2008年09月11日

北海道・支笏湖温泉の湯量が開湯時の4割まで減少

 北海道千歳市にある支笏湖温泉の源泉の湧出量が1974年の開湯時に比べて4割程度まで低迷していることが明らかになった。調査会社の報告に基づく千歳市の発表を2008年8月6日付の千歳日報(9月12日現在リンク先の一番下で閲覧可能)が伝えた。

 千歳市の公式サイトを探しても調査結果が掲載されていないので詳細は不明。現在の湧出量は最大毎分172リットルで、適正くみ上げ量は同100リットル、くみ上げ限界量は150リットルとされている。

 支笏湖温泉での聞き取り調査による必要量は最大126リットル、平均113リットルと、既に適正水準を上回っている。8月1日にはレイクサイドヴィラ「翠明閣」もオープンした。

 報告書は目先の対策として揚湯量を減らすことを提言、将来的な新源泉掘削の必要性にも触れている。

 千歳民報の記事は「のんさん」に教えてもらいました。どうもありがとうございました。 
この記事へのコメント
支笏湖温泉周辺は、札幌から車で1時間くらいと近く、支笏湖の自然環境の良さなどから改めて注目されています。ここには第一ホテル系列の高級温泉ホテル(支笏湖翠山亭)があり、一度泊まったことがあります。お湯も良く(重曹系のつるつるの湯)サービスの質も高く(特に夕食が良い)団塊世代などにうってつけだと思います。鶴雅グループや丸駒温泉が高級路線で参入するのもそういう理由だと思います。源泉が細くなったのは厳しいですね。国立公園エリア内なので大掛かりなボーリングは難しいのかも。
Posted by ベンさん at 2008年09月22日 23:24

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ