2006年04月27日

山梨・下部温泉で新源泉の掘削に成功

 山梨県の身延町が下部温泉での新源泉の掘削に成功した。アルカリ性単純温泉で泉温は51度と高く、毎分400リットルの湧出量があるという。2006年4月27日付の山梨日日新聞朝日新聞が伝えた。

 掘削地点は温泉街の南約1.2キロの地点。深度1500メートルまで堀ったという。26日に業界関係者に震源泉が公開された。

 下部温泉では2004年秋、10軒の旅館が利用していた源泉が温泉とみなされる基準を満たしていなかったことが判明。新源泉の開発が待たれていた。身延町は夏ごろに温泉施設への配湯設備工事を始め、年内に利用を始める計画。
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ