2006年12月07日

鹿児島・出水「折尾野温泉共同浴場」年内再建オープンへ

 鹿児島県出水市の「折尾野温泉共同浴場」の再建工事が2006年末までのオープンを目指して進められている。12月7日付の南日本新聞が伝えた。

 折尾野温泉共同浴場といえば、温泉好きの間でも評判のところ。7月の豪雨で床上浸水して再開にこぎつけたところ、8月28日に火災が起きて全焼していたそうだ。全然知らなかった。

 11月中旬に開始された再建工事は12月25日ころに完工の見通しという。
この記事へのコメント
折尾野温泉の現状は、大変な状態だったのですね。
共同浴場の浴舎のたたずまいが良いと聴きながら訪れましたが、国道に役所が立てた立派な「折尾野温泉」と書かれた道路標識が有ったので、立派な温泉地なんだ・・・と少し覚めたのを思い出しました。
で、実際に浴舎の前に立つと、一般の人がその道路標識を見て訪れたら、逆に驚かれるだろうなと感じるくらい、あたりの風景に溶け込んだ浴舎でした。
屋根が殆ど堤防と同じ高さなんですが、猫がのんびり昼ねしていて更に、のどかさをかんじました。
Posted by 阿部滋信 at 2006年12月07日 23:50
>阿部滋信さん
 私も全然知りませんでした。といっても、ここは評判を聞いているだけで、訪問したことはないのですが。何にしても復活再開はうれしいことですね。
Posted by らくだ(編集人) at 2006年12月09日 20:46
新しい施設の写真が無いだろうかと調べてみたのですが、見当たりませんでした。
しかし、「いずみテレビダイジェスト」ブログによると
ttp://izumitv.blog40.fc2.com/blog-entry-171.html
浴槽のコンクリート部分はしっかり残っているのですね。
この部分を再利用しているとするとほぼ以前のものと同じようになるのでしょうかね。
そう言えば、水害で流された熊本のほたるの里温泉は殆ど同じものを立てたものでした。
寄付した人の名札が多くかかってましたが、これが共同浴場なんだなぁ〜と感じたものです。
大切に利用していきたいですね。
Posted by 阿部滋信 at 2006年12月11日 00:24
>阿部滋信さん

 以前は川の上にせり出していたのが、法律上の問題で同じようにはできなくて少し狭くなったと読みましたが、できれば元の姿に少しでも近い形で復活してもらいたいですね。
 
Posted by らくだ(編集人) at 2006年12月11日 23:43
それが希望ですね。
でも、あくまで共同浴場。地元の人が心地よく使えることが第一だろうし、そうした人の温泉に対する気持ちと時間が施設を良いものにしてゆくものだと思っております。
私たちは、そのおこぼれをいただいているだけですから。
Posted by 阿部滋信 at 2006年12月12日 01:56

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ