2007年03月21日

環境相、温泉排水基準の規制強化を先送りする意向

 若林正俊環境相は2007年3月20日、温泉旅館からのホウ素やフッ素の排水規制が7月から強化される予定であることについて、「温泉旅館からのホウ素、フッ素を処理する技術は十分に開発されていない。暫定排水基準の適用は延長せざるをえない」と延べ、規制強化を先送りする考えを明らかにした。

 3月21日付の赤旗が伝えた。環境相の発言は、日本共産党の市田忠義議員が参院環境委員会で行った質問に対する答弁。

【関連バックナンバー】
【コラム水質汚濁防止法】規制強化の先送りだけでは不十分(2月25日)
宮城・鳴子温泉郷5団体が温泉排水の基準見直しを県に要望(1月31日)
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ