2008年12月15日

北海道・札幌「スパシア」閉館、運営会社が破たん

 北海道札幌市の商業施設Ario(アリオ)札幌内の温浴施設「ヒーリングラウンジ スパシア」が2008年11月下旬に閉館した。スパシアを運営していたビル管理会社のアス研(札幌市)は、経営破たんに伴って自己破産の申し立ての準備をしていると12月1日付で発表した。

 スパシア公式サイトには「会員の皆様ならびに回数券をお求めいただいた方々には大変申し訳ありませんが、後日法的にその取り扱いが決定されるまでお待ちくださいます様、よろしくお願い申し上げます」との記載があり、回数券が不良債権化したことが明らかになった。

 12月15日現在グーグルキャッシュに残っているアリオ札幌のサイトには「平成20年11月24日夜発生しました不具合のため、設備の修理点検作業を行います。このため一時臨時休業とさせていただきます」と記載されており、11月24日までは営業していたもよう。

 スパシアは旧・美湯名(びゅーな)のあとを継いで2008年7月1日にオープン、営業期間はわずか5カ月弱だった。なお、旧・美湯名、スパシアとも天然温泉は利用していない。

 温浴施設がいきなり休業・閉館し、回数券を抱え込んだ人から相談メールが届いたことはこれまで数回ある。1年余り前には「回数券がいつもに比べてものすごく割安だった上、有効期限がないということで数万円分を買ったら、次に行ったら閉館していた」という読者もいる。皆さんどうぞご注意を。

【過去の関連記事】
北海道・Ario札幌内に「美湯名の湯」11月23日オープン(2005年11月2日)
この記事へのコメント
回数券が使えません。
先月買ったばっかりです。
アス研って会社も電話でませんし。
5か月で閉鎖とは、どういう経営していたのか!詐欺ですね。
Posted by 被害者 at 2008年12月16日 18:47
>被害者さん
先月回数券を買ったばかりとは大変な目に遭いましたね。
そのうち債権者に説明があるはずですが、ちゃんと公式サイトに出るのかな。担当する弁護士に問い合わせてみるといいかもしれません。
Posted by らくだ(編集人) at 2008年12月17日 21:12

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ