2007年05月18日

大分・長湯で第3回源泉かけ流し温泉サミット6月13、14日開催

 大分県の長湯温泉で2007年6月13、14日の2日間にわたって「第3回源泉かけ流し全国温泉サミット」が開催される。

 階上は長湯歴史温泉伝承館「万象の湯」と竹田市直入中央公民館で、松田忠徳・札幌国際大教授の基調講演のほか、温泉と健康と食事」についてのパネルディスカッションなどが予定されている。

 長湯温泉といえば、「日本一の炭酸泉」をうたってきたが、数値的な裏づけがないとして行政指導を受け、看板を下ろすことになったばかり。偶然とはいえ悪いタイミングでの開催になった。

 源泉かけ流し温泉サミットは2005年10月に奈良県の十津川温泉で初めて開催され、2006年6月に北海道の川湯温泉で第2回サミットが開かれている。

【参考】長湯温泉.com

【過去の関連記事】
大分・長湯温泉に行政指導−自称「日本一」はダメ(5月11日)
大分・長湯温泉が源泉かけ流し宣言−九州初、全国4番目(2006年5月24日)
北海道・川湯温泉で6月3、4日に「第2回源泉かけ流し温泉サミット」(2006年4月27日)
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ