2007年07月20日

山梨・昭和町総合会館の温泉で再びレジオネラ菌検出

 山梨県の昭和町にある昭和町総合会館の温泉でレジオネラ属菌が検出され、2007年7月11日から休業している。

 水質検査を実施したところ、男性浴槽から基準を超えるレジオネラ属菌が検出された。総合会館では2006年5月にもレジオネラ属菌のために休業しており、わずか1年あまりで2回目のレジオネラ属菌検出・休業となった。


 7月20日現在、営業再開時期は確定していない。昭和町役場福祉課によると、清掃・消毒を終えたあとの水質再検査の結果が来週半ば(25日ごろ)に判明する見通しといい、早ければその直後にも営業を再開できるとみられる。

【追記】総合会館の温泉は再度の水質検査で安全が確認され、7月24日から営業を再開した。(7月24日)

【参考】昭和町公式サイトの関連ページ

【過去の関連記事】
山梨・昭和町総合会館の温泉もレジオネラ菌検出で休業(2006年5月13日)
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ