2007年12月18日

カナダ・BC州の男性2人が温泉のおかげで命拾い

 温泉が2人の命を救った−−。カナダの通信社カナディアン・プレス(CP)はブリティッシュ・コロンビア州の山中で交通事故に遭った男性2人が凍死せずに救助されたのは温泉のおかげだったと伝えた(英文記事原文)。

 2人の男性は木材の伐採に出かけて帰宅する途中。前日は25センチの降雪があり、その日は雨模様で道はすべりやすくなっていた。注意深く運転していたつもりのトラックはスリップして道から飛び出し、1回転半して氷の張った湖に転落してしまった。

 2人はどうにか岸にたどり着いたが、ほかの仲間は2人よりも先に帰宅しており通りがかる可能性はない。そのまま現場にいれば凍死してしまうのは確実だ。2人は濡れたままの体で8.5キロも歩いて温泉にたどり着き、九死に一生を得た。彼らが救助されたのは翌朝4時半頃のことだったという。記事中には彼らを救った温泉の名前は明らかにされていない。
この記事へのコメント
7月に旅サラダで放送された川沿い硫黄臭プンプンのLussier River温泉じゃないかな?
あのすぐ上の林道は木を満載にしたトラックがたくさん走ってたし、確かに7〜8kmくらいの所にWhiteSwan Lakeもあるしなあ。
Posted by 6917 at 2007年12月19日 20:29
>6917 さん
 見出しで「温泉が救う」となっているのになぜ温泉の具体名が報道されなかったのか不思議です。みんなが押しかけて荒れないようにっていう配慮なのかな〜、でも、そこまで細やかな配慮をするかな〜。
Posted by らくだ(編集人) at 2007年12月20日 21:14

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ