2005年11月30日

栃木・湯楽の里栃木店が12月8日オープン

 栃木県栃木市に2005年12月8日、スーパー銭湯チェーンの「湯楽(ゆら)の里」がオープンする。露天風呂は温泉を利用していて源泉掛け流しと循環ろ過の浴槽が1つずつあるそうだ。

 オープンに先立つ2005年12月5日と6日にはプレオープンの割引料金でお試し入浴できる。入浴できる時間は正規の営業時間よりも短く、午前11時から午後10時(最終受付午後9時)。入浴料(入湯税込み)は大人550円 子ども(0歳から小学生以下)250円。

 入湯税50円はそれぞれの入浴客が専用券売機で券を買う形で入浴料とは別に支払う。

【住所】栃木県栃木市大町22番70号
    (大町22番はヤフー地図でこの周辺。新栃木駅から車で5分だそう)

【電話】0282−20−2641

【正規の営業時間】午前9時から翌午前1時(最終受付午前0時)

【定休日】年中無休(年間数日はメンテナンスで休業)

【入湯税込みの入浴料】平日:大人650円 子ども350円
               土日祝日:大人750円 子ども450円
               (子どもは0歳以上小学生以下)

【泉質】ナトリウム−炭酸水素塩温泉

【泉温】46.3度

【参考】湯楽の里公式ホームページの栃木店オープン情報           

2005年11月29日

栃木・喜連川第2浴場の営業時間12月19日から変更

 栃木県さくら市にある喜連川第2浴場(露天風呂)の営業時間が2005年12月19日から冬時間に変更になる。午前9時から午後9時まで(従来は午前8時から)で、2006年2月17日まで適用される。

 上記の情報はノースさんに提供していただきました。どうもありがとうございました。

【参考】さくら市公式ホームページの喜連川温泉のページ

群馬・高崎「湯都里」12月から200円値上げ

 群馬県高崎市の「京ヶ島天然温泉湯都里」が2005年12月1日から入浴料を200円値上げする。平日は大人830円(現行630円)、3歳以上小学生の子ども580円(380円)、土日祝日は大人980円(780円)、子ども680円(480円)となる。貸切風呂など基本入浴料以外の料金は変わらない。

 競争が激しい地域にあって強気の値上げだなぁ。それだけ人気があるってことなんだろうか。ちなみに私の本家サイトの温泉情報月間アクセスランキングではこの湯都里のページが9月、10月と2カ月連続で1位となった。11月も1位になりそうな勢いで、値上げ後の12月以降のランキングが気になるところだ。

栃木・奥日光小西ホテルの支援を再生機構が終了

 産業再生機構は2005年11月28日、経営再建に向けて支援してきた奥日光小西ホテルの支援を終了したと発表した。米デラウェア州の投資会社GRBインベストメントが新たなスポンサーとして名乗りを上げたためで、GRBは小西ホテルの経営再建を進めてきたとちぎインベストメントパートナーズ(TIP)に代わって、経営建て直しに取り組む。

 再生機構が保有する債権はすでに全額弁済されている。転換社債の引き受けを含む出資計画は実施されないまま支援を終了する。

【参考】産業再生機構のプレスリリース(PDFファイル)

2005年11月26日

栃木・鬼怒川公園岩風呂、1月末まで休業

 栃木県の鬼怒川温泉にある町営鬼怒川公園風呂が休業中だ。改修工事のためで、2005年11月21日から2006年1月31日まで長期休業し、2月1日から営業を再開する見通し。

【参考】鬼怒川・川治温泉観光協会の公式サイト

2005年11月25日

群馬・草津の日帰り温泉休業情報

 群馬県草津温泉にある日帰り入浴施設が冬季の臨時休業を実施する。西の河原露天風呂は2005年11月28日から30日の3日間休業、大滝乃湯は改修工事のため12月1日から20日までの20日間にわたって利用できなくなる。

【参考】西の河原露天風呂の公式サイト
     大滝乃湯の公式サイト
     草津温泉公式サイトの関連ページ
     草津観光公社のお知らせ

 上記の情報はノースさんがメールで教えてくれたものです。情報提供ありがとうございます。

2005年11月15日

栃木・奥日光の温泉旅館4軒が無料送迎バス

 奥日光の温泉旅館4軒がJR・東武の日光駅から旅館までの無料送迎バスを共同で1日2便運行する。期間は2005年11月24日から2006年4月27日まで。積雪を気にせずに訪ねてもらうことで集客アップを図るのが狙い。

 運行するのは釜屋旅館奥日光湯元リゾートホテル花の季奥日光小西ホテルホテル四季彩の4軒で、事前予約が必要。運行予定は以下のとおり。
■行き
JR日光駅11:35−東武日光駅11:40−中禅寺湖12:15−
湯元12:45

JR日光駅14:30−東武日光駅14:40−中禅寺湖15:20−
湯元15:50

■帰り
湯元10:00−中禅寺湖10:30−二社一寺11:15−
東武日光11:25−JR日光11:30

湯元13:00−中禅寺湖13:30−二社一寺14:00−
東武日光14:15−JR日光14:20
 予約・問い合わせは各旅館へ。

2005年11月08日

栃木・日光&鬼怒川温泉−新宿間に3月から直通列車

 JR東日本と東武鉄道は11月8日、JR新宿駅と栃木県の東武日光駅・鬼怒川温泉駅を結ぶ特急列車の直通運転を2006年3月18日から始めると発表した。1日4往復運行する。

 列車の名称はJR新宿駅−東武日光駅間が「日光号」で1日1往復する。片道の所要時間は2時間弱。JR新宿駅−鬼怒川温泉駅間が「きぬがわ号」「スペーシアきぬがわ号」で、あわせて1日3往復する。所要時間は片道2時間5分程度。

 停車駅はJR東日本の新宿、池袋、大宮と東武鉄道の栃木、新鹿沼、下今市、東武日光・鬼怒川温泉。

 新宿−鬼怒川温泉間の運賃は1890円で、特急料金が2010円。東武スペーシア車両の4人個室を利用する場合は1室当たり3000円(JR・東武両区間にまたがって利用する場合は6000円)必要。個室を利用すると特急料金が1人当たり510円安い1500円。

【参考】JR東日本のプレスリリース(PDFファイル)

2005年10月25日

栃木・那須、塩原、板室宿泊者に「湯めぐりチケット」進呈

 栃木県の那須・塩原・板室の3温泉地の宿泊施設27カ所は、共同で「温泉ホッピング 湯めぐりチケット」キャンペーンを始めた。このチケットは参加施設に宿泊するともらえるもので、1枚で3カ所の日帰り入浴ができる。つまり、1カ所泊まれば3カ所で無料入浴できちゃう嬉しい企画だ。

 チケットの配布は2005年12月25日までで、有効期限は2006年3月31日まで。有効期限内なら数回に分けて使ってもOK。チケットの配布条件は、宿泊施設により「チェックイン時に申し出る」「オンラインでの宿泊予約が必要」などとまちまちなので、予約時に問い合わせるのが無難。日帰り入浴できる時間帯も施設ごとに異なるので要注意。参加施設とその電話番号は以下の通り。
■塩原温泉(市外局番はすべて0287)
 湯荘白樺       32−2565
 梅川荘        32−5151
 奥塩原高原ホテル   32−2464
 渓雲閣        32−2361
 元泉館        32−3155
 光雲荘        32−2414
 松楓楼松屋      32−2003
 ホテルニュー塩原   32−2611
 まじま荘       32−4162
 塩原グリーンビレッジ 32−2751
 ガストホフ夢木香   32−5111
 ホテル塩原ガーデン  32−2621

■板室(市外局番はすべて0287)
 勝風館        69−0224
 一井屋旅館      69−0211
 江戸や        69−0216
 加登屋旅館      69−0201
 仲久         69−0143
 山喜荘        69−0214
 那須フィッツジェラルド69−0009
 大正村幸乃湯温泉   69−1126
 ホテル板室      69−0771

■那須(市外局番はすべて0287)
 一望閣        76−3001
 山水閣        76−3180
 那須マウントホテル  76−4411
 松川屋 那須高原ホテル76−3131
 ICHIBOKAKU瑠庵    76−2727
 パディントン     78−3377

2005年10月14日

群馬・太田市尾島健康福祉増進センター、26日オープン

 群馬県の太田市は13日、日帰り温泉入浴施設の「太田市尾島健康福祉増進センター」を2005年10月26日にオープンすると発表した。

 同施設は平屋建てで床面積1998.52平方メートル。市民の健康増進を目指して建設されたが、もちろん市外在住の一般客も入浴可能。市民は割安料金で入浴できる。

【住所】太田市備前島町196−1

【電話】0276−60−7311(10月26日以降)
(オープン前は太田市の元気お年寄り課0276−47−1829)

【営業時間】午前10時から午後9時(入館は午後8時まで)

【定休日】毎週火曜日(祝祭日の場合は翌日)、12月30日〜1月1日
    
【入浴料】3時間券 大人500円(市民300円)子どもと障害者300円(200円)
      6時間券 大人1000円(600円)子どもと傷害者600円(400円)
      1日券  大人1500円(900円)子どもと障害者900円(600円)
      超過料金は1時間につき100円(市外の大人のみ200円)

【福祉浴室】障害者用の貸切風呂(福祉浴室)がある。障害者手帳を持っている人のほか、2人の付き添い人が利用できて2000円(市民1000円)。付添い人が3人を超える場合は1人につき300円が追加で必要。利用時間は午前10時半から午後1時半、午後2時から午後5時、午後5時半から午後8時半の3つの時間帯に分かれている。

【公式サイト】http://www.city.ota.gunma.jp/gyosei/0050a/001/02/center.html

 このほか太田市の「元気おとしより課」に問い合わせて確認した情報は以下の通り。

【泉質】ナトリウム・カルシウム−塩化物温泉(中性高張性高温泉)

【源泉温】56.8度(浴槽40度)

【温泉利用状況】加水、循環ろ過、消毒(何を使って消毒するかまでは確認しなかった)

 *群馬県在住のYさんからメールで寄せられた情報をもとに、直接取材した内容を盛り込んだものです。Yさん、情報提供どうもありがとうございました。    

2005年10月08日

栃木・鬼怒川グランドホテル、改装オープン

 産業再生機構の支援を受けて再建を進めてきた栃木県の鬼怒川グランドホテルが10月7日、改装オープンした。同時に名称を「鬼怒川グランドホテル夢の季(とき)」に改めた。

 公式サイトで予約状況をみると、11月いっぱいの週末は予約で埋まっていて、まずまずの出足といえそう。サイトには、リニューアルオープン記念の各種宿泊プランも掲載されている。

2005年09月18日

群馬・草津「地蔵の湯」建替えで閉鎖

 群馬県・草津温泉の共同浴場「地蔵の湯」は建て替えのため2006年3月31日まで利用できない。「白旗の湯」に比べてひっそりしていて、ちょっと日陰の存在というか、草津の共同浴場のなかではお気に入りだったので残念だ。ピカピカでモダンな外観の施設にならないことを祈る。


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ