2007年07月04日

長野・駒ケ根高原温泉4号源泉の利用開始

 長野県駒ケ根市で新たに掘削された駒ケ根高原温泉4号源泉の利用が始まり、2007年7月3日に配湯開始セレモニーが行われた。7月4日付の長野日報が伝えた。

 地上流出温度35.5度のアルカリ性単純温泉で湧出量は毎分83.2リットル。2006年9月から掘削を始め、11月に1500メートルまで掘削。2007年2月に湧出が発表されていた。

 4号源泉の利用開始に伴い、温度の低い1号源泉の利用を休止し、2−4号源泉を14施設に供給する。湯量は合計すると毎分250リットルとなる。

【過去の関連記事】
長野・駒ケ根高原の4号新源泉の湧出発表(2月2日)
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ