2008年08月31日

大分・別府「北浜温泉テルマス」指定管理者撤退で10月から市直営に

 大分県別府市の「北浜温泉テルマス」が2008年10月から別府市の直営となる。指定管理者のNPO法人ハットウ・オンパクが業績不振で撤退するのが理由。8月31日付の大分合同新聞が伝えた。

 別府市はテルマスを直営にした上で、2009年度からの指定管理者を新たに募集する考え。ハットウ・オンパクは2006年度から5年間の予定でテルマスの運営にあたっていた。報道によると、テルマスのほか2カ所についても指定管理者になっているが施設名は不明。2カ所の運営の先行きについても報じられていない。

【続報】
大分・別府「ハットウ・オンパク」竹瓦と海浜浴場からも撤退(2008年9月3日)
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ