2007年09月25日

【コラム】よかたん家族風呂問題の裏側−兵庫県の本音と建前

 このブログでもことあるごとに紹介してきた兵庫県の家族風呂問題、大方のメディアは「風紀上の懸念」VS「家族の絆」という構図で伝えてきた。ところが兵庫県にとって風紀問題はあくまで建前で、本当の理由は別のところにあった。2007年9月25日付の夕刊フジ(関西版)が伝えた。

◆二重基準

 兵庫県は2006年夏に突如、家族風呂の取り締まりに動いた。その理由は男女混浴による風紀の乱れが懸念されるため。家族風呂問題の象徴ともなった三木市の第3セクター温泉「吉川温泉よかたん」では2007年2月には6歳以上の男女は家族であっても家族風呂を利用することができなくなった。県から公衆浴場条例の規定(6歳以上の男女混浴を禁止)を守るようにとの厳しい指導があったからだ。その一方、同じ兵庫県内の城崎温泉では2007年9月現在でも夫婦2人のみで家族風呂を利用することができる。

 つまり、不思議なことに兵庫県では家族風呂について二重基準が存在している。この理由について兵庫県は夕刊フジの堀江政嗣記者に対し「三木市は市長が面と向かって反旗を翻していたので重点的に指導した」と本音をポロリもらした。兵庫県が1年余り前によかたんの“家族風呂狩り”に乗り出した際、三木市の薮本市長が毅然と家族風呂の正当性を主張して県の指導に従わなかったため、逆ギレして陰湿な嫌がらせに出たってことだ(ほかの解釈があったらどなたか教えてください)。

 これで謎が解けた。私は数年前に城崎の外湯で家族風呂にカップルが入っていくのを見ている。それに1年前にもこのブログに書いた通り、兵庫県は2005年夏のメルマガで「よかたん一押しのサービスは家族風呂があること」と書いている。兵庫県が「風紀問題」を理由に従来から家族風呂に関する指導を徹底してきたとはとても思えず、不思議でしょうがなかったのだ。

 三木氏の薮本市長は兵庫県の職員から三木市長に転じたそうで(2006年1月就任)、かつての一職員が反旗を翻したことで、反感が増幅していることも容易に想像がつく。

◆平成の水戸黄門(ただし悪代官だけ)

 いってみれば、県民や県外からやってくる利用者の利益よりも、私怨ともいえる感情を優先させた末の家族風呂騒動だったわけだ。県のメルマガでよかたんの家族風呂を評価するようなことを書きながら1年余りで態度を180度転換したことについて、兵庫県は1年前私に「利用者の視点で同浴場を取材」したと説明、利用者の立場からすれば家族風呂は一押しのサービスだということを認めている。

 これを悪政と言わずして何と言おう? 水戸黄門は江戸時代のフィクションだとばかり思っていた。21世紀のリアルの世界でも水戸黄門みたいな話があるんだね。私の頭の中では「生意気にも歯向かってきたので痛めつけてやりました」「ふふふ、おぬしも悪よのう」という会話がピッタリとはまっている。悪代官がいるのに黄門様ご一行が実在しないのが残念でしょうがない。

 兵庫県の設置した「公衆浴場検討委員会」は9月20日、夫婦のみでの家族風呂利用も認めるべきとの検討結果を出し、兵庫県は面子を保ったまま規制緩和に動くことになった。11月には条例改正が決まり、来年4月には改正条例が施行される見通しで、この家族風呂問題は一件落着となった格好だ。でも、私の心の中はモヤモヤしたままで一向に晴れそうにない。

*夕刊フジの堀江記者から当ブログ編集人に取材協力の依頼があり、メールでのインタビューに返答する形で協力。編集人のコメントが記事の末尾に引用されました。関東在住で関西版の紙面を読めない編集人のために仕事の合間をぬって紙面の画像を送ってくれた乾物屋さんにはいつものことながら深く感謝します。 

【過去の関連記事】
兵庫県が「家族風呂」を禁止?(2006年9月2日)
兵庫県に質問を送ってみた−よかたん家族風呂問題で(2006年9月12日)
兵庫・三木市長からメールが来た−よかたん家族風呂問題で(2006年9月13日)
毎日放送でよかたん家族風呂問題−当ブログも登場(2006年9月25日)
兵庫県から返信メールが来た−よかたん家族風呂問題(2006年10月26日)
兵庫・家族風呂の是非について結論持ち越し(2007年5月26日)
兵庫県、条件付で家族風呂を容認へ−10歳未満の子連れはOK(2007年8月22日)
兵庫県・夫婦だけでの家族風呂利用も容認へ−県が一段と譲歩(2007年9月20日)
この記事へのコメント
どこの県もこんな陰湿なことやってるの?
学校でのイヂメがなくならないのもしょうがない?
Posted by イヂメ禁止 at 2007年09月28日 12:10
>イヂメ禁止さん
ほかの県については知る由もありませんし、兵庫県だって今聞いたら、きっと違う言い訳を出してくると思いますよ。だから、ここまであからさまになるのは珍しいのではないでしょうか。
Posted by らくだ(編集人) at 2007年09月29日 00:18

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ