2008年11月05日

【クイズ】温泉利用状況の開示について

 唐突ながらクイズをひとつ。以下の囲み内の文章は正しいか間違っているかどちらでしょう。
公共の入浴用に温泉を利用する施設は、温泉の加熱、加水、循環ろ過、消毒や入浴剤添加などの有無を掲示しなければならない。
 
答:間違い

 温泉法施行規則第10条の2が定める温泉利用状況の開示義務は以下の通り。
一  温泉に水を加えて公共の浴用に供する場合は、その旨及びその理由

二  温泉を加温して公共の浴用に供する場合は、その旨及びその理由

三  温泉を循環させて公共の浴用に供する場合は、その旨(ろ過を実施している場合は、その旨を含む。)及びその理由

四  温泉に入浴剤(着色し、着香し、又は入浴の効果を高める目的で加える物質をいう。ただし、入浴する者が容易に判別することができるものを除く。)を加え、又は温泉を消毒して公共の浴用に供する場合は、当該入浴剤の名称又は消毒の方法及びその理由
 読めば分かる通り、掲示しなければならないのは「有無」ではない。加水、加温、循環ろ過、消毒や入浴剤添加を実施している場合のみで、していなければ掲示する必要はない。

 つまり、掲示していない施設は温泉利用状況を開示する必要がないかもしれないし、掲示を怠っているのかもしれない。私にはどちらか言い当てられる自信はない。

 ある業界関係者は「全施設に掲示を義務付けていないのは温泉法がザル法であることの証左」とおかんむりだ。この関係者がそれ以上に怒っているのは「温泉関連の出版物は数多くあれど、温泉利用状況の開示について正しく認識して書かれているものが全くない」ことだそう。

 そんなことを言われても私には何もできないので返答に困ったのだが「あなたはメディアをお持ちなのだから、ぜひ啓蒙活動をしてほしい」と言われ、こんなクイズを作ることを思いついたってわけ。

 しかし、温泉利用状況の開示について正しく書かれた刊行物は本当に一冊もないのだろうか? もし、2008年11月の現段階で正しく認識・記載されている本や雑誌などをご存知の方がいらしたら、ぜひコメント欄にて教えてください。「○○新聞には正しく書いてあった」というのも歓迎します。
この記事へのコメント
非啓蒙活動って何だ?
Posted by yom at 2008年11月05日 14:51
温泉の定義自体が疑問な『温泉法』なのでそんな重箱の隅をつつかなくても笊法なんですが・・・

「最新温泉法で選ぶ宿の本―加温・加水・循環・入浴剤の○×がひと目でわかる! 」とか言う長ったらしい名前の本があったはずです。

それより深度掘削動力揚湯泉の規制のほうが重大事ではないかと
Posted by 索@いいやま at 2008年11月05日 16:00
ちょっと気になったのでコメントさせていただきます。

エントリーに記載のとおり,確かに無しの場合掲示する必要はありませんから,全ての項目が無しならば掲示自体無くても構いません。

しかしながら,もし該当する項目が有り,その内容が掲示されていなければ指導対象になります。

保健所などの当局がきっちり施設を監視指導していることを前提にすれば,この規則条文の内容は担保されていると思います。
Posted by homahomash at 2008年11月05日 19:24
>yomさん
 ヤバイっ! ありがとうございます。「是非」をひらがなに直した際、「非」だけ消すのを忘れました。どうもありがとうございます。

>索さん
 お世話になった人に少しでも恩返しできるなら、私は重箱の隅だろうと真ん中だろうと喜んでつつきます。今やっておかないと、ブログをやめたあとで後悔するかもしれないので。

 大深度掘削泉については2月に書いたコラム以上のものを書けるだけの材料(数値的な裏づけ)がありません。

 2月のあれだけでも「お前は日本中のスーパー銭湯をつぶすきか。氏ね」ってメールが来ました。夏場には大深度掘削泉がいかにすぐれているかについて、まったく改行のない長文メールが送られてきました。3行以上読む気になれずに放置しておいたら、2カ月半にわたって毎日「私の論文に対する反論はまだですか?」と催促が届き、最後には「やはり私には反論できないんですね(苦笑)」と満足してもらえたようで、やっとメールが来なくなりました。あれ、ここでこんなことを書くと寝た子を起こしちゃうかな? ま、いろんな読者がいることだけは確かです。

>homahomashさん
 その通りなのですが、現地で掲示が見当たらずに口頭で確認すると加温・加水・循環ろ過・消毒のいずれか(一部は全て)を実施していたことは何回もありました。指導対象であるはずでも実際に指導を受けているのかどうか定かではありません(自治体によっても違うのかもしれません)。
Posted by らくだ(編集人) at 2008年11月05日 22:26

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ