2007年06月23日

大江戸温泉物語会長、ロック歌手としてソロデビュー

たまるか たまるか たまるか
橋本ひろし 吉田晴彦
B000PITZNU

 このところ悲惨な死亡事故関連の重い記事が続いたので、軽めの話題をひとつ紹介する。大江戸温泉物語の橋本浩会長が2007年6月20日、ロックシンガー橋本ひろしとしてソロデビュー、ファーストアルバム「たまるか たまるか たまるか」が発売された。

 曲目は「目標」「おっさんそんなにムキになるなよ俺はここにいる」「自由」「生きてはいますが…」「希望」「それぞれの道」「カラス」「ぜんまい仕掛けの目覚まし時計」「今、僕は六本木の交差点に立つ」「たまるか」「故郷」の全11曲。

 ビデオクリップのサイトで「おっさんそんなにムキになるなよ俺はここにいる」のフルバージョンと「たまるか」を見た。おっさんによるおっさんのための応援歌といったところで、予想以上に熱いシャウトぶりだ。CD全曲の視聴は「たまるか たまるか たまるか」web siteで可能。

 発売元はMULTI VIBRATION/株式会社クラフト音楽事業部、販売元はコロムビアミュージックエンタテインメントで3000円。大江戸温泉物語や系列の湯屋あいづ、湯屋伊香保などの売店で販売しているかどうかは不明(誰か見つけたら教えてください)。

 橋本会長は1952年長野県生まれの55歳。1983年にキョウデンを設立、長崎屋の子会社化や温浴ビジネスへの進出などで「カリスマ経営者」として知られ、現在も大江戸温泉物語だけでなく本体キョウデンの会長も勤めている。かねてより作詞・作曲を手がけていた。著書に「気が小さいから成功できた」(2004年ゴマブックス)。
この記事へのコメント


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ