2007年05月24日

新潟・佐渡「おぎの湯」5月24日から営業中止−レジオネラ菌で

 新潟県佐渡市小木町にある温泉入浴・宿泊施設「小木健康保養センターおぎの湯」で基準を超えるレジオネラ菌が検出され、2007年5月24日午後から営業を中止した。5月24日付の新潟日報が佐渡市の発表として伝えた。

 24日に実施された定期検査で、1カ所の浴槽水から100ミリリットル当たり20個のレジオネラ菌が検出された。国の基準は10個未満。清掃・消毒を行い、安全を確認したうえで営業を再開する。

 5月24日午後10時半現在、おぎの湯の公式ホームページ佐渡市の公式ホームページにはレジオネラ菌関連の情報は見当たらない。

【追記】おぎの湯は2007年6月2日に営業を再開した。(6月3日)
この記事へのコメント
ここは以前佐渡に行ったときに入りました。
佐渡の温泉日帰り施設で数少ない露天風呂のある場所です。
早めに再開しないとこれからの佐渡観光に響きますね。
佐渡は意外に広く、温泉も幾つかあるのでいいところなんですけどね。
Posted by 酔いどれ天使@たかさき at 2007年05月25日 00:20

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ