2008年08月18日

大分・別府「ラクテンチ」一転存続へ−譲渡先決定

 経営不振のため2008年8月末での閉園が予定されていた大分県別府市の温泉入浴施設付き遊園地「ワンダーラクテンチ」が、一転して存続することになった。8月18日付の読売新聞が伝えた。

 経営が岡本製作所(大阪)から九州観光ホーム(大分)に譲渡されることで8月17日に双方が合意、閉園まで2週間というギリギリの段階で存続が決まった。28日にも正式契約して発表する。

 契約後は直ちに吸収観光の運営に移り、雇用も継続する。現在の温泉施設は大規模な展望露天風呂に改修される見通し。

【追記】結局、九州観光ホームへの譲渡は実現せず、2008年12月1日から休業に入った。大幅リニューアルを実施しての自社運営ないし売却により2009年春に営業を再開する見通し。(2008年11月29日付大分合同新聞)

【過去の関連記事】
大分・別府ワンダーラクテンチ8月末で閉園へ(2008年7月3日)
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ