2008年10月10日

滋賀・草津駅前の温泉施設建設中止に−温泉は掘削済み

 滋賀県の草津市は2008年10月9日、JR草津駅東口に予定されていた温泉施設の建設が中止になったと発表した。10月10日付の産経新聞日経新聞が伝えた。

 旧西友跡地に複合商業施設を建設する計画で、温泉を利用した温浴施設「草津の湯」(仮称)も予定され、2009年7月の開業を予定。温泉は既に掘削が終わっている。

 開発を請け負ったTKKが建設資材や原油の高騰、金融情勢の悪化などを理由に「長期的な事業継続の見通しが困難」として、9月末に計画の中止を申し入れた。掘削した温泉についてTKKは「市民のために有効活用してもらいたい」としているという。

 約9500平方メートルの用地は草津市土地開発公社が買い戻し、新たな利用方法を検討する。
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ