2007年01月14日

石川・山代の2旅館による温泉掘削申請に県が不許可の判断

 石川県加賀市の山代温泉にある旅館「ホテル百万石」と「大寿苑」がそれぞれ新源泉の掘削を県に申請したところ、県環境審議会温泉部会が12日に不許可の決定を伝えたことが明らかになった。2007年1月13日付の北国新聞が伝えた。

 報道によると、ホテル百万石関連の百万石マネージメント株式会社は河南町の宅地と同荒木町の山林の2カ所での掘削を申請。このうち後者については許可が得られた。大寿苑関連の温泉開発株式会社は山代温泉大和町で掘削を計画していたが、許可が下りなかった。

 許可しなかった理由として、温泉部会は(1)山代温泉では旅館が個別に温泉を掘削しないというルールが長年守られてきた(2)申請地点は鉱業法に基づく鉱区禁止地域内にある−などと説明。温泉が枯渇する恐れがあることを挙げているという。

【参考】ホテル百万石の公式ホームページ
     大寿苑の公式ホームページ

【続報】石川・山代温泉の新源泉掘削めぐる訴訟で県側が敗訴(2008年11月29日) 
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ