2008年10月13日

山形・上山温泉が2カ所で新源泉掘削へ−2009年度にも着工

 山形県上山市の上山温泉利用協同組合は、2009年度にも2カ所で新源泉の掘削に取り掛かる。2008年10月13日付の山形新聞が伝えた。

 かみのやま温泉は現在、湯町、新湯、葉山の3地区に源泉があり、集中管理方式により48軒の施設に源泉を供給している。この3カ所の源泉井戸が老朽化していることから、事故や災害に備えて新源泉を確保する計画が浮上した。

 新たに源泉の掘削が予定されているのは河崎地区と新湯地区で、既に河崎地区の用地は確保済み。新湯地区もめどがついているといい、2009年度の早い段階に工事に取り掛かりたい考え。掘削震度は300−400メートルを予定している。
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ