2007年02月12日

【photoコラム】モロッコの温泉

 連休スペシャル。年明けから2週間更新をサボって出かけてきたモロッコの温泉を写真で紹介する。
ムーレイヤコブ全景ムーレイヤコブ温泉街
観光都市フェズ近郊にあるムーレイヤコブ温泉。
斜面にへばりつくように温泉街が広がっている。
階段をそぞろ歩きしていると、遠く離れた群馬県の伊香保温泉を思い出した。
入浴施設は階段を下りていったところにいくつかある。
ロバ1ロバ2
湯治道具を運ぶのはロバたち。
小さな体で働き者。
荷物だけじゃなく、歩きつかれた人間も乗せてくれる。
   
お風呂グッズ1お風呂グッズ2
階段の両側にはお風呂グッズを売る店が立ち並ぶ。
石鹸・シャンプー・タオル以外にバケツと手桶、
アカスリ(韓国製多し)などを持参するのがモロッコ流。
右側の写真に写っているのはオリーブ石鹸。
プール1プール2
古くからあるらしい温泉プール。
中に入ってみたが入浴券売り場に近づけない混雑ぶりで諦める。
建物の外には「伝統的温泉」みたいな表記の源泉溜め?があった。
ソテルミー外観ソテルミー内部
私が行ったのは個室風呂のあるソテルミーという入浴施設。
建物の外にはアラビア語しかないのでたどり着くのに苦労した。
運悪く「犠牲祭」というイスラムの休暇シーズン真っ只中で受付は満員札止め。
「2時間後に出直せ」と整理券をもらう。
2時間後に戻り、ようやく入浴券を売ってもらう。
15ディルハム(225円)だけど「犠牲祭だから」と2人分買わされた。
入浴時間は30分の制限がある。
通じるのはアラビア語とフランス語だけなので入浴券を買うだけでも四苦八苦する。

入浴券を買ってようやく内部に入れる。
それから個室風呂の順番がくるまでほぼ3時間待ち。
温泉に入るのに全部で5時間も待ったのは初めて(で多分最後)。
右の写真は随分すいてきてから撮った内部の様子。
ベンチの間に見えるドアが個室風呂。全部で10くらいある。
ソテルミー風呂1ソテルミー風呂2
個室風呂は1回ごとにお湯を抜いて浴槽をサッと洗ってくれる。
個室は鍵つきなので日本みたいに裸になって入浴できる。
源泉の投入量は個室内では調節できない。
源泉の温度は54度あるので加水しないと入れない。
お湯は薄いグリーン色。ゆで卵とわずかな揮発油系のにおい。
かなり塩辛いお湯で、よくあたたまった。
個室から出てくる人が皆、満足げな顔をしているのが印象的だった。
この記事へのコメント
あちらの人達の家庭ではどうなんでしょうね。やっぱりシャワーでしょうか?それとも写真みたいな湯船?日本人みたいに子供と一緒にはいるのかな〜?
Posted by 蔵@大阪 at 2007年02月13日 00:30
5時間ってすごいですね。しかもお湯がミドリとは・・!日本だったら即バスクリン疑惑(^_^.)
Posted by コムチャン at 2007年02月13日 00:53
>蔵さん
 青年海外協力隊で2年前までモロッコにいた友人から事前にレクチャーを受けました。降水量が日本とは段違いに少ないモロッコのこと、水はとても貴重ですから一般庶民の家にはバスタブはもちろん、シャワーもないところが多いそうです。

 それで、多くの人はハマム(ハンマム)という公衆浴場を利用します。チュニジアで泊めてもらった家の人に連れて行ってもらったことがあります。ここにも浴槽はありません。サウナというか岩盤浴?みたいなところで体を温め、お湯が出る蛇口から自分のバケツにお湯を汲んで体を洗うだけです。しかも最後の1枚(パンツ)は人前では脱ぎません。日本の感覚の入浴とは別物でした。

 上記の温泉の個室風呂で私以外の入浴客がどうやっていたかは不明です。ただ、源泉の蛇口は室内では止められず、廊下にレバーがあるので、人によっては室内からドアをバンバン叩いて止めてもらっている人もいました。私は30分流しっ放しで贅沢させてもらっちゃいました。

>コムチャン
 モロッコ人て行列をつくらずに、窓口の周りに集まって四方八方から手を窓口に伸ばす感じなんですが、温泉ではみんな黙ってじっと私と一緒に5時間待っていました。それだけ温泉の効能が評判になっているようです。アトピーっぽい人を何人か見かけました。

 5時間のうちに言葉の通じた人は1人だけでしたが、モロッコの高温泉はここだけ、あるいはあともう一カ所だけということでした。

 お湯の色は実際は写真よりも薄く見えました。きれいなペパーミントグリーンでした。上に書いたとおり、モロッコでは浴槽風呂は一般的ではないので、入浴剤といったものはないと思います。もしバスクリン風呂があったら、入浴料は温泉よりもたぶん高くなりそうです。(^^;
Posted by らくだ(編集人) at 2007年02月13日 20:51
良い色の温泉ですね
志賀の熊の湯に近いかな
モロッコも火山地帯なんですかね〜
大きな地震があるって聞いたことがありますが
Posted by 索@飯山 at 2007年02月13日 22:07
>索@飯山さん
 写真で色が再現できていないのが悲しいところです。熊の湯よりもずっと軽やかなグリーンでした。バスクリンを薄めに入れたら、あんな色になるかな〜。最初は色がないのかと思っていたんですが、だんだん溜まっていくと緑色になってきて美しさに見とれました。

 あくまで想像ですが火山性の温泉ではなさそうな感じでした。フェズの周辺にはあともう一カ所温泉が湧いているそうです。そこは入浴よりもミネラルウォーターの産地として有名なところで、夏場は温泉プールも営業しているそうです。飲料になるぐらいだから、私の行った温泉とは泉質が違うみたいです。

 本当はプールが営業していなくても、そこも見物に行くつもりでしたが、1カ所で5時間かかってしまったので時間がなくなり断念しました。
Posted by らくだ(編集人) at 2007年02月13日 22:40
緑の温泉は岩手の国見温泉しか知らないのですが、こちらもまたいい色してますね〜お茶みたい。すんごく入ってみたいとは思うのですが、モロッコ人には痛い目に何度もあっているので、たとえ時間があっても、怖くていけそうにはないかも。大丈夫でしたか?騙されなかったですか?
Posted by KLE4c at 2007年02月14日 01:00
>KLE4cさん
 それがですね、私もいろいろとタカリやボッタクリの体験談を聞いたり読んだりして行ったので、すごく身構えていたのですが、それほどでもありませんでした。

 自称ガイドの取締りが厳しくなったみたいで、旧市街の迷路を歩いていても、人は寄ってきませんでした。十数年ぶりの再訪だった夫は「かえってつまらなくなったかも」と言っていたぐらいです。

 もちろん、小さなボッタクリはたくさんありました。モロッコについてすぐ500ミリのペットボトル飲料を買ったら値段が日本と大して変わらない…。あとになってラベルにほぼ半額の定価が書いてあるのを見つけました。上の温泉も犠牲祭特別料金で2人分と言われたけど、外国人だけかもしれません。
Posted by らくだ(編集人) at 2007年02月14日 23:19
はじめまして。

フェズの街に関するブログを探していて
たどり着きました。
フェズの近くにも温泉があるなんて、驚きました。
モロッコにも温泉があるんですね。
でも、日本の温泉みたいに、みんな一緒に
入浴するわけでもないのでしょうか。興味津々です。
Posted by エビさん at 2007年02月15日 07:44
>エビさん
 初めまして。フェズの町についての情報じゃなくてすみません。でも、フェズとは違ってモロッコ人観光客?湯治客?ばかりのムーレイヤコブもいいところですよ。町の雰囲気が気に入りました。

 犠牲祭と断食明けのシーズンを除けば、温泉もそんなに込んでいないそうです。日本のように大きな浴槽にみんなでつかるというよりはプール感覚みたいです。お風呂なら個室風呂しかないみたいでした。
Posted by らくだ(編集人) at 2007年02月16日 00:30

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ