2007年01月29日

【雑誌】週刊ダイヤモンド2月3日号で温浴ビジネス特集

週刊ダイヤモンド2007年2月3日号 ビジネス誌「週刊ダイヤモンド」2007年2月3日号(1月29日発売)で、「にわかに沸き上がる『お風呂』ビジネスの裏側」と題した全10ページの温浴ビジネス特集が組まれている。

 業界の歴史を振り返ることから始め、異業種からの業界参入が相次いでいる様子や、アミューズメントパーク再生の切り札になっていることなどがまとめられている。特集の最後に業界の勝ち組?として紹介されている「万葉倶楽部」(万葉の湯)と「おがわ温泉花和楽の湯」(埼玉県小川町)の成功事例が興味深い。

 とにかくこの業界、過当競争に陥っていると思う。同誌によると、スーパー銭湯は過去4年で倍近くに増えて全国に600カ所以上あるそうだ。

 私がこのブログを始めて一番予想外だったは新規開業施設がとにかく多いことだった。最近は廃業情報をお届けすることが明らかに増えてきたと感じている。これが一般的な傾向によるものなのか、情報提供者が増えたり自分が情報を集めるのに慣れて廃業情報を入手しやすくなったからなのかは不明。

 週刊ダイヤモンドの特集については、船井総研温浴チームの日江井さん(同特集にコメンテーターとして登場しています)に教えていただきました。どうもありがとうございました。 
この記事へのコメント
本日内容を確認しました。名前が間違っていたのと、ちょっとコメントが「強気」な印象ですね。。。
いずれにせよ業界の活性化につながれば良いのですが。
Posted by ひえい at 2007年01月31日 01:36
管理人さま

偶然こちらにたどりつきました。
今回特集を担当させていただいた、週刊ダイヤモンド編集部の鈴木と申します。
ご紹介いただきまして、誠にありがとうございます。

今回初めて業界を廻ってみたのですが、
確かに傍で見るより競争も激しく、様々な企業が
それぞれの思惑やビジネスモデルを持って
参入している業界だと、改めて実感いたしました。
編集部の風呂好き二人の趣味から始まった
今回の企画なのですが、少しでも温浴業界の
お役に立てればこれほど嬉しいことはありません。
また寄らせていただきます。ありがとうございました。


PS.ひえい様。色々お世話になっておきながら
大変失礼いたしました。

Posted by スズキ at 2007年01月31日 16:48
>ひえいさん
 私は楽しみにしていたので月曜日の朝方購入し、その場で熟読してしまいました。お名前のことにはコメントを読むまで全く気づきませんでした。コンサルの依頼がどっと押し寄せるのではないでしょうか?

>鈴木さん
 コメントを寄せたひえいさんだけでなく、特集を担当されたご本人からコメントをいただけるとは嬉しい驚きです。

 私はまったくの個人的な趣味で毎日のように細切れの情報を流しています。業界の動向をこのようにまとまった形で読む機会がなかったので、とても新鮮で面白かったです。

 このブログの記事が雑誌の売り上げに数冊程度貢献できるといいのですが。是非ともまた特集してください。
Posted by らくだ(編集人) at 2007年01月31日 21:21
>鈴木さん
こちらこそお世話になりました。
今後とも温泉温浴業界発展のため、よろしくお願いいたします。

>らくださん
さすがですね。私はすっかり仕事で読み忘れていました。。。
コンサルのご依頼はまだまだですが、これを機会に多くの皆さまに温泉温浴業界のことを知っていただければうれしい限りです。
らくださんのお力は業界内で大きな大きなうねりになっています。
Posted by ひえい at 2007年02月02日 03:11
>鈴木さん
こちらこそお世話になりました。
今後とも温泉温浴業界発展のためにお力をお借りできればと思います。

>らくださん
さすがですね!!
私は仕事が忙しくてなかなか読むことができませんでした。。。

コンサルティングのご依頼はまだまだですが、温泉温浴業界の発展のためにできることがあれば、色々とチャレンジしたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by ひえい at 2007年02月02日 04:10
>ひえいさん
 1日の日経朝刊で「月刊レジャー産業資料」2月号の広告を見つけてしまいました。「温浴施設勝ち残りの一手とは」とか「2006年温浴施設開業一覧」の文字に一瞬『お〜、これも買わなきゃ!』と思ったのですが、よく見ると一冊5460円…。国会図書館に行ったついでにでも閲覧することにしました。

 こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by らくだ(編集人) at 2007年02月02日 23:04

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ