2007年11月26日

改正温泉法が全会一致で可決、成立

 2007年6月のシエスパ爆発を受けて提出された温泉法改正案が11月26日の参議院本会議で採決され、賛成229、反対ゼロの全会一致で可決、成立した。改正温泉法の施行は2008年秋の見通し。

 衆院本会議では11月2日に全会一致で可決し、参議院に回されていた。温泉法は10年ごとの成分分析を義務付ける改正が10月20日に施行されたばかりで、2年連続で改正されることになった。

【関連記事】
温泉法改正案を閣議決定(10月12日)
温泉法改正へ−ガス検知器の設置を義務化(9月1日)
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ