分

【電話】078−411−5966(3月1日以降)

【営業時間】午後2時から翌午前0時半(入店は午前0時まで)
        日祝日は午前7時から午前10時半(入店は午前10時まで)も営業

【定休日】毎月第1火曜日

【入浴料】大人380円 小学生130円 乳幼児60円
      サウナ利用料(バスタオル付き)120円

【公式ホームページ】http://homepage2.nifty.com/morionsen/

 11年前に自分が何をしていたかを振り返れば(温泉にはまったく興味がなかった)、営業再開までの道は長いだけでなく紆余曲折があったに違いない。きっと多くの人が営業再開を祝福してくれることだろう。話題になれば、マスコミにも幅広く取り上げられるような気がする。

 森温泉は人工的にアルカリ性単純温泉を作って利用する。成分は下の写真(森温泉提供)を参照のこと。
森温泉掲示
 なお、オープンに先立つ3月6日(月)はお世話になった人への感謝を込めた「放楽風呂」として、午後4時から午後10時まで無料開放される予定。平日ながら時間帯も6時間に限られており、大変な混雑になる見通しだそう。ここからは私の勝手な想像だけど、入浴希望者が殺到するとひょっとして入場制限などあるかもしれないので、出かける人は思い通りに入浴できないことも覚悟して行ったほうがいいかも。


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ