2008年08月24日

宮崎・三股「勝岡温泉」3カ月半ぶりに営業再開

 基準を上回るレジオネラ属菌の検出に伴って2008年5月から休業していた宮崎県三股町の温泉浴場「勝岡温泉」が8月23日、3カ月半ぶりに営業を再開した。8月24日付の宮崎日日新聞が伝えた。

 勝岡温泉では4月28日に実施した自主的な水質検査で、男湯の浴槽から基準の360倍、女湯からは340倍のレジオネラ属菌が検出されたことが5月7日に判明。同日から営業を取りやめた。

 報道によると5月に実施した再検査でレジオネラ属菌は検出されなかったという。安全が確認されてから営業再開までに数カ月かかった理由については伝えられていない(これまでの例だと、レジオネラ属菌が検出された場合、安全が確認されればすみやかに営業が再開されており、休業期間は数週間から1カ月程度のことが多い)。

【過去の関連記事】
宮崎・三股「勝岡温泉」営業自粛−レジオネラ属菌検出(2008年5月7日)
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ