2008年10月02日

群馬・伊香保「観山荘」渋川市に譲渡し閉館、解体へ

 群馬県の社会福祉協議会が経営する渋川市・伊香保温泉の「観山荘」が2008年度中にも閉館することが明らかになった。施設は解体される見通し。2008年10月1日付の読売新聞毎日新聞が伝えた。

 観山荘は老朽化が進んだうえに客足が遠のき、1999年度からは赤字経営が続いていた。渋川市はかねてより、敷地・建物・温泉利用権の譲渡を県に要求しており、県が2008年度中に譲渡する方針を固めた。渋川市は観山荘の建物を取り壊し、跡地を広場に整備する意向。

 観山荘の公式サイトには関連情報は掲載されていない。直接問い合わせたところ「新聞で伝えられた以上のことは把握していません」とのことだった。
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ