2008年12月22日

群馬・沼田「地蔵温泉ゆにーいく」ほぼ2年ぶり営業再開

 群馬県沼田市にある日帰り温泉「地蔵温泉スパリゾートゆにーいく」が2008年12月20日に営業を再開した。旧ゆにーいくは2007年1月29日に営業をやめており、ほぼ2年ぶりの営業再開となった。

 旧ゆにーいくは、沼田市の土木建築会社「山一工業」の関連会社である「ジュキス」が経営していたが、2007年1月29日に2社が自己破産の手続きを開始する申請を行ったのに伴い、営業停止を余儀なくされた。経営はもちろん別会社に代わったはずだが、ゆにーいくの公式サイトには12月22日現在、会社情報は掲載されていない。

 営業時間は午前10時から午後10時で土日のみ午前6時から9時まで朝風呂を実施する。入浴料は大人が2時間700円、6時間980円、子どもは2時間400円、6時間680円で、朝風呂は大人500円、子ども250円。詳細は下記リンク先サイトを参照。

【参考】地蔵温泉スパリゾートゆにーいくの公式サイト

【過去の関連記事】
群馬・沼田「地蔵温泉ゆにーいく」営業停止(2007年2月2日)

2008年12月12日

群馬・伊勢崎ゆまーる12月20日オープン、16−19日半額プレ

 群馬県伊勢崎市に2008年12月20日、スーパー銭湯「天然温泉伊勢崎ゆまーる」がオープンする。

【住所】群馬県伊勢崎市太田町985−1

【電話】0270−75−4126

【営業時間】午前9時から深夜0時

【入浴料】大人:平日700円、土日祝日800円
     (子ども、幼児料金は未確認)

【会員制度】入会金100円で平日680円で入浴できるほか、100円分のポイントがつく。ポイントを溜めれば実質的には1回の入浴で20円の割引に加えて100円分割引されることになるそうだ。

【泉質】ナトリウム−炭酸水素塩温泉

【公式サイト】http://www.yumarl.com/

 12月16−19日の4日間はプレオープンが実施され、通常料金の半額に相当する大人350円で入浴することができる。時間は通常の営業時間と同じ9時から0時までの予定。

【追記】プレオープンは16日だけではなく、16−19日の4日間実施されるので、最後の段落を訂正しました。

2008年11月30日

栃木・鬼怒川グリーンパレス、12月から伊東園グループ入り

 栃木県日光市の鬼怒川温泉にある老舗ホテル「鬼怒川グリーンパレス」が2008年12月からスタディーの傘下に入り、伊東園ホテルグループの一角となって「伊東園ホテル鬼怒川」と改称する。2008年11月29日付の下野新聞が伝えた。

 伊東園ホテルグループの公式サイトには11月30日現在、関連情報は掲載されていない。同グループは鬼怒川温泉で鬼怒川ロイヤルホテルも経営している。 

2008年11月22日

群馬・桐生「水沼温泉センター」休止の瀬戸際−経営引継ぎ先を公募へ

 群馬県桐生市のわたらせ渓谷鉄道は、水沼駅構内にある「水沼駅温泉センター」の経営から撤退する方針を固めた。経営の引継ぎ先を公募して、見つからなければ2008年末で営業を休止する見通し。2008年11月22日付の東京新聞が伝えた。

 同温泉センターは1989年に開業し、2009年には開業20周年を迎える予定。2006年度に330万円赤字に転落し、2007年度には1200万円の赤字を計上。2008年度も赤字が拡大する公算が大きいという。

 同温泉センターは燃料高騰を理由に10月1日から露天の「かっぱ風呂」の利用を休止している。

【関連記事】
群馬・桐生「水沼駅温泉センター」かっぱ風呂を10/1から休止(2008年9月12日)

2008年11月20日

群馬・伊香保「塚越屋七兵衛」運営会社清算−資産は別会社に移転

 群馬県渋川市の伊香保温泉にある老舗旅館「塚越屋七兵衛(旧称:伊香保ガーデン)」を運営していた企業「伊香保ガーデン」が2008年8月に解散、11月5日付で前橋地裁からと特別清算の開始を言い渡された。11月20日付の読売新聞が伝えた。負債総額は約29億円に上るとみられている。

 バブル崩壊による団体客の減少、競争激化、別館増築を目的とした借入金負担が経営の足かせとなった。2007年決算の段階で17億円の債務超過に陥っており、債権者は債権放棄を避けられない。

 報道によると、伊香保ガーデンは会社を解散する前に塚越屋七兵衛の運営事業や所有権を親族の経営する別会社に移転、旅館の営業は続けられている。親族企業に資産を移転したうえで営業を継続するやり方には非難が集中しそうだ。

2008年11月17日

栃木・宇都宮ベルモールに「ベルさくらの湯」11/20オープン=詳報

 栃木県宇都宮市にある大型ショッピングセンター「ベルモール」に2008年11月20日、温泉を利用したスーパー銭湯「宇都宮天然温泉ベルさくらの湯」がオープンする。非加水のかけ流し浴槽が設けられるそうだ。

【住所】栃木県宇都宮市陽東6−2−1 ベルモール内

【電話】028−663−4126

【営業時間】午前9時から深夜0時(最終受付午後11時)

【入浴料】平日:大人750円、子ども(12歳以下)400円
      土日祝日:大人850円、子ども400円
     (会員は大人料金100円引き、入会金100円)

【岩盤浴】入浴料とは別に400円

【源泉名】さくらの湯

【泉質】ナトリウム・カルシウム−塩化物温泉

【泉温】60.3度(気温8.0度)

【湧出量】毎分251.25リットル

【公式ホームページ】 http://www.bellsakuranoyu.jp/

2008年11月15日

群馬・伊香保「ホテル轟」経営会社が民事再生法申請−営業は継続

 群馬県渋川市の伊香保温泉にある大型ホテル「ホテル轟」を経営する「轟ホテル」が前橋地裁に民事再生法の適用を申請した。2008年11月15日付の毎日新聞が東京商工リサーチ前橋支店の情報として伝えた。負債総額は約19億円。

 最盛期の1991年5月期決算では売上高は17億円を上回ったが、バブル崩壊に伴う団体客の減少や伊香保温泉で温泉の偽装表示が発覚したことなどにより業績は低迷。2008年5月期の売上高は8億円となっていた。

 ホテル轟は営業を継続しており、自主再建を目指すという。公式サイトには関連情報は掲載されていない。

2008年11月09日

群馬・草津「白旗の湯」11月11−14日閉鎖−改修工事で

 群馬県の草津温泉にある共同浴場「白旗の湯」が2008年11月11日の午前8時半から14日の午後5時半まで閉鎖される。

 改修工事が実施されるためで、期間中は入浴できない。「煮川の湯」の改修工事は既に紹介した通り、11月28日までの予定で続けられている。

【参考】草津温泉観光協会公式サイトの関連ページ

2008年11月04日

群馬・草津の日帰り温泉施設11−12月の臨時休業予定

 群馬県の草津温泉にある町営日帰り温泉施設「大滝乃湯」「西の河原露天風呂」「ベルツ温泉センター」の施設メンテナンスに伴う2008年11月から12月にかけての臨時休業期間は以下の通り。3施設はいずれも毎年この時期に臨時休業して施設メンテナンスを実施している。
■大滝乃湯
12月8日から12月12日(5日間)

■西の河原露天風呂
11月26日から11月28日(3日間)

■ベルツ温泉センター
11月18日から11月21日
11月25日から11月28日(合計8日間)
【参考】草津温泉観光協会公式サイトの関連ページ(PDFファイル)

2008年11月01日

栃木・宇都宮ベルモールに「ベルさくらの湯」11/20オープンへ

【注】営業時間や入浴料などの詳細は末尾リンク先の続報をご覧ください。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 栃木県宇都宮市の大型ショッピングセンター「ベルモール」に2008年11月20日、温泉を利用したスーパー銭湯「ベルさくらの湯」がオープンする見通しだ。

 ベルモールに問い合わせたところ、10月末現在の段階で11月20日のオープンを予定しているとのことだった。確定ではないというニュアンスだったので、変更の可能性もあるかもしれない。入浴料などはまだ未定。詳細は別記事にて紹介する(可能であれば)予定。

【参考】ベルモールの公式サイト
(11月1日現在、ベルさくらの湯関連の情報は掲載されていない)

【続報】栃木・宇都宮ベルモールに「ベルさくらの湯」11/20オープン=詳報(11月17日)

2008年10月29日

群馬・万座温泉湯めぐりプラン利用で宿泊施設以外で無料入浴可

 群馬県嬬恋村の万座温泉で2008年11月9日から始まる「万座温泉ゆめぐりプラン」を利用すると、宿泊施設以外でも無料で入浴できる湯めぐり手形がついてくる。はしご湯にはもってこいだ。

 利用は2名からで実施期間は12月26日まで。予約の際に「万座温泉湯めぐりプラン」を利用することを宿泊施設に告げる必要がある。対象施設は以下の通り(期間中でも閉鎖する施設もあるので要注意)。
万座プリンスホテル
万座高原ホテル
万座温泉日進館
万座亭
豊国館
ハウス・ユキ
松屋ホテル
湯の花旅館
 上記湯めぐりプランの情報はちゃびさんに教えてもらいました。情報提供ありがとうございました。

【参考】万座温泉観光協会公式サイトの新着情報のページ

2008年10月15日

群馬・川原湯「敬業館みよしや」8月末で閉館

 数年後にダムの底に沈む温泉として知られる群馬県・川原湯温泉で独自源泉を保有している旅館「敬業館みよしや」が2008年8月末で閉館していた。

 背景にあるのは、八ッ場ダムの建設と川原湯温泉の代替地への移転がともに遅れていることだ。公式サイトには、長引くダム問題と施設の老朽化により閉館という「苦渋の決断」を迫られたという説明がある。数年先には新川原湯温泉で「皆様に再びお目にかかりたいと思います」といい、代替地で再び開業を予定している様子には一安心した。

 敬業館みよしやの閉館については、ちゃびさんから教えてもらいました。情報提供ありがとうございました。

【過去の関連記事】
群馬・川原湯温泉の活性化で新案−若い女性ターゲットに(2008年8月15日)
群馬県が川原湯温泉の支援策発表−宿泊費補助など(2008年5月27日)

2008年10月03日

群馬・東吾妻町が「天狗の湯」を建設−2010年4月オープン目指す

 群馬県の東吾妻町が吾妻峡温泉整備事業として日帰り温泉「天狗の湯」を建設する計画を進めている。2008年10月4日付の群馬建設新聞が伝えた。

 「天狗の湯」が建設されるのは東吾妻町三島の「あがつまふれあい公園」中央部。男女別浴場のほか貸切風呂も設ける計画で、2009年度中に建設して2010年4月の開業を目指す。

2008年10月02日

群馬・伊香保「観山荘」渋川市に譲渡し閉館、解体へ

 群馬県の社会福祉協議会が経営する渋川市・伊香保温泉の「観山荘」が2008年度中にも閉館することが明らかになった。施設は解体される見通し。2008年10月1日付の読売新聞毎日新聞が伝えた。

 観山荘は老朽化が進んだうえに客足が遠のき、1999年度からは赤字経営が続いていた。渋川市はかねてより、敷地・建物・温泉利用権の譲渡を県に要求しており、県が2008年度中に譲渡する方針を固めた。渋川市は観山荘の建物を取り壊し、跡地を広場に整備する意向。

 観山荘の公式サイトには関連情報は掲載されていない。直接問い合わせたところ「新聞で伝えられた以上のことは把握していません」とのことだった。

2008年10月01日

群馬・草津「巽の湯」と「煮川の湯」が改修で一時閉鎖

巽の湯煮川の湯

 群馬県の草津温泉にある共同浴場「巽の湯」(左)と「煮川の湯」(右)が改修工事のため一時閉鎖する。

 「巽の湯」はすでに2008年9月29日から閉鎖されており、再開は10月21日の予定。「煮川の湯」の閉鎖期間はちょっと長く、10月8日から改修工事に入って11月28日に再開する予定。いずれも改修工事期間は終日入浴禁止。

【参考】草津温泉観光協会公式サイトの関連ページ

2008年09月29日

群馬県温泉協会が「温泉健康診断システム」を開発、発売へ

 群馬県温泉協会は、源泉の経年変化や周辺での工事・地震の影響などをチェックできるソフトウエア「温泉健康診断システム」を開発、2008年10月から本格的に販売する見通し。9月27日付の観光経済新聞が伝えた。

 大深度掘削などによる既存源泉への影響を懸念する声は上がっていても実際の影響を立証する調査データを蓄積している源泉初秋者や自治体がほとんどないことがソフトの開発に結びついた。

 温泉の温度や含有成分量などを入力するだけでデータが管理・蓄積でき、グラフや相関図の形で過去のデータと比較できるという。温度はともかく含有成分をこまめにチェックしている施設はそれほど多くないとみられ、どの程度実用的なのかは不明だ。

 販売価格は未定といい、10月29日現在、群馬県温泉協会の公式サイトにも情報は掲載されていない。

2008年09月27日

群馬・中之条「有笠山荘」9月末で日帰り入浴休止

 群馬県中之条町にある有笠温泉「有笠山荘」は2008年9月末で日帰り入浴の受け入れを休止する。

 有笠山荘は17.5土の冷鉱泉を加熱して利用しており、燃料の高騰が響いた。宿泊営業は従来どおり続ける。未利用の入浴券は払い戻ししてくれる。問い合わせは直接有笠山荘(電話0279−76−5777)へ。なお、有笠山荘の公式サイトには9月27日現在、日帰り入浴休止に関する情報は掲載されていない。

 日帰り入浴休止の情報と画像はJakeさんに提供してもらいました。どうもありがとうございました。


 

群馬・花敷「関晴館本館」8月末で閉館

 群馬県六合村の花敷温泉にある老舗旅館「関晴館本館」が2008年8月31日で閉館した。

 関晴館本館は明治時代に開業し、大正11年に若山牧水が滞在したことで知られていた。すでに公式サイトも削除されており閲覧できなくなっている。

 関晴館別館の閉館情報と画像はJakeさんに提供してもらいました。どうもありがとうございました。

2008年09月26日

群馬・高崎「さくらの湯」が再度料金改定−大人料金引き下げ

 群馬県高崎市に2008年9月17日にオープンしたばかりの「高崎温泉さくらの湯」が再び料金を改定、大人の入浴料を平日・土日祝日ともに引き下げたことが9月26日に分かった。

 改定後の大人の入浴料は平日700円、土日祝日は800円。子供料金は500円で据え置いた。大人の入浴料は当初は平日1000円、土日祝日は1300円の予定だったが、実際は土日祝日料金の設定を取りやめて1000円均一としていた。

 さくらの湯の料金改定情報は、あきやまさんに教えてもらい、さくらの湯に直接確認しました。情報提供ありがとうございました。

【関連記事】
群馬・高崎「さくらの湯」土日祝日料金の設定とりやめ(9月22日)
群馬・高崎「さくらの湯」(旧不動隠れの湯)9月17日オープン(9月13日)

2008年09月22日

群馬・高崎「さくらの湯」土日祝日料金の設定とりやめ

 2008年9月17日にオープンした群馬県高崎市の「高崎温泉さくらの湯」が土日祝日の割増料金の設定をとりやめていたことが分かった。

 当初は大人の入浴料を平日1000円、土日祝日1300円にしていたが、最初の週末の20日までに全日1000円に改めた。

 料金の改定は開業記事のコメント欄でアキボーさんから寄せられ、さくらの湯に直接確認しました。情報ありがとうございました。

【関連記事】
群馬・高崎「さくらの湯」が再度料金改定−大人料金引き下げ(2008年9月26日)
群馬・高崎「さくらの湯」(旧不動隠れの湯)9月17日オープン(9月13日)


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ