2008年12月09日

岐阜・新穂高の新「中崎山荘」2009年秋オープンへ

 岐阜県高山市の奥飛騨温泉郷・新穂高温泉で移転新築工事中の「中崎山荘」は、新施設のオープンが2009年秋になる見通し。宿泊営業は行わず、日帰り入浴施設となる。

 中崎山荘は井上靖の名作「氷壁」に登場、新穂高温泉発祥の宿として知られる有名旅館で、蒲田川の治水工事のため川の反対側に移転することになった。2007年10月20日の閉館時の話では、「約1年後に新施設をオープンする」という予定だった。

 2008年11月20日頃観光協会に確認したところ(多忙で出稿を忘れていました)、新施設のオープンは2009年秋の予定ということなので、当初計画よりも1年ほど遅れることになりそうだ。

【追記】2009年2月23日付の中日新聞夕刊によると、日帰り施設「中崎山荘 奥飛騨の湯」としての営業再開は2010年1月になる見通し。

【過去の関連記事】
岐阜・新穂高「中崎山荘」移転のため現行施設10月20日で閉館(2007年10月7日)
岐阜・新穂高「中崎山荘」蒲田川の反対側に移転へ−源泉も別物に(2007年1月23日)
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ