2008年12月23日

大分・別府の野湯「ヘビん湯」駐車場に防犯灯

 大分県別府市にある野湯「ヘビん湯」の駐車場に防犯灯が整備され、2008年12月19日に点灯式があった。12月22日付の地元紙「今日新聞」が伝えた。

 防犯灯はソーラーパネル式で、日没から14時間にわたり20ワットの明るさで灯る。設置費用は143万円。

 ヘビん湯では2007年に4件の車上狙いが起きた。近隣の野湯「鶴の湯」と「鍋山の湯」も入れると合計で41件にも上るという。2008年は地域住民のパトロール隊の活動などが奏功し、これまでのところ12件に減少しているという。
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ