2007年01月29日

新潟・上越「くびき野温泉門前の湯」1月30日正午オープン

 新潟県上越市に日帰り温泉「くびき野温泉門前の湯」が2007年1月30日の正午にオープンする。

【住所】新潟県上越市下門前162−1 (ヤフー地図

【電話番号】025−531−2615

【営業時間】午前10時から翌午前0時半

【定休日】年中無休(メンテナンス休業の頻度など不明)

【入浴料】大人390円、小学生140円、幼児70円
      サウナは別料金。

【源泉名】くびき野温泉

【泉質】ナトリウム−塩化物泉

【温度】40.5度(気温15.5度)

【湧出量】毎分62リットル

 上記のオープン情報は湯狂いさんから寄せられ、入浴料などを直接「門前の湯」に確認しました。情報提供ありがとうございました。

【訂正】大人の入浴料を390円に訂正しました。(1月30日)
この記事へのコメント
ついさっき行ってまいりました。
追加情報です。
営業時間:10:00〜24:30(最終入館24:00)
入浴料:390円(入浴のみ) 570円(サウナ付き)

裏に同一源泉を利用した温泉付き老人ホームも建設中で、おそらくお湯は正しく使われないと思っていました。しかし内湯はほぼ無色透明ですが、露天は濁り湯でなかなか良いです(^^)
話を聞くと露天はろ過はしていないが循環、内湯はろ過循環だそうです。
施設には入浴施設以外の食堂、お休み所等の施設は無し。
浴室は一階が大浴場(20名位はいれる)、かけ湯、洗い場(シャンプー石けん等無し)、露天(釜風呂で2人入ればいっぱいいっぱい、オーバーフロー無、排水孔はガンガン吸い込んでます)
二階は別料金で低温塩サウナ、高温サウナ、水風呂、洗い場(ボディソープ、シャンプー付き)ですが入浴のみの料金で入ったので詳細は不明です(^^;
靴ロッカーも更衣室ロッカーも100円返却タイプ。サウナ利用者は靴のロッカーキーをフロントに預けるそうです。
Posted by 情報提供者 at 2007年01月30日 15:02
>情報提供者さん
 初日に早速いらしたのですね。追加情報をありがとうございます。毎分62リットルを老人ホームと兼用で使うというのはちょっと苦しいような気もします。

 東京の感覚では露天風呂もついて390円、サウナを利用しても570円というのはとても安く感じます。
Posted by らくだ(編集人) at 2007年01月30日 21:18
もともとは地域活性化のためにはじめられた事業。ビジネスを前面にと言うよりは、地域全体での雇用促進などを考えられているようですね。
Posted by ひえい at 2007年01月31日 01:34
>ひえいさん
 地域活性化と温泉というと、昔のふるさと創生事業を思い出してしまいますが、ここは一民間企業がそのような事業展開をしているのでしょうか。そのような動きがあることは知りませんでした。
Posted by らくだ(編集人) at 2007年01月31日 21:04
行って来ました。
泉質はまあまあ良い(並)ようですが、
施設の感じとか人とかがまだまだ。。
温泉好きの熱意のある方はいないようですね。
この先良くなるのかなあ。あ、子供はサウナ禁止でした。
Posted by あやすき at 2007年02月02日 03:46
>らくださん
ふるさと創生とは関係はないと思いますが、地域の方々の出資により、地域活性化をしようとして会社が設立されたようです。
Posted by ひえい at 2007年02月02日 04:27
>あやすきさん
 確かに電話した感じでは、あまりサービス業ぽくない感じでした。私は自分の紹介した温泉に行ってみて、想像していたのと実際の違いというか格差を確かめるのが趣味のひとつでもありますから、門前の湯にもそのうち行ってみたいと思っています。

>ひえいさん
 地域の方々の出資した会社と聞くと、なんとなく電話の感じも納得がいきます。
Posted by らくだ(編集人) at 2007年02月02日 23:15
湯狂いさんご無沙汰しております。
くびき野温泉は数年前、源泉を確かめておりますが、
今度は低料金な入浴施設が出来たそうで近いうちに行って来たいと思います。
らくださん、湧出した当初は地域での福祉活性化に使用されると聞いた事があります。入浴は半分諦めておりましたがこれなら行けそうです。
Posted by あや@新潟 at 2007年02月03日 14:31
>あや@新潟さん
 当初の計画ではそうだったようですね。お近くなのですから、是非行ってみて印象を教えてください。
Posted by らくだ(編集人) at 2007年02月03日 20:58

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ