2007年03月28日

富山・氷見「永芳閣」が地震被災者に温泉を無料開放

 当ブログで女将さんのブログ「氷見・永芳閣の女将と板前のおいしい日記」を紹介したこともある富山県氷見市の温泉旅館「永芳閣」が、2007年3月28日から「頑張れ!能登!プロェクト」を開始した。

 能登半島地震の被災者とボランティアを対象に4月27日までの毎週月・水・金の週3日、午前11時から午後2時まで天然温泉の露天風呂・ジャグジーを無料開放する。タオル・シャンプー・ボディソープの準備があり、休憩室も利用できる。1日30人ほど利用可能で、事前に電話連絡が必要(電話0766−74−0700)。送迎はない。

 昼食として名物のかぶす汁と炊き立ての氷見産コシヒカリ、漬物を500円で提供するという。

 永芳閣は氷見市内の温泉で同プロジェクトに参加してくれる施設と、被災地までの送迎バスのサポートを募集中ということなので、善意の輪が広がれば受け入れ施設の拡大と被災地からの送迎に期待できるかもしれない。頑張れ能登!はもちろん、頑張れ永芳閣!

【関連バックナンバー】
【blog】氷見・永芳閣の女将と板前のおいしい日記(2006年4月9日)
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ