2008年10月18日

北海道・夕張の野湯問題、浴槽取り壊して決着−市側が謝罪

 北海道夕張市にある温泉施設「ゆうばりユーパロの湯」の指定管理者が近隣にある野湯を市が放置しているのは営業妨害に当たるとして抗議していた問題で、2008年10月17日までに野湯の浴槽が取り壊され入浴できなくなったことが明らかになった。10月18日付の北海道新聞が伝えた。

 野湯の浴槽を設けたのは伝里雅之市議の呼びかけで3月に発足した「名水探検炭」のメンバーら。伝里市議は関与を認めて謝罪した。野湯について当初は「川遊び程度」として問題視していなかった市側も、「相当立派なもので、川遊びの域を超えている」(羽柴和寛副市長)と認識を改め、関係者に原状復帰を要請した上で市側の対応のまずさを詫びた。

 野湯は川辺に造った浴槽に市有の源泉を引き込んで利用されていた。ユーパロの湯は野湯から約2キロにあり、野湯の存在が営業妨害に当たるほか、市有の源泉を使っているにもかかわらず入湯税徴収の対象にならないのは不公平だと主張していた。

 ユーパロの湯は2008年4月から指定管理者制度が導入された。3月の段階で日中医療会(神奈川県)が指定管理者に決まったが、日中医療会側があとになって辞退(その後5月に倒産)し、シルバーリボンに決まった経緯がある。

【過去の関連記事】
北海道・夕張ユーパロの湯管理者が「近隣の野湯は営業妨害」と抗議(2008年9月30日)
この記事へのコメント
こんばんわ。
どうもこれは地元D新聞の支局長の「ヤラセ記事」みたいですよ。

平成20年10月21日付 北海道新聞社長への質問状
http://archive.mag2.com/0000253983/20081031164500000.html
Posted by yoko at 2008年12月11日 01:16

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ