2008年10月02日

鳥取・大山「白雲荘」跡地で温泉掘削開始−2011年開業目指す

 鳥取県大山町大山の「大山慣行ホテル白雲荘」跡地で2008年10月1日、温泉に掘削が始まるとともに安全祈願祭が執り行われた。10月2日付の日本海新聞毎日新聞が伝えた。

 マッサージチェア大手のファミリー(大阪市)が土地と建物を買収し、温泉の掘削費約1億円を負担。企業などから約10億円の出資を募って別法人を設立し、2011年度に開業する予定の温泉施設の運営を任せる。

 施設は3階建てで展望風呂や露天風呂のほか、温浴療法を施す設備を設け、専門療法士を置く。

 事前調査により、地下1200メートルの地点で30度のアルカリ性温泉を掘り当てる可能性があることがわかっている。日量200トンが期待され、利用開始後は近隣の旅館や民宿にも配湯する計画。
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ