2008年12月21日

【岩手・宮城内陸地震】岩手・祭畤温泉「かみくら」12/29営業再開

 2008年6月の岩手・宮城内陸地震で被災して休業、復旧作業が進められていた岩手県一関市・祭畤(まつるべ)温泉の旅館「神座(かみくら)」が2008年12月29日に日帰り入浴を再開、31日には宿泊も再開する。12月21日付の朝日新聞が伝えた。

 震災で新館の地盤が30センチも沈下し、基礎の一部が崩れ落ちた。ダンプカー10台分の廃材が出たという。再開するのは旧館のみだが、既に年越しは予約で満室。12月27日と28日は周辺地区の住民を招待して入浴をサービスする。

 年明け早々にも再開する見通しという情報は既に流していたが、それよりも早く年内に再開を紹介することができ、個人的にもすごく嬉しい。営業再開おめでとうございます!

【過去の関連記事】
岩手・一関「真湯山荘」建て替えを検討(2008年12月10日)
岩手・祭畤温泉「かみくら」2009年1月営業再開へ(2008年10月7日)
地震1カ月前から周辺温泉の泉温が変化(2008年6月20日)
岩手・秋田の温泉施設への震災の影響一覧(2008年6月18日)
岩手・一関の祭畤温泉が5年ぶり復活−かみくら1月開業(2008年2月29日)
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ