2008年01月07日

石川・粟津の新総湯は2008年2月着工、7月完成へ

 石川県小松市の粟津温泉で計画されている新しい共同浴場(総湯)が2008年2月に着工し、7月中の完成を目指すことが明らかになった。2008年1月6日付の中日新聞が伝えた。

 山かげの御殿湯をコンセプトに、木組みの石沖屋根を用いた男性的な風呂棟とかや置き屋根の女性的な風呂棟を建設し、交代で楽しめるようにする。

 建設業者を決める入札は1月下旬に実施する。総事業費は1億5900万円で、地元が3分の1、小松市が3分の2を負担する。
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ