2008年07月10日

「温泉シールラリーゆらん2008-2009」7/26日開始−124施設参加

 東海地方を中心とする「温泉シールラリーゆらん」が2008−2009年度はさらに対象地域を広げ、2008年7月26日から2009年6月30日にかけて開催される。

 参加する日帰り温泉施設は前回よりも34カ所も増えて全124施設となった。また、対象地域も4県が加わり全部で12府県に広がった。内訳(太字は新規参加の県)は岐阜(41)、愛知(19)、三重(9)、滋賀(4)、奈良(9)、京都(2)、兵庫(4)、静岡(7)、長野(9)、福井(12)、石川(2)、富山(6)。

 シールラリーに参加するには、参加施設でゆらん冊子を購入(1冊300円)、各施設で入浴する際にシールをもらって貼り付ける。3枚1口で応募可能で、口数によって「温泉番付」がつけられる。

 例えば「温泉序の口」は1〜3口、「温泉幕下」は11〜13口、「温泉大関」は22〜23口といった具合だ。温泉横綱は24口(72湯)で、今回から完全制覇しなくても温泉横綱に認定されることになった。124湯完全制覇すると「温泉親方」に認定される。

 応募者の中から抽選で1名にハワイのペア旅行券が当たるほか、14〜15口で認定される「温泉十両」以上の応募でオリジナル湯ふだなどのプレゼントもある。応募締め切りは2009年7月7日。

 「温泉シールラリーゆらん2008−2009」の開催については主催するゆらん事務局からお知らせをいただきました。ありがとうございました。なお、昨年は「東海の温泉」カテゴリに記事を分類しましたが、今回は参加施設がさらに拡大したため「全国の温泉」カテゴリとしました(複数カテゴリへの分類が不可能なため)。

【温泉シールラリーゆらんの公式サイト】http://1126onsen.info/
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック


記事・写真、コメント、トラックバック記事の著作権はそれぞれの筆者・撮影者にあります。転載・転用はお断りいたします。

Powered by さくらのブログ