2008年07月31日

宮城・松島「ホテル海風土」と「ホテル絶景の館」8/5から温泉利用

 宮城県の松島町にある「ホテル海風土」と「ホテル絶景の館」が2008年8月5日から温泉の利用を開始する。7月30日付の河北新報が伝えた。

 1月時点の報道によると、泉質はナトリウム−炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉で泉温は50.6度。湧出量は毎分約227リットル。「ホテル海風土」を経営する仙台急行が掘削し、「ホテル絶景の館」にも同時に温泉を供給する。「松島センチュリーホテル」は9月から温泉の利用を開始する。3軒の公式サイトには7月30日現在、温泉の導入に関する情報は掲載されていない。

 これとは別に、「松島一の坊」も温泉の掘削に成功した。泉温は53.3度、湧出量は1日当たり145トンあるという。泉質は明らかにされていない。2009年1月にも利用を開始する見通し。

【過去の関連記事】
宮城・松島「ホテル海風土」7月にも温泉導入(2008年1月19日)
宮城・松島で温泉掘削工事開始−ホテル海風土などで利用へ(2007年8月22日)
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ