2006年03月13日

福岡・宗像「さざなみ館」の早期再開困難に−運営母体が解散

【注】さざなみ館は経営が変わり、2007年7月6日にほぼ1年半ぶりに営業を再開した。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 福岡県宗像市大島にある休業中の日帰り温泉「ふれあい交流施設さざなみ館」の早期営業再開が難しくなってきた。さざなみ館を運営している第3セクターの「筑前おおしま」が2006年3月31日で解散するためだ。3月13日付の朝日新聞が伝えた。

 さざなみ館の公式サイトには「温泉汲み上げポンプ停止のため、平成18年1月23日(月)より当分の間、休館いたします」とのお断りが掲載されている。

 報道によると、今年に入ってから温泉の出が悪くなって調査したところ、ポンプやパイプに温泉の鉄分が付着。ポンプ内のモーターが故障したことが分かった。「ポンプを取り換えるには多額の費用がかかり、失敗する可能性も高いとわかった」という。

 そのうえ「筑前おおしま」が解散してしまう。もともと赤字経営を続けてきたが、休館でさらに収支が悪化すると予想されるためだ。宗像市は、新源泉を掘削したり、海水や水道水を使った施設に転換したりすることを検討中。

【追記】さざなみ館は天然温泉の利用をやめて高濃度人工炭酸泉と濃縮海水の利用に切り替え、2007年7月6日に営業を再開することになった。
この記事へのコメント
7月6日にリニューアルオープンをしている為、早急の削除を依頼します。お客様からのご連絡が多数寄せられていますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
Posted by 潟Jントリー 武末 at 2007年07月11日 13:25
>潟Jントリー 武末さん
 2006年3月13日付の朝日新聞の記事は誤報ということでしょうか? それでしたらその事実を確認したうえで、当記事を削除し、お詫び記事を掲載させていただきます。ただ、昨日毎日新聞が流した下記の記事によると、上記の記事は事実なのではないでしょうか?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070710-00000232-mailo-l40

 上記の内容に事実誤認がない場合、そちらさまの都合のために記事を削除することはできませんのでご了承くださいませ。6月のうちに上記記事の末尾に追記として7月6日に営業を再開することも書き添えてありますし、6がつ30日には記事を更新したこともお知らせしております。
http://onsen.xii.jp/article/4541035.html

 ただ、追記部分まで読まない方がいるかもしれませんので、一番上に注意をうながす一文を追加いたしました。なお、この記事へのきょうのアクセスは武末を含めこれまで2件しかなく、きのうはゼロでした。過去1カ月で見ても数件しかなく、連絡先さえ掲載していないこの記事をもとに「連絡が多数寄せられる」ことは考えにくいと思われます。
Posted by らくだ(編集人) at 2007年07月11日 18:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/459668

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 他人のブログ記事を寄せ集めただけのブログからのトラックバックは削除します。 当ブログへの“トラックバック返し”は不要です。

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ