2008年12月12日

シエスパ爆発でユニマットと大成建設の3人を書類送検

 2007年6月に東京・渋谷の女性専用温泉施設「シエスパ」で起きた爆発死傷事故に関し、警視庁は2008年12月12日、大成建設とユニマット不動産の関係者計3人を業務上過失致死傷の疑いで書類送検した。報道各社が同日、一斉に伝えた。捜査当局がシエスパ爆発を偶発的な事故ではなく「人災」と判断したことが示された。

 書類送検されたのは設計・施行を請け負った大成建設の設計責任者(50)と、開業当時に施設を運営していたユニマット不動産の役員(46)と社員(41)。

 シエスパの爆発は天然ガスを排出するための管に結露した水がたまってガスが逆流、施設内に充満したガスに源泉くみ上げ装置の火花が引火して爆発したとされている。

 大成建設側はガス抜き管に結露した水がたまる可能性を知りながら、水抜きの必要性をユニマット側に伝えていなかった。ユニマット側は、開業前に周辺住民を対象に開催した説明会で天然ガスの検知を実施すると公約しておきながら、実際にはガス検知器を設置しておらず、安全管理を怠った責任があると判断された。

 事故当時のシエスパ社長は、温泉に可燃性ガスが含まれていることすら知らなかった。開業当時の副支配人は事故当時に滞在していた海外で自らのブログに「地下のボイラー、天然ガス事故ってことは 掘削業者と設備管理業者に問題があったんではと思うんですが この手で問い詰められないのが辛い」と記述。ユニマット側の安全管理に問題があったことが指摘されると当該記事を削除し、その後ブログ全体を閉鎖していた。

【過去の関連記事】
シエスパ爆発でユニマットと大成建設の関係者を書類送検へ(2008年11月3日)
シエスパ、開業前にガス検査を約束−周辺住民に(2007年6月25日)
【シエスパ爆発】施設・業者に乏しい安全管理の自覚(2007年6月21日)
(その他の関連記事は【シエスパ爆発】カテゴリからご覧ください)
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ